坂本勇人

sakaoto

坂本 勇人(さかもと はやと、1988年12月14日 - )は、兵庫県伊丹市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 2021年開催の東京オリンピック 野球 金メダリスト。 2016年にセントラル・リーグの遊撃手としては史上初となる首位打者を獲得。2020年には右打者としては…
113キロバイト (14,121 語) - 2024年1月25日 (木) 20:52

【巨人・坂本勇人「若い時に比べて筋肉が硬くなっている」】の続きを読む

_sakamoto_yt


【巨人・坂本勇人がついに結婚!? “相思相愛”の相手も明らかに】の続きを読む

sakamoto

プロ野球選手で野球解説者高木豊氏が1月30日YouTubeチャンネル『高木 豊 Takagi Yutaka』で公開された動画「【巨人】松井秀喜が6年ぶりに臨時コーチへ!! “同じ背番号55”を背負う秋広をどう指導する? 松井臨時コーチに期待したいことを語ります!!」に出演。巨人の坂本勇人が、同チームの臨時コーチを務める松井秀喜氏から学ぶべきことについて持論を述べた。

○■坂本勇人松井秀喜氏から学ぶべきこととは

チャンネルでは今回、松井氏が6年ぶりに臨時コーチを務める巨人の宮崎キャンプについてトーク。その中で、森藤恵美が「昨シーズン初め頃に、坂本選手がキャンプで、年齢的なことも含めて、バッティングですごく悩んでいた。松井秀喜さんから何かアドバイスをもらったりは?」と尋ねると、高木氏は「悩んだんじゃなくて、悩まされたんだよ」と苦笑まじりに返答する。

続けて、「本人が悩んでたわけじゃない。本人はそのままいこうと思ってたんだけど、それを良しとしない周りの人間がいるわけだから、それはしょうがないよね」「悩みというか、怒りだったんじゃないかな?」と坂本の胸中を想像したうえで、「年齢とともに、坂本勇人という人間も変わっていかないといけない。バッティングスタイルも含めてね。微調整の部分にいるんだろうけど、どういう変化をもたらしていくのか、これは楽しみだよね」と期待を寄せる。

さらに、「松井秀喜という人間もそこを通過してきてると思う。たとえば、骨折があって、そのあとバッティングにどう響いたか、良くするにはどう対処したかとか、考え方を聞くといいかもね」と持論を述べていた。

【編集部MEMO
横浜大洋ホエールズ横浜ベイスターズ日本ハムファイターズなどで活躍した高木豊氏。1985年、当時の監督である近藤貞雄さんの発案で、加藤博一さん、屋鋪要氏、高木氏というチームの俊足打者が1番、2番、3番と並ぶ「スーパーカートリオ」を結成したことでも知られる。現役引退後は、アテネオリンピック日本代表内野守備・走塁コーチ横浜DeNAベイスターズヘッドコーチなどを務めた。YouTubeチャンネル高木豊 Takagi Yutaka』では、野球界ニュースの解説やゲストを招いた対談動画が公開されており、ダルビッシュ有ゲストとして登場した動画「【遂に登場!!】ダルビッシュ有が見た『大谷翔平』と『佐々木朗希』の可能性とダルビッシュの“人間力”」は300万回を超える再生数を記録している。

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

坂本 勇人(さかもと はやと、1988年12月14日 - )は、兵庫県伊丹市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 2021年開催の東京オリンピック 野球 金メダリスト。 2016年にセントラル・リーグの遊撃手としては史上初となる首位打者を獲得。2020年には右打者としては…
113キロバイト (14,121 語) - 2024年1月25日 (木) 20:52



<このニュースへのネットの反応>

【坂本勇人が松井秀喜から学ぶべきこととは 】の続きを読む

sakaoto

巨人の坂本勇人が22日、YouTubeチャンネル『高木 豊 Takagi Yutaka』で公開された動画「【サード坂本誕生!】『ショートサードの違いは?』2年連続Bクラス低迷の巨人が優勝するには今何が必要なのか語ります!」に出演。野球人生において、最もプレッシャーを感じた瞬間を明かした。

高木豊氏から「今まで経験したなかで、一番キツかったプレッシャーって何なの?」と質問され、坂本は「初めて出た時のWBCですかね」と回答。「震えてましたね、守備。打席ではないですけど、守備はマジで震えてました。マジでテンパってましたね」「特に東京ドームの試合は……」と当時の心境を振り返り、高木氏が「できれば(打球が)飛んでくるなってことでしょ?」と聞くと、「飛んでくるなって思うんですけど、やっぱ飛んでくるんですよね」と苦笑いを浮かべた。

また、「(WBCの)ボールがダメで、滑るから。こっち(スローイング)が怖くなっちゃって」とも告白。「僕、あのボールは本当ダメです。いま投げてもたぶんダメだと思う」とこぼしていた。

【編集部MEMO
横浜大洋ホエールズ横浜ベイスターズ日本ハムファイターズなどで活躍した高木豊氏。1985年、当時の監督である近藤貞雄さんの発案で、加藤博一さん、屋鋪要氏、高木氏というチームの俊足打者が1番、2番、3番と並ぶ「スーパーカートリオ」を結成したことでも知られる。現役引退後は、アテネオリンピック日本代表内野守備・走塁コーチ横浜DeNAベイスターズヘッドコーチなどを務めた。YouTubeチャンネル高木豊 Takagi Yutaka』では、野球界ニュースの解説やゲストを招いた対談動画が公開されており、ダルビッシュ有ゲストとして登場した動画「【遂に登場!!】ダルビッシュ有が見た「大谷翔平」と「佐々木朗希」の可能性とダルビッシュの“人間力”」は300万回を超える再生数を記録している。

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【巨人・坂本勇人、最もプレッシャーを感じた瞬間】の続きを読む

sakaoto


【【巨人】坂本勇人「かっこいい存在では常にありたい」】の続きを読む

このページのトップヘ