araki

1980年早稲田実業に入学し甲子園球場で「大ちゃんフィーバー」を巻き起こしプロで13年間、選手として活躍した荒木大輔氏が岡崎郁氏のYouTube公式チャンネルに出演。ドラフト1位指名を受けヤクルトスワローズに入団した経緯を赤裸々に語っている。

「あの時は早稲田大学に進みたい一心でした。プロでやれる自信はまったくなかったんです。僕の中では、たとえプロに行けなかったとしても好きな野球を長く続けることが理想でした」

荒木氏は、そう話して続ける。
ヤクルトと巨人から(1位で)指名して頂いたのですが、その直後の記者会見ではあたり障りのないことを言いながら『どうやって断ろうか』と考えていました」

プロ志望届制度もない時代、強行指名をされた荒木氏の心境はいかに?
その後にヤクルトの当時のオーナー、松園直己氏が自宅にまで訪れ説得されたという。その経緯が興味深い。

アスリートアカデミア岡崎郁 公式チャンネル】『【vol.5】ドラフト1位指名を受けて早大入りを断念 / 洗濯から晩酌の手伝いまで球団別の特殊な慣習に驚愕』では、荒木大輔氏のヤクルト入団経緯、さらに入団直後の知られざるエピソードも明かされている。

▼【vol.5】ドラフト1位指名を受けて早大入りを断念 / 洗濯から晩酌の手伝いまで球団別の特殊な慣習に驚愕

MN ワーク&ライフ編集部 この著者の記事一覧はこちら
(MN ワーク&ライフ編集部)

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

荒木 大輔(あらき だいすけ、1964年5月6日 - )は、東京都調布市出身の元プロ野球選手(投手、右投右打)、プロ野球コーチ、野球解説者、野球評論家、YouTuber。 妻は元女優・モデルの相田寿美緒。 甘いルックスから高校野球時代にアイドル的人気を誇り、空前の「大ちゃんフィーバー」を巻き起こした。…
26キロバイト (3,049 語) - 2024年2月4日 (日) 17:15



<このニュースへのネットの反応>