オリックスバファローズ

orihime


【オリックス「オリ姫」と呼ばれる女性ファン拡大】の続きを読む

okaa

 プロ野球オリックスT-岡田外野手12月19日大阪市内で契約交渉を行い、年俸7200万円から減額制限を大幅に超える半減の3600万円で更改した。

 会見では「いろいろオフシーズンでガラッと変えようと思ってやっているんで。試行錯誤中です」と明かしたT-岡田だったが、25%を超えるダウンで顔つきは暗く、20試合で打率1割7分9厘、0本塁打と低迷した今季について、「振り返りたくないです」とした。

 さらに明言こそさけたものの、球団の「優勝旅行」についてもチクリ。

「選手も少なかったですし、優勝旅行って家族と1年間支え続けてくれた裏方さんとその家族が一番主役だと思う。その辺に関して、ちょっと少なかった」としたうえで「もうちょっと行きたいと思える優勝旅行に来年はしてください」と不満を口にしたのだった。

 スポーツライターが語る。

T-岡田は記者の質問に対して、『そこは言えないところ』と詳細については語りませんでしたが、コメントを聞く限り、裏方さんに対する球団の対応に不満があるようでしたね。オリックスの優勝旅行は関係者の家族を含めて170人が参加しましたが、現役選手はわずか16人にとどまった。どうやら旅行プランがあまり魅力的ではなかったようです」

 一方、総勢345人が参加し大盛り上がりとなった阪神のハワイ旅行。帰国後、岡田彰布監督は「みんな楽しそうにしとったから、良かったよ。やっぱりなあ。家族と一緒で。みんな喜んどったから。奥さんとか両親とかな」と嬉しそうに語っていた。

 オリックスと阪神、同じハワイへの優勝旅行だったが、参加者の「温度差」はファンが考えている以上に大きかったようだ。来年はT-岡田の活躍で、魅力的な優勝旅行になることを願いたい。

 (ケン高田)

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【阪神と「雲泥」オリックスの「ハワイV旅行」の萎える球団対応】の続きを読む

arimura

代替テキスト

12月18日、『NEWSポストセブン』が女優の有村架純(30)とKing&Princeの髙橋海人(24)の熱愛を報じた。双方の事務所は「仲よくさせていただいている」と、二人の関係性を否定しなかったという。

実はこの報道に、絶大なショックをうけている著名な”野球選手”が――。

熱愛が報じられた直後、オリックス・バファローズ紅林弘太郎選手(21)Instagramを更新。《ショック受けてる人》《ひそかに応援してるらしい》とのキャプションともに、宮城大弥選手(22)が目をつむり落ち込んでいるような様子を投稿したのだ。宮城選手もこの紅林選手の投稿をすぐに自身のアカウントで引用し、《頑張ろう~~》とコメントしていた。

宮城選手といえば大の有村好きとして有名だ。’21年7月の『SmartFLASH』のインタビューでは、好きな女優を聞かれると「有村架純さんです。もう全部が好きです(笑)」と答えるほか、「欲を言えば有村さんと結婚できれば(笑)」と続ける溺愛ぶりだ。

「宮城選手が有村さんの熱狂的なファンであるのは有名な話。現在、女優として活動する妹の宮城弥生さん(17)も『web Sportiva』のインタビューで宮城選手が有村さんの大ファンであるエピソードを明かしています。弥生さんの高校の学費は宮城選手が立て替えてくれたそうなのですが、『もしも有村架純さんに会わせてくれたら全部チャラにしてあげる』と言われたそうです。

宮城選手はXで有村さんの熱愛を報じた記事をリポストしていましたし、『ショックを受けている』というのも、有村さんの熱愛報道を指してのことでしょう」(スポーツ紙記者)

来季の年俸は大幅アップとなる見通しの宮城選手。熱愛報道をバネに、さらなる活躍が期待される――。



(出典 news.nicovideo.jp)

宮城 大弥(みやぎ ひろや、2001年8月25日 - )は、沖縄県宜野湾市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。オリックス・バファローズ所属。 4歳の頃より保育園に通いながら少年野球チームに入団して野球を始める。宜野湾市立嘉数中学校時代からポニーリーグのアジア太平洋地域選手権大会で準優勝、侍U15…
51キロバイト (6,419 語) - 2023年11月19日 (日) 11:17



<このニュースへのネットの反応>

【有村架純さん熱愛報道の裏でショックを受ける有名プロ野球選手】の続きを読む

orix


【【オリックス】ハワイV旅行への不参加続出】の続きを読む

nakajima

 広島・西川龍馬外野手の移籍先としてオリックスが有力視されている。西川は11月14日マツダスタジアムで会見し、昨年取得した国内FA権を行使することを表明。「行くならパ・リーグやってみたい。野球人生は短いのでそっちのほうでもプレーしたい」とパ移籍を熱望している。

 すでにオリックスソフトバンクが獲得に興味を持っていると報じられていたが、ここにきて西川の地元・大阪を本拠地とするオリックス移籍が有力視されている。スポーツライターの話。

「今季、オリックスリーグ3連覇を達成しましたが、外野のレギュラー中川圭太だけ。西川が加われば外野手の層が厚くなりますからね。昨オフには日本ハムからFAとなった近藤健介の獲得に乗り出したもののソフトバンクに敗れており、西川に対しては5年総額15億円以上の大型契約を準備しているとも言われている。意地でも獲得したいところでしょう」

 ところでオリックスといえば、山本由伸山崎福也の両投手がFA宣言しており、山本は今季16勝6敗、山崎は11勝5敗と2人合わせて27勝。2人が抜けると来季の投手力ダウンは必至。そんな中、2人の穴を埋めるべく来季伸びそうな若手投手2人を、14日放送の「朝生ワイド す・またん!」(読売テレビ)で阪神・オリックスOBの能見篤史氏が挙げていた。

 その2人とは、今季大卒1年目の曽谷龍平(今季1勝2敗)と、高卒1年目の齋藤響介(同0勝0敗)。能見氏は曽谷についてこう語っている。

「今年なかなか勝てなかったですけど、自分の中で、このボールは通用する、でも、これが足りないというのがある程度わかったと思う。ここからまだまだレベルアップする」

 9月26日、西武戦(京セラドーム)でプロ初登板初先発し、4回を無失点に抑えた齋藤については、

「特にストレートの質がいい。18歳でこんなボールを投げるかと。まだ体もできていないのにこのボールが投げられるということは、できたらさらにレベルアップするはず」

 と期待を寄せていた。来季、この2人が先発ローテに入って活躍するのを楽しみにしたい。

(鈴木十朗)

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【どうするオリックス!「計27勝」山本由伸・山崎福也が抜けた穴】の続きを読む

このページのトップヘ