abe

 プロ野球・巨人の阿部慎之助新監督がサプライズ発言だ。「ニッポン放送ショウアップナイターカンファレンス2024」で、来季の開幕投手戸郷翔征投手を指名。同じ壇上にいた戸郷は「今、知りました。混乱しているけど、嬉しいし、やらないといけない」と驚きの表情で話した。

 ただ、戸郷は2年連続チームトップとなる12勝を挙げているとあって、阿部監督は「誰もが認める投手陣のリーダーですから」と話していたが、実際は違う。

 巨人の投手陣はオフに入っても火の車状態に変わりはない。昨季のチーム防御率3.39はリーグ5位だったが、戸郷以外、いまだに確実に計算できる投手がいない。来季の先発ローテーションは、東京ドームで行う阪神との開幕3連戦は戸郷―グリフィン赤星優志、続くビジターで中日とのカード山崎伊織菅野智之―メンデスが予想され、ひとまずこれで回すしかない。戸郷の12勝に続くのは昨季初の2桁10勝を挙げた山崎がいるが、2020年には右ひじのトミージョン手術を受けているため無理はさせられない。

「先発の駒が足りないから2年連続ローテーション入りして今季11勝したオリックス山崎福也をFAで獲得しようとしましたが、移籍が決まった日本ハムより条件が上の4年10億円を提示して見事にフラれてしまった」(巨人担当記者)

 阿部監督は「傷心の一人旅に出ようかな」などと自虐的なコメントをしていたが、これはホンネもホンネ。どう計算しても先発の駒が不足している上、

「これまでの実績から行けば2018年から4年連続開幕投手だった菅野ですが、とても期待できない」(前出・巨人担当記者)

 そんな菅野に対しての否定的な見方に「それは違う」と主張するのが5年ぶりの古巣復帰となる内海哲也投手コーチだが、34歳になった菅野は今年わずかに14試合の登板で4勝しか挙げていない。

 阿部監督にこの日、開幕投手を突然通告された戸郷は「監督を必ず胴上げする」とコメントしていたが、表情はずっと硬いまま。それが全てを物語っていた。

(小田龍司)

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)

阿部 慎之助(あべ しんのすけ、1979年3月20日 - )は、千葉県浦安市出身の元プロ野球選手(捕手・内野手、右投左打)、プロ野球監督。第20代読売巨人軍監督。 愛称は「慎之助」「阿部ちゃん」「ちゃん」「PANNKUNN」「RUITYANN」 読売ジャイアンツ第18代主将(2007年から2014年まで)。…
96キロバイト (12,852 語) - 2023年11月16日 (木) 19:28



<このニュースへのネットの反応>