2023年09月

are

 18年ぶりのセ・リーグ優勝を決めた阪神タイガース9月27日甲子園で今シーズンの本拠地最終試合を行った。

 試合は2-7で中日に敗れたが、試合後に岡田彰布監督は満員の観客に向けて挨拶。ファンの応援に感謝し、10月18日に始まるクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージに向けて「最善の準備をしてまたこの場に戻ってきたい」と力強く語った。万雷の「岡田コール」が聖地にこだました。

 岡田監督は優勝を「アレ」と表現して、選手に余計なプレッシャーをかけなかったが、「アレ」は野球ファン以外にも浸透する流行語になった。

 優勝を決めた9月14日の巨人戦後、岡田監督は「アレ」を封印。日本一について「いい言葉があったら教えてほしい」と語ったが、昨年まで阪神に所属したオリオールズ藤浪晋太郎投手は自身のインスタグラムで「『アレ』の次は『ソレ』よ。おーん」と早速の提案。守護神の岩崎優9月26日ヤクルト戦後のお立ち台で、日本一を「本当のアレ」と表現した。

「まだ日本一をなんと呼ぶかは決まってないようです。岡田監督は挨拶の中でCSに言及しましたが、日本シリーズにはひと言も触れず。ますはCSを勝ち抜くことに集中したいのでしょう」(スポーツライター

「アレ」の次が何になるのか。答えがわかるのはCSが終わってからになりそうだ。

(石見剣)

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【阪神・岡田監督が本拠地最終戦の挨拶でも触れなかった「アレの次」の決定日】の続きを読む

yamaguchi


【巨人・山口オーナーが歴史的低迷を謝罪 原監督の続投明言せず】の続きを読む

ibata

金村義明

28日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、金村義明氏が一部で報じられた元中日ドラゴンズ井端弘和氏の野球日本代表監督就任について語った。


■日本代表の監督に井端氏が就任か

番組は日本野球機構が、野球日本代表の次期監督候補を井端氏で一本化したと報じる新聞記事を取り上げる。

それによると栗山英樹監督の退任後、イチロー氏、松井秀喜氏、松坂大輔氏に声をかけるも次々と断られたとのこと。その後、U-12日本代表で監督を務めるなどの実績を持つ井端氏に白羽の矢が立ったのだという。


関連記事:金村義明氏、中日・立浪和義監督の“令和の米騒動”に苦言 「選手がかわいそう」

■金村氏は「適任だと思う」

金村氏は井端氏の就任について「適任だと思いますね、実務型の選手ですしね。 スター性というと、僕がいうのはおこがましいんですけど、僕は松坂大輔ぐらいがいいのかなとは思っていたんですけども。やっぱり重圧がすごいし、もうやりたくないんでしょうね」と語る。

続けて「世界一の次ですからね。もうどうしたって比べますからね、次はね。だから、手を上げてやりたいっていう人は皆無だと思いますけどね」と話した。


関連記事:金村義明氏、中日・立浪和義監督の“令和の米騒動”に苦言 「選手がかわいそう」

■栗山監督の功績が大きい

ふかわりょうが「栗山さんの功績が大きすぎた?」と質問すると、金村氏は「そうそう。栗山さんだからこそ、大谷翔平もかかわった選手たち、メジャーの一流どころ集めることができたわけでね」と指摘する。

そして「はたして井端新監督が『来てくれと』と言って、メジャーに行ってる選手たちが『喜んでいきます』と言うのかどうかっていうのもね。それが栗山さんの10年間やっていたすごいところだと思います」と話した。


関連記事:侍・栗山英樹監督の退任報道に「優勝は一生忘れません」 SNSで喝采の声が続出

■前園も独自見解

サッカー元日本代表の前園真聖は「僕は1つびっくりしたのは、知名度というのはもちろん、イチローさんとか松井さんは間違いないじゃないですか。この方々は監督の経験がないので、サッカーでいうと日本代表の監督に監督未経験者に声をかけるようなものなので、サッカーだとまずありえない。そこは1つ驚いた」と語る。

続けて「井端さんは下積みをしっかり、監督としても経験しているから、適任だなと思いました」とコメントしていた。


関連記事:三浦大輔、松井稼頭央両監督が1打席限りの真剣勝負 フルスイングした打球は右中間にポトリ

■「プレミア12」までの任期か

井端氏の代表監督任期は、2024年11月に開催される国際大会「プレミア12」までの任期になるとみられる。次回のWBC監督は、巨人の原辰徳監督や阪神の岡田彰布監督の名前が挙がっているが、現在のところ不透明な状況だ。

・合わせて読みたい→侍・栗山英樹監督の退任報道に「優勝は一生忘れません」 SNSで喝采の声が続出

(文/Sirabee 編集部・佐藤 俊治

金村義明氏、井端弘和氏の日本代表監督就任に独自見解 「松坂大輔が…」


(出典 news.nicovideo.jp)

金村 義明(かねむら よしあき、1963年8月27日 - )は、兵庫県宝塚市出身の元プロ野球選手(内野手)。右投右打。現在は野球解説者、野球評論家、タレント。2017年12月からは兵庫県高砂市観光交流ビューローからの委嘱によって「高砂応援大使」を務めている。 旧名は金 義明
84キロバイト (11,930 語) - 2023年8月15日 (火) 08:53



<このニュースへのネットの反応>

【金村義明氏、井端弘和氏の日本代表監督就任に独自見解 】の続きを読む

hara

原巨人を支えてきた「大型補強時代」の終焉

 原巨人、通算17年目の惨敗。

 2年連続Bクラスに低迷。優勝した阪神には、6勝18敗1分けという歴史的大敗を喫した。正直、惜しいとかじゃなく、ボロ負けだ。って、冷静に文字にすると、やはり「原体制17年目」は長い。長すぎる。だって、赤ん坊が高校3年生になる年月だからね。仮にあと1年残っている契約を全うしたら計18年。つまり、G党にとってもはや原巨人とは実家みたいなものだ。

「原巨人=実家論」。17歳思春期、親が何しても腹が立つあの感じ。毎度おなじみ左右病に自らを撃ち抜くマシンガン継投、父ちゃんまたこれねと。いちいち失望している我々巨人ファンは反抗期なのだろうか? 俺らは監督ガチャ失敗したのだろうか? というか、原巨人は、終わってしまったのだろうか?

 ここで、「タツノリ、まだ始まっちゃいねえよ」とか即答できないのが悲しいところだ。残り試合全勝して逆転CS出場から下克上日本一……もほぼ絶望的で実際にシーズン終わりかけてるからね。こんなとき、一昔前ならFAで31歳の杉内俊哉村田修一の両獲りをして、ついでに最多勝ホールトンまで獲って、強引にチームを立て直してきた。今の球界で言ったら、即メジャー行きのDeNA今永クラスの左腕エース、西武の山川(あくまで例えね)、さらには助っ人バウアーまで一気に補強してしまうむちゃくちゃさである。令和ならSNS大炎上待ったなしだ。

 さらに第一次(02年~03年)、第二次(06年~15年)政権とど真ん中で原巨人を支えてきたのは、逆指名ドラフト組だった。五冠達成した2012年の投打の柱は、逆指名入団の阿部慎之助内海哲也。さらに長野久義菅野智之のようにアマ球界の逸材が「巨人以外は拒否」なんてスタンスには、もはやノスタルジーすら感じる。この10年で、日本球界のシステムも、巨人を取り巻く環境も大きく変わったのである。

3年間の由伸政権は、原政権より酷かった?

 長いスパンで見たら、どんなチームにも浮き沈みがあり、勝ったり負けたりを繰り返す。普通ならそれを何人かの監督で回すけど、原巨人は通算17年なので、称賛も批判も独り占め。どうしても「なんか見たことあるこの感じ」と一種のマンネリ状態に陥ってしまう。

 マンネリは怖い。昔はあれだけ好きだった恋人の些細な行動にも腹が立って、時間を無駄にしたとか早く別れなきゃとすら思う。新しい人と付き合えばこの日常にも変化があるはずだってね。でも、過去とは美化されたウソである。みんな覚えてる? 由伸政権時代のこと。俺は選手時代の“地上波中継時代最後のスーパースター高橋由伸が大好きだ。けど、ゴメン。由伸政権は最低だった。

 酷かったよ。最終年に岡本和真が出てこなければ本当に悲惨な3年間だったと思う。考えてみてくれよ。13連敗して、阿部や村田や内海や山口鉄也が衰えて、逆襲の切り札が「二塁マギー」だよ。今季の「遊撃門脇の出現により三塁坂本を決断」と比較したら、編成的にほとんどギャグだからね。

 だから、昔は良かった的な思考に陥りそうなとき、いつも「二塁マギー」を思い出すようにしている。正直、今の巨人は、監督を代えたらすべてが変わるなんて単純で甘いレベルじゃないと思うよ。日本球界で何十年と続いた“ジャイアンツ・アズ・ナンバーワンシステム”が終わって、まったく違うチーム作りを求められているわけだから。

第三次原政権は何を残したのか?

 最近、タブロイド紙や一部ファンの間では「原監督だからとにかく全部ダメ」的な空気すら感じる。それは一種の思考停止だ。次に繋げるためにも、何が悪くて、功績は何なのかを整理しておきたい。と言いつつ、そりゃあ采配面では勝負勘が衰えたなと感じてしまう場面も増えた。継投や代打・代走は結果以前に、「えっ、大勢、もう今年は無理して使わなくていいんじゃ」的な納得のできない起用がやたらと多いのだ。「ここは代走鈴木でしょ」的なベンチとスタンドの阿吽の呼吸も今は昔。いわば、近年の原采配はファンと感情をまったくワリカンできていない。

 65歳の年齢面というより、もはや長期政権の勤続疲労に近いのではないだろうか。個人的には、セ・リーグ捕手最多の16本塁打を放っている大城卓三に執拗に送りバンドサインが出たときは、呆れて東京ドームから帰りたくなったのも事実だ(今季の大城はチームぶっちぎりトップの21犠打を記録)。

 反面、第三次原政権の功績といえば、なんだかんだチーム世代交代を着々と進めている点である。内野守備ではすでに球界屈指といっても過言ではないルーキー門脇誠の出現によって、ついに近年故障がちな坂本勇人の三塁コンバート踏み切り、昨季まで一軍でヒットすら打ったことがなかった21歳の秋広優人は、今季一軍で400打席以上に立ち2桁本塁打を放った。WBCで成長したキャプテン岡本も自己最高の40発をクリア、高卒ドラ1浅野翔吾もプロ初アーチを記録した。これどう考えても「二塁マギー」とかより全然マシでしょ。

 投手陣だって、その場しのぎで実は全然しのげていないマシンガン継投……は置いといて、戸郷翔征や山﨑伊織といったローテの柱を期待できる若手先発陣が出てきた。18年ドラフト6位の戸郷は第三次原政権とともにプロのキャリアをスタートさせて、ここまで成長した。それは紛れもない事実だ。よく戸郷は勝手に出てきたと言われがちだけど、それはちょっとタツノリに酷だよね。だって、美味しい料理を作って「素材がよかっただけ。勝手に出てきた」とか言われたら、ママもやってられないよ。シェフと不倫だよ。

原巨人は、終わってしまったのか?

 今の原監督はこれまでになく若手を起用して、過渡期のチームの再構築に乗り出している。ただ、それ以上に不可解な采配面でプラマイゼロというか、マイナスの印象が強くなってしまっている。で、フロントある意味、傍観というかタツノリ丸投げ、放置状態。正直、球団側にも危機感というのをあまり感じられない。例えば、MLB関係者も注目する岡本和真ポスティング移籍について、大塚副代表は、「ウチは基本は、ポスティングは認めない。海外FAまで頑張ってよという話ですね」(スポーツ報知9/9)というコメントを残した。

 気持ちは分かる。このチームで大黒柱の岡本がいなかったら最下位争いだからね。でも、考えてみてほしい。息を吐くようにメジャーを目指すのが当たり前のご時世、アマチュアの有望選手が、「2年連続Bクラスで、ウチはポスティングを許しません」なんてスタンスの球団でプレーしたいと思う? あそこは限りなく否定に近い匂わせで「基本ポスティングは認めていません。ただ、岡本選手がチームを引っ張って優勝させて、さあみんなで送り出そうという状態になったら話し合いたい」とでも言っておくべきだった。このあたりも含めた情報発信、いわば令和版のブランディングが今の巨人軍はド下手である。

 さあ、そこで本題だ。じゃあ、すぐにでも監督交代した方がいいのか? 原巨人は終わったのか? これは、正確に言うと「今度こそ、原巨人をしっかり終わらせなきゃならない」ってことだと思うよ。「終わったのか」じゃなく、断固たる意志と明確なプランを持って「終わらせる」。

 だって、2003年2015年も「オレ辞めるから」で唐突に幕を引いてしまった原政権。常に中途半端に「つづく」でエンドロールさ。今、タツノリが辞めたら、同じだよ。仮に後任者がしくじったら4度目もあるよ。だから、グダグダじゃなく覚悟を持ってラストイヤーを戦って、第三次政権で「完」にすべきだ。

 2度のV3を含む9度のリーグ優勝、3度の日本一、隙あらば顔芸、あの狂熱の日々には本当に感謝してる。マジで楽しかった。でも、誰だっていつかは実家から自立しなきゃならない。父ちゃん母ちゃんタツノリ、今までありがとうってね。来季3年契約の最終年、18年目の原巨人。さあ2024年シーズンで、泣いても笑っても、勝っても負けても最後の1年にしようじゃないか。

 今度こそ、原巨人をしっかり終わらせるために———。

 See you baseball freak……

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2023」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/65350HITボタンを押してください。

プロ野球死亡遊戯)

原辰徳監督 ©時事通信社


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【2年連続Bクラスに低迷!「原巨人は、終わったのか?」】の続きを読む

horner

「昭和の怪物」と呼ばれた元巨人の野球解説者江川卓氏が、自身のYouTubeチャンネル江川卓のたかされ【江川卓 公式チャンネル】〉を更新(9月18日)し、1987年の日米怪物対決を振り返った。

 この年、黒船級の旋風が神宮球場に吹き荒れた。メジャーリーグで通算215本塁打の実績を持つボブ・ホーナーの来日である。

 4月13日ヤクルト入団。5月5日神宮球場での阪神戦、来日3打席目で1号2ランを放つと、続く2戦目では3発。3戦目は敬遠で勝負を避けられたが、広島との第4戦目に2本のソロ本塁打を打ち、4試合で11打数7安打、6本塁打という衝撃的すぎるデビューを飾っている。

 神宮球場での6月2日ヤクルト戦で先発マウンドに上がる予定だった江川氏は、事前にホーナーのコメントを新聞記事で読んだ。

「『日本のピッチャーは大したことない』って載ってたんですよ。それでもう、絶対にホーナーから三振を取るしかないと思った」

 プライドを懸けて登板した江川氏は3打席連続三振を奪い、「日米怪物対決」を制した。ただし、ホーナーを打ち取ることに全力を注いだことで、

「その時はホーナーだけ。他にいっぱい打たれてる」

 6回1/3で降板した江川氏に勝敗はつかず、試合は7-6で巨人が勝利した。

 この年のホーナーはどこまで打つのやらと他球団は戦々恐々だったが、故障で規定打席に達することなく、31本塁打打ち止め(打率3割2分7厘、73打点)。1年限りでアメリカへと帰っていった。

 一方、江川氏は9月20日の広島戦で4番・小早川毅彦に2打席連続のホームランを打たれ、ガックリと片膝をマウンドについた。13勝を挙げるも、江川氏はこの年を限りにユニフォームを脱ぐことに。悲喜こもごもの年であった。

(所ひで/ユーチューブライター

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)

江川 江川卓 (野球) (えがわ すぐる) 江川卓 (ロシア文学者) (えがわ たく) このページは人名(人物)の曖昧さ回避のためのページです。同名の人物に関する複数の記事の水先案内のために、同じ人名を持つ人物を一覧にしてあります。お探しの人物の記事を選んでください。このページへリンクしている…
186バイト (90 語) - 2021年7月26日 (月) 14:44



<このニュースへのネットの反応>

【侮辱発言に憤激!江川卓がねじ伏せたボブ・ホーナーとの3打席対決】の続きを読む

このページのトップヘ