nisimiya

上原浩治

21日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、元プロ野球選手上原浩治氏が中継ぎ抑え投手の苦労や地位向上を訴えた。


■平野・宮西両投手が大記録

番組はオリックスバファローズ平野佳寿投手が史上初の200セーブ以上、200ホールド以上、北海道日本ハムファイターズ宮西尚生投手がプロ野球記録の初登板から824試合連続リリーフ登板を達成したニュースを取り上げる。

平野投手の記録について感想を質問された上原氏は「200セーブ以上、200 ホールド以上っていうのは史上初ですから 。これはあっぱれをあげてください」と称賛。

続けて「中継ぎ投手の大変さっていうのをね、もうちょっと皆さんにわかってもらいたいですよね」と語った。


関連記事:藤川球児氏、上原浩治氏の“裏切り”に抗議? 「こんなことあるんかなって」

■中継ぎ・抑えの大変さを語る

関口から「中継ぎの大変さってなんですか?」という質問には「毎日毎日、準備しないといけない。 打たれてもすぐ気持ちを切り替えないといけないというところですね」と上原氏。

さらに「中継ぎ抑えというのは次の日も試合があるので、12時で気持ちを切り替えないといけないですよね」と指摘した。


■400ホールドで名球会を

宮西投手の記録にもあっぱれを送った上原氏は「彼もそうですよね。 ずっともう毎日毎日ブルペンに入って準備しないといけないというところですよね」と話す。

関口は「専門職として、納得をしていればいいけど、ピッチャーなら先発もしたいんじゃない?」と質問する。すると「今は分業制になっていますから、中継ぎ抑えに誇りを持っているかたがいっぱいいると思います」とコメント

そして上原氏は宮西投手が現在389ホールドを記録していることに「今、389ですけど、400に行ったら名球会に入れてあげてもいいくらいの、それくらい素晴らしい記録だと思います」と絶賛した。


■視聴者から納得の声も

名球会の入会基準は現在「通算2,000安打、200勝250セーブ」と名球会の入会規定に相当する記録保持者を対象とした「特別入会制度」となっている。

平野・宮西両投手とも前人未到の記録を達成しているだけに、上原氏の提言に納得した視聴者も多かったようだ。

・合わせて読みたい→松井秀喜氏、プロ野球最強のベストナイン選ぶ 悩みに悩んだ外野手3人は…

(文/Sirabee 編集部・佐藤 俊治

上原浩治氏、平野佳寿・宮西尚生の記録を称賛 「400ホールドで名球会」も提言


(出典 news.nicovideo.jp)

上原 浩治(うえはら こうじ、1975年4月3日 - )は、大阪府寝屋川市出身の元プロ野球選手(投手)。右投右打。 現在は野球解説者、野球評論家、タレント、として活動している。 元メジャーリーガーで、2013年にはMLBで日本人初のリーグチャンピオンシップおよびワールドシリーズ胴上げ投手ともなった…
140キロバイト (18,865 語) - 2023年5月9日 (火) 00:07



<このニュースへのネットの反応>