福岡ソフトバンクホークス

kokubo

 巨人のセレモニーから約7時間後、ソフトバンクも宮崎入りした。1軍メンバー勢ぞろいのステージ上で、身を縮こまらせていたのが山川穂高(32)。チームの顔としてステージ先頭にいた和田毅(42)の背中を見つめるように、2列後ろで借りてきた猫のようだった。球界OBが振り返る。

「山川の宮崎入りは昨秋のフェニックスリーグ以来です。前回は、西武に在籍していたのでファンから色紙に求められるサインに『西武』の文字を添えてくれていたのですが、後半になると名前のみになっていた。フェニックスリーグの途中から、西武を出ていく意向を固めていたのかもしれませんね。あと、宿舎のある南郷から宮崎市内の歓楽街までわざわざ〝遠征〟して宮崎の飲み歩きを満喫していました」

 四面楚歌キャンプインになるかと思いきや、2日目に即席サイン会を実施。温かいファンに囲まれて、よもやハメを外すことがないよう祈るばかりだ。

 捲土重来の1年にしたいのは、今季からチームの指揮をとる小久保裕紀監督(52)とて同じこと。しかし、オフからフロントとの溝が浮き彫りのようだ。

「開幕ローテーションが内定していた和田がFA人的補償のプロテクトリストから外されていたり、ファーム時代に目をかけていた増田珠(24)を戦力外通告されたりと、かみ合っていません。秋季キャンプでも徹底的に打撃や守備を鍛えようとしていた小久保監督の意向に反して、球団側自身が選手のデータ収集をメインとしたメニューを考案して実施させている。選手たちも『秋のキャンプなのに、こんなに楽な練習でいいの?』と困惑していたようです」(スポーツデスク

 フロント主導のチーム運営に小久保監督が眠れぬ夜を過ごすことになりそうだが、反対に小久保監督に頭を悩まされるケースもある。球界OBが続ける。

名球会小久保監督に辟易しています。というのも、金にがめつい。昨年12月名球会主催のチャリティーゴルフを4年ぶりに開催したのですが、小久保監督に声をかけるや『ギャラはもっともらえるのか?』とマネジメント会社経由でギャラの交渉をしてきたそうです。しかもマネジメント会社2社に競わせて、ギャラの釣り上げまでしてくる始末。チャリティーとはいえ、宿泊代と渡航費以外にも数十万円のギャラが出ますが、後にも先にもギャラの交渉をしてきたのは小久保監督だけ。もちろん、増額分は断られたようです」

 あの脱税事件発覚から27年。もうこのへんで、金銭への執着心をチームの勝利に昇華させてほしい。

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【ソフトバンク・小久保監督とフロントに溝】の続きを読む

ibata

 野球日本代表侍ジャパン)の井端弘和監督の暴走気味のコメントに、ソフトバンク関係者が顔を引きつらせている。

 井端監督は2月6日ソフトバンクの春季キャンプ地である宮崎を訪れ、

シーズンで活躍すれば(侍に)入ってこられる選手と思っている」

 と、山川穂高の侍復帰を示唆するような発言をしたからだ。ソフトバンクを取材するベテラン記者は、次のように話す。

王貞治会長にでさえ矛先が向いた山川獲得騒動が、やっと鎮静化したばかりですからね。今はチームとしてはソッとしておいてほしい、というのが本音です。侍復帰などとブチ上げられては、例のスキャンダル話が蒸し返される可能性があります」

 今後、大きな国際大会に大谷翔平吉田正尚ら現役メジャーリーガーの侍合流が可能だとしても、彼らはいずれも左打者だ。打線に厚みを増すためには、3回の本塁打王に輝き、通算218本塁打を記録している右の長距離砲・山川の存在は、巨人の岡本和真とともに重宝する。井端監督が山川にラブコールを送りたくなる気持ちはわかるが、やはり時期尚早だろう。前出のベテラン記者も、

「今季、活躍してみそぎを済ませれば、風向きが多少は変わると思います。そこまでは余計な話題を避けたいでしょう」

 と、チーム事情を察するのだが…。

 フリー打撃で特大の柵越え連発を見せつけられたこともあり、井端監督はリップサービスの意味もあっただろう。だが現在も球団は、山川の取材対応には細心の注意を払っている。井端発言で山川が調子に乗り、不要な言動が目立つことになれば、もとの木阿弥。井端監督もとんだ罪作りな発言をしたものだ。

(阿部勝彦)

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)

井端 弘和(いばた ひろかず、1975年5月12日 - )は、神奈川県川崎市川崎区出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、野球解説者、野球評論家。現在は野球日本代表の監督を務めている。 中日ドラゴンズ時代は同僚の荒木雅博と共に「アライバコンビ」の愛称で親しまれ、ファンを魅了した。妻は元テレビ朝日アナウンサーの河野明子。…
62キロバイト (6,892 語) - 2024年2月4日 (日) 17:10



<このニュースへのネットの反応>

【山川穂高を侍ジャパンに「復帰」させる…井端監督の「暴走発言」にソフトバンクが大迷惑】の続きを読む

wada

 同様に球界を騒動の渦に巻き込んだのは、ソフトバンクにFA移籍した山川穂高(32)の人的補償問題だ。

1月11日の『日刊スポーツ』で、西武が和田毅(42)を指名する方針を固めたことが報じられた。タネ明かしをすると、ホークスにはニッカンOBの球団幹部や、球団広報まがいの記者がいるため、内部情報が筒抜けなんです。人的補償の候補には、三森大貴(24)と柳町達(26)もいたといいます。西武は和田と三森の二択に絞ったといいますが、この段階の情報がホークスからリークされたのでしょう」(スポーツデスク

 ベテラン左腕放出の一報に鷹ファンの悲鳴が飛び交った。と同時に、和田本人も心中穏やかではなかったという。球界関係者が語る。

「もともとプロテクトから外されることに関しては了承していたようですが、さすがにベテランの自分が候補に挙がるとは思っていなかったようです。同学年にあたる西武の平石洋介ヘッド(43)や赤田将吾外野守備走塁コーチ(43)に自主トレ先の長崎から確認の電話を入れたぐらいですからね」

 かねてより、山川の獲得には球団内外で慎重論が囁かれていたが、

「不倫トラブルの渦中にもかかわらず、一昨年のオフに『ウチが獲るよ』と山川と口約束した三笠杉彦GM(49)がそれを反故にできなかった。くしくも『山川は獲らない方がいい』と球団内で主張していた急先鋒が和田だったのは皮肉なことです」(球界関係者)

 ところが、11日夕方に人的補償として発表されたのはリリーバーの甲斐野央(27)だった。

「実は、和田の獲得に西武が尻込みしたんです。世間的なハレーション以上にネックになったのは和田の高額な年俸。推定2億円とされていますが、出来高を含めると倍以上の金額が設定されていたといいます。しかも、引退後の『指導者手形』を含む細かいサイドレターまで契約に含まれていた。候補者の契約内容を球団間で引き継ぐ時点で判明したようです。そこから両球団の話し合いの中で、本来はプロテクトされていたとされる甲斐野に白羽の矢が立った」(スポーツデスク

 歓迎ムードからは程遠い山川。どのようなオフを過ごしているのだろうか。

茨城県で自主トレをしています。ただし、公開はなしで完全に雲隠れを決め込んでいる。1月下旬に筑後で予定している自主トレの公開も流れるかもしれません。西武退団時も簡単な文面だけを公表して本人自身の取材対応はありませんでした。ホークスでも四面楚歌の状態でキャンプインすることになる。思えば、西武のロッカールームもろくに整頓せずに出ていった。山川の代わりにロッカーを片づけた球団職員も『余計な仕事を残しやがって‥‥』と怒っていました」(球界関係者)

 去り際までも〝立つ鳥跡を濁した〟ようだ。

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)

和田 (わだ つよし、1981年2月21日 - )は、山形県生まれ、島根県出雲市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。福岡ソフトバンクホークス所属。 2024年現在、福岡ダイエーホークスに所属した、松坂世代最後の現役選手。アテネオリンピック野球の銅メダリスト。…
93キロバイト (12,674 語) - 2024年1月27日 (土) 03:32



<このニュースへのネットの反応>

【ソフトバンク・和田毅「山川いらない」急先鋒だった】の続きを読む

yamakawa

 ソフトバンクに移籍したお騒がせ野球人・山川穂高1月27日福岡県筑後市内の2軍施設で、報道陣向けに自主トレを公開したが、まだ平時にはほど遠い扱いとなっている。

 同じ沖縄出身のリチャード嶺井博希トレーニングを行った山川は、39日ぶりの公の場への登場で、

「一日一日を必死にやっていきます。もう一回、若々しくいけるよう、しっかりやっていきたい」

 と語った。

 自主トレ公開をめぐっては、球団側が直前までその取り扱いを熟考。山川のFA移籍による和田毅甲斐野央人的補償騒動でファンの反感を買ったため、公開するとさらなる悪影響を及ぼすことを懸念していた。それでもメディア露出を決断した背景には、複雑な経緯がある。球団側は通常、テレビ会見の後にセッティングされる記者だけの取材対応を省くなど、

「まだまだ調整をしているところ。ファンスポンサーからの批判を恐れて、通常対応できない状態が続いています。2月1日からのキャンプ開始後も同様ですね」(球団関係者)

 本塁打キングはまだまだ腫れ物扱いということだろう。この球団関係者は続けて言った。

「それを知ってか、山川も報道陣ひとりひとりと『よろしくお願いします』と言って丁寧に挨拶を交わすなど、改心を猛アピール。これが本心かどうかは、しばらく見守る必要がある」

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)

山川 穂高(やまかわ ほたか、1991年11月23日 - )は、沖縄県那覇市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。 那覇市立城北小学校4年生のときに友人に誘われて野球を始め、「首里マリナーズ」に所属。那覇市立城北中学校時代は、大矢明彦が名誉監督を務める硬式の「チーム…
76キロバイト (9,590 語) - 2024年1月13日 (土) 10:16



<このニュースへのネットの反応>

【ソフトバンク・山川穂高は自主トレ公開しても「異常事態」】の続きを読む

yamakawa

山川 穂高(やまかわ ほたか、1991年11月23日 - )は、沖縄県那覇市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。 那覇市立城北小学校4年生のときに友人に誘われて野球を始め、「首里マリナーズ」に所属。那覇市立城北中学校時代は、大矢明彦が名誉監督を務める硬式の「チーム…
76キロバイト (9,590 語) - 2024年1月13日 (土) 10:16

【ソフトバンク山川穂高 食堂で育成選手に平身低頭あいさつ】の続きを読む

このページのトップヘ