ヤクルトスワローズ

ikeyama

「8番打者をなんとかして下さい」

 ヤクルト高津臣吾監督のそんな依頼を受けて、球団OBの古田敦也氏が臨時コーチとして古巣の浦添キャンプを訪れ、指導したのは長岡秀樹だった。古田氏は1991年に8番打者として首位打者タイトルを獲っている。

 そんなレジェンド打者について、

「古田(敦也)さんとあんまり(仲)良くなかったな~、なんて」

 と振り返ったのは、ヤクルトの2軍キャンプ地に登場した野球解説者大久保博元氏だった。YouTubeチャンネルデーブ大久保チャンネル2月6日の動画で、池山隆寛2軍監督とのやり取りを公開したのだが、池山2軍監督は次のように切り返した。

「最初ね(広澤克実を含め)3人で一緒に飯食ったり、飲みに行ったり、麻雀したりしてたんだよ。(入団)2年目であいつ(古田氏)、首位打者獲ったんだよ。そこから道が変わっちゃったね。声かけても『ちょっと用事が…』とか断り出したんだよね。1年目は本当によく行ったんだよ。2年目、首位打者獲ったらガラッと変わった」

 池山2軍監督と古田氏は、1965年生まれの同級生。片や高校3年時の1983年ドラフト2位で、片や立命館大学トヨタ自動車を経て1989年ドラフト2位でヤクルトに入団。池山氏は持ち味の豪快なスイングで1988年から5年連続で30本塁打以上を記録したが、意外にもタイトルには縁がなかった。

 そして古田氏は、入団2年目の1991年に3割4分で首位打者に輝く。首位打者タイトルを獲った捕手は、名将と呼ばれた野村克也氏以来2人目であり、セ・リーグでは史上初の快挙だった。

 もっとも、先の3人衆はいいライバル関係だったようで、

「古田が打つと、広澤さんが打つと、『ナニ~、オレも!』と思いながらやってたし」

 池山2軍監督は、そう言って目を細めるのだった。

(所ひで/ユーチューブライター

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)

廣畑敦也 - 古田にあやかって名前を付けられ、のちにプロ入りを果たした人物。 小木田敦也 - 同上 個人年度別成績 古田敦也 - NPB.jp 日本野球機構 選手の各国通算成績 Baseball-Reference (Japan)、The Baseball Cube 古田敦也ブログNEO 古田敦也 公式サイト…
116キロバイト (16,978 語) - 2024年1月19日 (金) 00:36



<このニュースへのネットの反応>

【ヤクルト・池山隆寛2軍監督が暴露!古田敦也は2年目の首位打者で「態度がガラッと変わった」】の続きを読む

furuta

 野球解説者古田敦也氏が2月6日に古巣ヤクルトの浦添キャンプに合流し、臨時コーチとして若手選手たちにアドバイスを送った。

 ヤクルトは昨シーズン5位からの巻き返しを図るため、5回のリーグ優勝、4回の日本一に輝く黄金期を支えた古田氏を招集。古田氏も自身のインスタで臨時コーチに就いたことを報告している。

 古田氏のヤクルトキャンプ参加はこれで4年連続になることから選手たちの間ではすっかりお馴染みになっているが、ファンからはどうせならいっそ監督に就任してもらいたいという声も上がっている。しかし古田氏はヤクルト2006年、07年と選手兼任監督をして以降、17年間監督を務めていない。そのワケについてスポーツライターが語る。

「古田氏は選手兼任監督時代、地域密着と新たなファンサービスの拡大を目的に『Fプロジェクト』を発足させ、球団の資金を使いまくった。しかし結局は観客動員にほぼ結びつかず、チーム成績も1年目3位、2年目最下位とまったく振るわなかったことから、球団ではトラウマとして残っているようです。また、言いたいことをハッキリと口にする性格やスタンドプレー好きなあたりが選手から煙たがられていた節もある。そんな過去がいまだに尾を引いているのかもしれません」

 現場では臨時コーチ程度で十分という認識で一致しているのかもしれない。

(ケン高田)

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)

廣畑敦也 - 古田にあやかって名前を付けられ、のちにプロ入りを果たした人物。 小木田敦也 - 同上 個人年度別成績 古田敦也 - NPB.jp 日本野球機構 選手の各国通算成績 Baseball-Reference (Japan)、The Baseball Cube 古田敦也ブログNEO 古田敦也 公式サイト…
116キロバイト (16,978 語) - 2024年1月19日 (金) 00:36



<このニュースへのネットの反応>

【古田敦也氏、4年連続ヤクルト臨時コーチでも監督再就任はないザンネンな理由】の続きを読む

takatu


【ヤクルト、2024年スローガン「ヤり返せ!」に決定】の続きを読む

tateyama

館山氏は「いつ辞めるかわからないリスクがありながら、あまり先のことを考えてこなかった」と振り返った(C)Japan Asset Management Inc.

 オフシーズンに入っているプロ野球は、ほとんどの選手が昨年末までに契約更改を済ませ、新たな戦いへ向け鋭気を養っている。

 また、シーズン終了後はトレードや現役ドラフトなどにより選手の移籍も行なわれている他、戦力外通告が告げられた選手が球界を去る時期でもある。

【関連記事】「球界を盛り上げるためだった」乱闘続出だった90年代のヤクルトと巨人のライバル関係 名将の愛弟子が秘蔵エピソードを披露


 プロ野球界はトッププレーヤーの活躍がファンを沸かせる一方で、毎年、多くの選手が第二の人生へと向かう。プロ野球という華やかな世界で長く生活できる選手はどの時代でも、ほんの一握りだ。その後は、新たな業界に身を転じ、再スタートを切る。

 もちろん、現役時に高い実績を残しても、引退後の生活が保障されているわけではないようだ。元ヤクルトで、通算85勝を記録した館山昌平氏がYouTubeチャンネルJapan Asset Management Inc.』の中で、自身の経験談を語っている。

 館山氏は、同チャンネル12月28日配信となった「【JAMアカデミーforアスリート】元プロ野球最多勝選手 館山昌平のお金事情」に出演。アスリート向けの資産運用などについて語る動画の中で、「(収入面では)現役の頃の金額がそのまま続く訳ではない。いつ辞めるかわからないリスクがありながら、あまり先のことを考えてこなかった」と選手時代の心境を振り返っている。


 2009年には最多勝にも輝き、5年連続二けた勝利をマークするなど、長く第一線で活躍し17年間の現役生活を送った館山氏。その実績を踏まえ、「現役時代の年俸だけで引退後、安心して生活できるのか」という問いかけに対し、館山氏は「できません」と即答。

「最高年俸として2億円というシーズンがあった」と述べながら、「実際、17年間を平均すると、税金などを抜いた額にして4000万円くらい。最多勝を獲っても日本ではその程度」と見解を示した。

 また近年において、戦力外となる平均の在籍年数や年齢の話題の中では、「毎年百数十名の選手が戦力外になっていて、そのうち10人程度がセカンドキャリアで成功できる人材はいるものの、100人くらいは苦労している印象」と切実な内情を明かしている。

 加えて、戦力外となる平均在籍年数が「7.7年(2022年)」という統計に触れながら「10年やったら、“しっかりできたな”という印象」と語るなど、いかに生き残ることが困難であるかなども説明していた。

 館山氏のエピソードの通り、やはり、プロ野球界はさまざまな面で特殊であるとともに、過酷な世界であることも間違いないようだ。


[文/構成:ココカラネクスト編集部]


「最多勝を獲っても日本ではその程度」元燕エースが明かす、球界のセカンドキャリアやお金にまつわるエピソード


(出典 news.nicovideo.jp)

館山 昌平(たてやま しょうへい、1981年3月17日 - )は、神奈川県厚木市出身の元プロ野球選手(投手)、野球指導者、野球解説者、YouTuber。ベンヌ所属。 小学生の頃に同級生の三橋直樹に誘われたことをきっかけに野球を始める。野球好きだった三橋の影響で野球にのめり込み、大学野球や社会人野球…
35キロバイト (4,780 語) - 2023年12月24日 (日) 09:51



<このニュースへのネットの反応>

【「最多勝を獲ってもその程度」元燕エースが明かす、球界セカンドキャリアの厳しい現実】の続きを読む

yamada

山田は代表歴も長く、今春のWBCでもチームを支えた(C)Getty Images

 BS5局共同企画「テレビが伝える“プロ野球”~あの歴史的瞬間、そして、未来へ~」の第2弾「どん底を味わったサムライたち」(後6・00)が12月17日BSフジで放送された。その中ではヤクルトから侍ジャパンに選出された山田哲人内野手村上宗隆内野手中村悠平捕手、高橋奎二投手のシーズン通しての苦労や悩みがクローズアップされた。

【関連記事】現役ドラフト「サプライズ枠」は誰だった? 元楽天ヘッドが「リストに入れて良いの?と思ったのが本音」と語った打者とは


 山田は今シーズンは4月に下半身のコンディション不良で登録抹消、7月の球宴前にも再び抹消とコンディション維持にも苦しんだ。今季は105試合に出場し、打率・231、14本塁打、40打点。チームも12連敗を喫する時期もあるなど、低迷を食い止められず、「チームとしても苦しかったし、個人としてもずっともがいていたシーズンでした」とキャプテンとしての責任感も踏まえ、振り返った。

 また3月に出場したWBCでは侍ジャパンの一員として世界一奪還に貢献。3大会ぶりの世界一ということで大きく注目を集めたが、山田は「WBC…、出たくない」と番組インタビュー中で思わず本音が漏れる場面も。理由としては「しんどい」「もうけっこうキツイ」と代表歴も約10年に及ぶ長さとあって、代表と兼務することによる負担を赤裸々に語ったシーンもあった。

 シーズンに入っても調子を取り戻せず、チームも低迷。自身がキャプテンとして先頭に立ってチームを引っ張っていきたい気持ちはありながら、パフォーマンスを示せず、もがく日々が続いた。「自分のせいで負けた試合がたくさんあった」「身も心も安定していなかった」とWBCイヤーを振り返った。


 番組内では昨年、令和の三冠王に輝いたヤクルトの主砲・村上にもインタビューを敢行。昨年日本人選手として王貞治氏を超え56号のシーズン最多本塁打を放つも、今季は山田と同じく、打撃不振の時期も長く、苦しいシーズンとなった。背景にはやはりWBCの経験も影響を与えたようだ。

 村上は元々、トレーニングを重視し打撃に生かしていたというが、侍ジャパン大谷翔平吉田正尚ダルビッシュ有など名だたるメジャーリーガーが取り組んでいるトレーニング法に刺激を受け、多様なトレーニングを取り入れたところ、逆に「何が正解か分からなくなってしまった」と迷いが生じてしまったという。若くして三冠王に輝き、さらに上のレベルを目指すにあたって、ぶち当たった壁でもあった。

 ほかにも昨年キャリアハイとなる8勝をマークした左腕、高橋もWBCの戦い後、メジャーNPBの公式球の違いになかなかフィットできず苦しんだことなども明かされるなど、華々しい世界一の陰で少なからず選手が葛藤を抱えていたことが伝わる上質なドキュメンタリー番組となった。

 今後のWBCをめぐっては開催時期をめぐって、7月の球宴期間中を利用した夏開催案もプランの一つとして浮上していると米報道もされている。理由としては、シーズン前の3月開催には選手の故障リスクも伴うことで負担軽減の意味合いが強いという。

 侍ジャパン世界一奪還には日本の野球ファンも熱狂、多くのムーブメントを生み出した。一方、そこには少なからず各選手の負担、苦悩もあったことが分かってきた。この経験をいかに次に生かすかも今後の侍ジャパンの活動には大事なポイントとなりそうだ。


[文/構成:ココカラネクスト編集部]


「WBC、出たくない」山田哲人がBS特別番組で明かした本音 世界一奪還の裏にあった燕・侍ジャパン組の「光と陰」とは


(出典 news.nicovideo.jp)

山田 哲人(やまだ てつと、1992年7月16日 - )は、兵庫県豊岡市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。 NPBにおける日本人右打者シーズン最多安打記録保持者であり(193安打 = 2014年)、史上初の本塁打王と盗塁王の同時獲得者(2015年)、日本プロ野球史…
116キロバイト (14,155 語) - 2023年12月14日 (木) 13:27



<このニュースへのネットの反応>

【ヤクルト・山田哲人「WBC出たくない・・・」】の続きを読む

このページのトップヘ