nakata

中日の中田翔が23日、YouTubeチャンネル『SUGIYA no YouTube 【杉谷拳士 公式】』で公開された動画「【ここだけで語る移籍の真相】ファイターズから巨人、そして中日へ。中田翔が考える野球人生の終わり方とは?【感謝感激雨嵐完結編】」に登場。巨人・坂本勇人について語った。

坂本勇人はすべてがスーパースター

中田の巨人時代を振り返るなか、杉谷拳士氏が「大将から見て、坂本勇人選手はどんな選手ですか?」と尋ねたことで、中田が約3シーズンにわたってチームメイトとして過ごした坂本の話題に。

杉谷氏の問いかけに、中田は「もう、スーパースターでしょ。振る舞い方からすべてがスーパースターだと思うよ」とコメント。杉谷氏が「練習の準備だったり……」とさらに深掘りして尋ねると、中田は「もちろんもちろん!」と即答しながら、「その辺もしっかりやってるし、練習もやる時は本当に『もう、そろそろ終わってたほうがいいんじゃないですか?』って俺らが言うぐらいやるしね」「毎日ウェイト場に行ってウェイトしたり、もちろん体のチェックをしたり。すごくしっかりしてるんだなと思った」と絶賛した。

このエピソードを聞き、杉谷氏が「だからあそこまでできるんですもんね」と感心すると、中田は「それもあると思う」としみじみと語っていた。

【編集部MEMO】
打点王3回(2014年、2016年、2020年)、ベストナイン5回(2013年、2014年、2015年、2016年、2020年)、ゴールデングラブ賞5回(2015年、2016年、2018年、2020年、2022年)などの実績を持つ中田翔。昨年11月15日読売ジャイアンツとの3年契約に盛り込まれていたオプトアウト権を行使して契約を破棄し、自由契約選手となることを選択。翌月6日に中日ドラゴンズと正式に契約し、入団会見に臨んだ。

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

中田 (なかた しょう、1989年4月22日 - )は、広島県広島市中区出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。 広島市立竹屋小学校3年から広島鯉城リトルで捕手として野球を始める。6年時に投手に転向。広島鯉城シニア時代は連盟記録となる通算51本塁打。広島市立国泰寺中学校…
139キロバイト (19,039 語) - 2024年2月26日 (月) 07:52



<このニュースへのネットの反応>