abe

阿部慎之助

阪神タイガース掛布雅之氏が、2024年の阿部慎之助監督率いる読売ジャイアンツについて語った。

 

■掛布氏が阿部巨人を語る

掛布氏は阿部監督について「阿部監督のお父さんと私は高校時代、同じ習志野の野球部で一緒に野球をやってきたという関係もありますので、 阿部監督はもう、子供のころから非常にかわいがっていた。僕の子供みたいなもの」と語る。

そして「巨人の監督になりましたので、今年の巨人に対して僕はすごく気になっていた。阿部監督にも話を聞いてきたんですけども、今年の巨人は手ごわいと思います、 阪神にとって。 岡田監督も1番マークしなければいけないのは巨人だろうというようなこと言っておりました」と今年の巨人を評価した。

 

関連記事:徳光和夫、侍ジャパンに勝利の阿部慎之助監督に期待 「意識が相当強いと…」

■巨人が阪神をデータ分析している

さらに掛布氏は「巨人の今年の練習、 取り組む野球というようなものを阿部監督からいろいろ聞いてきたんですけども、まずびっくりしたのは、あの巨人がですよ、昨年阪神の1年間の戦ったいろいろな数字というものを含めたデータというものをすべて出してですね、 巨人と比べたらしいんですね」と明かす。

続けて「阪神が勝ることばっかりのデータが出てきたらしいんですよ。 そういうものをコーチの人たちが分析をして、今年の阪神に対する戦い方はこういう形でしなければいけないというなミーティングを1軍だけではなくて、2軍でも同じミーティングをしたらしいんですよ」と語った。

 

関連記事:松井秀喜氏、ドラフト会議の裏話を告白 掛布雅之氏が嘆き「阪神ファンで…」

■走塁への意識の変化を指摘

巨人の阪神対策について掛布氏は「阪神に対して昨年18敗してるんですね、巨人は。阿部監督は『この18敗を五分に持っていければ、優勝争いまで持ち込めるんではないかなと思っているんです』と言っていた」と話す。

さらに「去年の秋季キャンプのとき阿部監督に、僕は阪神と巨人の1番大きな差というのは、1塁への全力疾走、走る力というものが阪神のほうが勝っていたのではないかと話したんですが、今年は亀井コーチが1塁ベースコーチのなかでストップウォッチを持っていまして、 1塁への走るタイムをつねに計ってるんですね」とコメント。

そのうえで「このあたりの1塁への走塁の意識というものをまず変えていこうと。そういう姿勢というものを、巨人のキャンプを見たときに感じました」と明かした。


関連記事:岡田阪神の“アレ”は「90%間違いない」 ミスタータイガース・掛布雅之氏が太鼓判

■オープン戦初戦の戦いぶりも評価

その後掛布氏は23日に行われたオープン戦読売ジャイアンツ阪神タイガースに言及。「阪神に対して『今年の巨人は変わったという形を必ず見せたいんです。一泡吹かせたいんです。変わった巨人を見せます』 ということで」と明かす。

続けて「オープン戦、初回に伊藤将司から7点取ってるんですよね。今年の戦う巨人にとって、ただの1勝ではないオープン戦の1勝になったのではないかな」と評価する。

掛布氏は「巨人ファンの方たちも、今年の阿部巨人を楽しみに1年間見ていけると思います。応援してください」と呼びかけていた。

 

関連記事:岡田彰布監督は「失敗を受け入れる大きさがある」 掛布雅之氏が采配を称賛

■阪神への雪辱に燃える巨人

読売ジャイアンツは昨年阪神タイガースに6勝18敗1引き分けと大きく負け越し、2年連続Bクラスの要因の1つになった。

掛布氏によると阿部監督はかなり「対阪神」を意識している様子。シーズン開幕後の勝敗に注目が集まる。


■掛布氏が阿部巨人を評価

阿部慎之助監督率いる巨人は阪神タイガースにとって「手強い」 掛布雅之氏が分析


(出典 news.nicovideo.jp)

掛布 雅之(かけふ まさゆき、1955年〈昭和30年〉5月9日 - )は、新潟県三条市生まれ、千葉県千葉市中央区出身の元プロ野球選手(内野手)、野球解説者・評論家、指導者、タレント、YouTuber。 大阪府豊中市在住。阪神タイガースでの現役時代から、阪神ファンやメディアの間で「4代目(あるいは3代目)ミスタータイガース」と称される。…
93キロバイト (13,712 語) - 2024年2月8日 (木) 03:30



<このニュースへのネットの反応>