上原浩治

uehara

上原浩治・松坂大輔・福留孝介

メジャーリーガーの上原浩治氏が1日深夜、自身の公式インスタグラムを更新。同じく元メジャーリーガーの福留孝介氏、松坂大輔氏とのスリーショットを公開した。

【写真】「98年ドラフト同期」3ショット


■上原氏「どうっすか?」

上原氏はこの日、「98年ドラフト同期 西武、巨人、中日の順に並んでます」とつづって写真をアップ。左から松坂氏、上原氏、福留氏の順に並んでいる。

3人とも1998年ドラフトでプロ入りした元プロ野球選手だ。上原氏は「しつこく最後まで残ってた3人です どうっすか?」とファンに問いかけた。


関連記事:鈴木福、杉谷拳士選手の現役引退発表に驚き 「これからも応援しています」

■松坂世代ら大豊作の年

1998年ドラフトは、「大豊作の年」としてもよく知られているが、上原氏、松坂氏、福留氏は、それぞれ巨人、西武、中日の1位指名。大阪体育大学の上原氏、日本生命だった福留氏は、当時あった逆指名制度で巨人・中日と相思相愛で入団した。

また、松坂氏ら1980年生まれ世代は「松坂世代」とも言われる。横浜高校で春・夏甲子園優勝した松坂氏には、西武・日ハム・横浜の3球団が競合。当時の東尾修監督が見事くじを引き当てた。

なお、この年のドラフト1位には、阪神で活躍した「火の玉ストレート」の藤川球児氏(高知商)も。

また、福岡ソフトバンクオリックスが競合し、オリックスが引き当てたため指名拒否して九州共立大学に進学した新垣渚氏(沖縄水産)なども話題となった。


■「今考えても凄い」

日本のプロ野球で大活躍した後、全員が米メジャーリーグでも活躍した3人。

投稿には、「第1回WBC優勝メンバーだ」「岩瀬と球児がいれば、完璧だな」「この年のドラフトは今、考えても凄いです」など、多くの野球ファンからコメントが寄せられている。


■「98年ドラフト同期」3ショット


・合わせて読みたい→上原浩治氏、イチロー氏との対戦で後悔したこと告白 サインに従わず…

(文/Sirabee 編集部・栗原コウジ

上原浩治、福留孝介・松坂大輔との3ショット公開 98年ドラフト同期が大集結


(出典 news.nicovideo.jp)

上原 浩治(うえはら こうじ、1975年4月3日 - )は、大阪府寝屋川市出身の元プロ野球選手(投手)。右投右打。 現在は野球解説者、野球評論家、タレント、として活動している。 元メジャーリーガーで、2013年にはMLBで日本人初のリーグチャンピオンシップおよびワールドシリーズ胴上げ投手ともなった…
140キロバイト (18,844 語) - 2023年3月28日 (火) 13:40



<このニュースへのネットの反応>

【上原浩治氏、福留孝介・松坂大輔との3ショット公開 ドラフト同期が大集結】の続きを読む

uehara

 野球解説者上原浩治氏(元巨人他)が22日、自身の公式YouTubeチャンネルに動画を投稿。動画内での発言が話題となっている。

 >>元巨人・上原氏、WBC投稿への批判に怒り「面倒くさい人たち」 チェコ戦の感想を“中野貶し”と曲解された?<<

 今回の動画で上原氏は、同日に行われたWBC決勝・アメリカ戦に「3-2」で勝利し世界一を達成した侍ジャパンを称賛し、試合を振り返った。

 その中で、上原氏は「燃え尽き症候群じゃないけど、これからが大事なんでね。どう気持ち、体を切り替えられるか。そこがポイントになってくると思う」と、侍選手たちがシーズンに向けどのように調子を整え直すかが今後大事になると指摘。

 続けて、「こういう経験をした人たちにはもっともっと上をめざしていってもらいたいので、シーズンけがなく過ごしてほしい」と、大会で得た経験を糧に成長するためにもコンディションには気をつけてほしいと願った。

 ここで動画スタッフが、上原氏に「実際上原さんは2006年を経験して、どういうふうな感じでしたか?」と質問。上原氏は現役・巨人時代の2006年3月に行われた第1回WBCに出場し、3戦2勝の投球で優勝に大きく貢献しているが、同氏は「あの1年間で一番いい投球したのはあの韓国戦(準決勝/7回無失点)だった」と話し、大会中は気持ちも体も仕上がっていたと明かした。

 ただ、大会後のシーズンについては「僕の場合は失敗しました」と、具体的には述べなかったが状態を持ち直せなかったと振り返った。その上で、「今回の選手たちにはぜひ失敗しないようにしていってほしい」と語った。

 上原氏の発言を受け、ネット上には「心身をどうシーズンモードに切り替えるかは大事だな」、「確かにここからもう1回気持ちを奮い立たせられるのかは不安」、「上原は大会後かなり苦しんでたから説得力がある」、「出場選手の怪我・不振が多くなると、次大会以降の選手派遣にも関わってくるからなあ」などと納得の声が寄せられた。

 「2006年WBCの上原氏は準決勝・韓国戦を含め、『3登板・2勝0敗・防御率1.59』と好成績をマーク。大会MVPは『3登板・3勝0敗・防御率1.38』だった松坂大輔氏(元西武他)でしたが、上原氏も十分MVP級といえる働きを見せました。ただ、そこから気力、体力を持ち直すのは相当厳しかったようで、同年シーズン前半は3勝6敗と大きく負け越し。後半は5勝3敗と少し盛り返したものの、結果的にはキャリアワースト(当時)の8勝に終わっています」(野球ライター)

 今季はプロ野球3月30日メジャーが日本時間3月31日にそれぞれ開幕する予定となっている。WBC出場選手は約1週間で再調整しなければならないが、しっかりと調子を仕上げ直してシーズンに臨むことはできるだろうか。

文 / 柴田雅人

記事内の引用について
上原浩治氏の公式YouTubeチャンネルより
https://www.youtube.com/@KojiUehara-Zatsudan

上原浩治氏(写真は現役時代)


(出典 news.nicovideo.jp)

上原 浩治(うえはら こうじ、1975年4月3日 - )は、大阪府寝屋川市出身の元プロ野球選手(投手)。右投右打。 現在は野球解説者、野球評論家、タレント、として活動している。 元メジャーリーガーで、2013年にはMLBで日本人初のリーグチャンピオンシップおよびワールドシリーズ胴上げ投手ともなった…
140キロバイト (18,914 語) - 2023年3月21日 (火) 05:15



<このニュースへのネットの反応>

【上原浩治氏、侍ジャパンへ忠告 大会後に待ち受ける問題指摘】の続きを読む

uehara

プロ野球選手上原浩治氏が16日、YouTubeチャンネル上原浩治の雑談魂』に出演。動画「【世界一奪還まであと2つ】WBCイタリア戦を上原浩治が忖度なしの本音で生解説します【準々決勝までのMVPは?】【準決勝の展望もたっぷりと!侍のキーマンは●●】」内で、「ワールド・ベースボール・クラシック(以下、WBC)」イタリア戦に先発した大谷翔平の投球を分析した。

この日の大谷の投球について、上原氏は「最初から飛ばしまくってた。4回、5回はちょっとスタミナ切れかなって感じでしたね」と分析。上田まりえが「急にガタガタってきた感じでしたね?」と尋ねると、「(急にガタガタってきた)感じはしますけど、でも初回からああやって全力で行って、チーム全体を(盛り上げる)、流れをこっちに持ってくるっていうのが伝わりましたから」と称えた。

さらに5回に与えたデッドボールについては「最初から飛ばしてきた影響は間違いなくあった」と語りつつ、「メジャーキャンプもそうですけど、段階的にも徐々に球数を増やしてオープン戦をやっていくんで。そのなかの、この時期の難しさですよね」「この時期だったらメジャーのほうも70球ぐらいじゃないですかね?」と、例年であればまだ調整時期だと解説していた。

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

上原 浩治(うえはら こうじ、1975年4月3日 - )は、大阪府寝屋川市出身の元プロ野球選手(投手)。右投右打。 現在は野球解説者、野球評論家、タレント、として活動している。 元メジャーリーガーで、2013年にはMLBで日本人初のリーグチャンピオンシップおよびワールドシリーズ胴上げ投手ともなった…
140キロバイト (18,914 語) - 2023年1月24日 (火) 23:16



<このニュースへのネットの反応>

【上原浩治氏、イタリア戦先発・大谷翔平の投球を分析】の続きを読む

uehara

 野球解説者上原浩治氏(元巨人他)が13日、自身の公式Twitterに投稿。一部ファンへの不満をあらわにして話題となっている。

 上原氏は同日午前9時ごろに自身のTwitterに投稿。「ちょっと面倒くさい人たちが絡んでくるので…なんか中野選手を批判してるみたいな」、「エラーしてもチームが勝ってホッとしてるのは、本人だという意味なのに ヒットが出てホッと ホームランが出てホッと 何で捻くれて絡んでくるんだろうか」と、侍ジャパン中野拓夢を批判していると一部ファンに勘違いされていると不満をにじませた。

 上原氏は11日に行われ侍ジャパンが「10-2」で勝利したWBC1次ラウンド・チェコ戦後、自身のTwitterに「とりあえず良かった、と思える試合」、「村上選手に1本出たし…牧選手に1発…山田選手がスタメンで…中野選手に失策が出たけど勝った」などと感想を投稿。これに対し、一部からは「なぜ中野1人だけミスに触れてるのか」、「中野のこと嫌いなんですか?」といったリプライが寄せられていた。

 >>WBC、森保監督始球式で一部客に「日本の恥」と批判! 中継カメラに映った問題行動が物議<<

 上原氏の投稿を受け、ネット上には「なんか変なケチつけられてて可哀想」、「2日前の投稿は別に普通の内容にしか見えないんだけど」、「中野がエラーしたのは事実なのに不憫すぎないか」、「ただ感想呟いただけでこんな難癖つけられるとかたまらんな」といった同情の声が寄せられた。

 チェコ戦で侍ジャパンは試合開始直後の1回表2死二塁、中野が遊ゴロを一塁に悪送球するエラーを犯したことでチェコ側に先制を許している。これ以外に相手の得点につながるようなエラーはなかったが、中野のミスだけを取り上げているという捉え方をされたことは上原氏にとって心外だったようだ。

 投稿内容を曲解されたと嘆いた上原氏だが、昨年2月にも『サンデーモーニング』(TBS系)内での発言を誤って受け取られたと怒りをあらわにしている。上原氏は同月20日の放送の中で、前日に163キロをマークしたロッテ佐々木朗希の能力を絶賛。その後、自身は現役時代最高148キロだったとした上で、「僕はスピードでは勝負できないのでコントロールで勝負するってとこですね」と球速よりも制球を重視していたとコメントした。

 その後、上原氏は同日夕方に自身のTwitterに投稿。同日に『Yahoo!ニュース』に掲載された、前述の番組内発言を伝える記事に寄せられた「自分の方が凄いとみんなに思わせたかったのかな」といった内容のコメントスクリーンショットを添付した。その上で「こんなコメント…悔しいです。一言も言ってないことが、勝手にその人でニュアンスを変えられる」と不満をにじませている。

 一部ファンから中野をおとしめているとされた今回の投稿についても、そのような意図はないともの申さずにはいられなかったようだ。

文 / 柴田雅人

記事内の引用について
上原浩治氏の公式Twitterより
https://twitter.com/TeamUehara

上原浩治氏(写真は現役時代)


(出典 news.nicovideo.jp)

上原 浩治(うえはら こうじ、1975年4月3日 - )は、大阪府寝屋川市出身の元プロ野球選手(投手)。右投右打。 現在は野球解説者、野球評論家、タレント、として活動している。 元メジャーリーガーで、2013年にはMLBで日本人初のリーグチャンピオンシップおよびワールドシリーズ胴上げ投手ともなった…
140キロバイト (18,914 語) - 2023年1月24日 (火) 23:16



<このニュースへのネットの反応>

【上原浩治氏、WBC投稿への批判に怒り】の続きを読む

uehara

上原浩治

プロ野球選手で野球解説者上原浩治氏が26日、自身の公式ツイッターを更新。MLBで新たに導入された新ルールにより発生した珍事態に苦言を呈した。

【ツイート】MLB土壇場で起きた珍事に苦言


■今季導入の新ルールに反対

上原氏は「ピッチクロック…反対派の上原です。今回、MLBでおかしな幕切れがありました (オープン戦でよかった…)」とアメリカメジャーリーグで発生した珍事に言及。

続けて「たしかに、長時間の試合はファン離れが呟かれてますが… 野球そのものの面白味がなくなりそうな気がします。投げてもないのに、打ってもないのに、試合が決まってしまうようなことは…」と辛辣な意見をのべた。


関連記事:上原浩治氏、高橋由伸氏とのサインボールがメルカリに出品 「失礼やわ」

■動作に時間制限を設ける

今季よりMLBで新たに導入された「ピッチクロック」では投手は走者なしで15秒、走者ありで20秒以内に投球動作を取らないといけないという新ルール

また打者にも残り8秒までに打席で構えていないといけないと決まっており、審判が打者の準備ができていないと判断した場合は1ストライクとなる。

25日(現地時間24日)におこなわれたブレーブス VS レッドソックス戦で9回裏6−6の同点かつ2アウト満塁という逆転の可能性もある場面。2ストライクに追い込まれた打者のコンリー選手が、審判からピッチクロック違反を指摘され試合が終了するという前代未聞の事態が発生していた。


■新ルール批判に共感意見

ルールに不満を漏らした上原氏の投稿に「全く同感です。個人的にはタイブレークも申告敬遠も嫌い」「スポーツ、野球の醍醐味がなくなる」「本当に、野球の未来が心配になります」と共感する意見が殺到。

また「キャッチャーまだ立ち上がったままだったのに」「試合は迅速になりました でもつまらなくなりました。これでは本末転倒」「現役時代の上原浩治選手には、必要なかったです」との声も寄せられていた。


■MLBの新ルールに反対表明


・合わせて読みたい→上原浩治氏、“飛ばないボール”導入のきっかけは… 「危なくないですか」

(文/Sirabee 編集部・綾崎 かなめ

上原浩治氏、MLB新ルールで珍事発生し苦言 「野球そのものの面白味が…」


(出典 news.nicovideo.jp)

上原 浩治(うえはら こうじ、1975年4月3日 - )は、大阪府寝屋川市出身の元プロ野球選手(投手)。右投右打。 現在は野球解説者、野球評論家、タレント、として活動している。 元メジャーリーガーで、2013年にはMLBで日本人初のリーグチャンピオンシップおよびワールドシリーズ胴上げ投手ともなった…
140キロバイト (18,896 語) - 2023年1月24日 (火) 23:16


NPBも将来的導入か?

<このニュースへのネットの反応>

【上原浩治氏、MLB新ルール「ピッチクロック」に苦言】の続きを読む

このページのトップヘ