ohyama

 阪神タイガースが10連勝でチームの勢いが最高潮に達し、マジック1となった時、YouTubeチャンネル田尾安志【TAO CHANNEL】公式YouTube〉で野球解説者田尾安志氏は、9月に入って不振を極める阪神の4番・大山悠輔に言及。それがなんとも意外な言い分だったのだ。

「僕はいいタイミングで大山が不調だなと思っております。このタイミングで不調ということは、クライマックスシリーズ(CS)、その後、日本シリーズがあれば、爆発していくんじゃないかな。そういうふうに見た方がいいかもしれませんね」

「先」を読んだ、なんともプラスすぎる思考である。

 翻って巨人を見渡せば、4番の岡本和真に田尾氏のこの発言を重ねた巨人ファンもいたのではないか。

 岡本は前カードの中日3連戦で11打数無安打。9月13日の阪神戦で5試合18打席ぶりとなる安打は出たものの、9月7日ヤクルト戦で38号を放ってから、本塁打も打点もサッパリだった。

「しかし今季の岡本は、不調の波が短いことが特徴。残り試合で爆発して3位に滑り込み、CS進出に導くかもしれませんね」(スポーツライター

 ただし、田尾氏は阪神と巨人の違いを、次のように分析している。

「阪神は他の選手で点が取れておりますので、大山が不調でも負けゲームがない」

 阪神とはチーム力に歴然とした差がある巨人では、岡本にかかるプレッシャーはそれほど大きいようだ。

(所ひで/ユーチューブライター

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)

大山 悠輔(おおやま ゆうすけ、1994年12月19日 - )は、茨城県下妻市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。阪神タイガース所属。 下妻市立宗道小学校1年時に軟式野球チーム「宗道ニューモンキーズ」に入団、投手兼内野手として野球を始め、下妻市立千代川中学校では軟式野球部に所属。高校進…
59キロバイト (7,994 語) - 2023年8月2日 (水) 13:20



<このニュースへのネットの反応>