大久保博元

ohkubo

デーブ大久保・大久保博元

読売ジャイアンツデーブ大久保大久保博元)氏が岡崎郁氏のYouTubeチャンネルゲスト出演。巨人・坂本勇人選手と岡本和真選手に苦言を呈した。

 

■坂本選手に苦言

大久保氏はジャイアンツの野手陣について「野手はそこそこ決まっているわけじゃないですか。決まっているからこそ困るのは、やっぱり坂本というチームリーダーと言われる人間が、怪我をすることを見越してゲームを使っていかなきゃいけない」と解説する。

続けて「簡単な話だけど昔から言われている全力疾走。佐々木信也さんと会ったときも、『最近の野球はピッチャーゴロで走らない。嘆かわしい』と言わせた」とコメントした。

 

関連記事:デーブ大久保氏、巨人が“勝つために直すべき慣習”を提言 「機密が…」

■リーダーの怪我で…

さらに大久保氏は「なぜ嘆かわしいかというと、『王・長嶋も走った、それが巨人軍の強さだった』というのが、今ないわけですよ。リーダーが怪我なのかできないわけですよ。1年使えない」と指摘。

また、「バックアップが誰になるのかというと、それに代わる選手を育てきれない。監督を心配したんですけど、キャプテンをやった人間があまりないんですよ。 坂本もやってない、吉川もやってない、大城もやってない。 あんなすごい選手は普通、高校・大学でキャプテンやるじゃないですか」と解説する。

 

関連記事:デーブ大久保氏、巨人が“勝つために直すべき慣習”を提言 「機密が…」

■門脇選手に期待?

そして「やってないということはアマチュアの指導者がキャプテンシーを感じなかったということだと思う。門脇も坂本のような選手になるのは考えにくいんです。3,000本近くヒットを打てるような選手は」と大久保氏は話す。

そのうえで「でも門脇はキャプテンシーを持っている。キャプテンをやった人間ですから。そういう人間がもう少し年数を重ねていかないと、チームにはなじまないと思う」と持論を展開していた。


関連記事:デーブ大久保氏、2023年巨人低迷の理由を告白 「編成部の責任」

■岡本選手にも注文

話を聞いた岡崎氏が「もうちょっと厳しい?」と質問すると、「厳しいですよね」と大久保氏は語る。

続けて「岡本にしたってチャンスじゃ打たなかったですからね。ホームラン40本打ったって、打点は低いんだから、得点圏打率は2割チョボチョボでしたから」と岡本選手にも注文をつけた。

 

関連記事:デーブ大久保氏、2023年巨人低迷の理由を告白 「編成部の責任」

■視聴者の反応は…

大久保氏のコメントに動画コメント欄は賛否両論

好意的な視聴者からは「巨人の現状を話してくれている」「間違ったことは言っていない」という声が上がったが「コーチだった人が言うことではない」「2024年の巨人は期待できると信じている」などの意見も出ていた。


■大久保氏が岡本選手に苦言

デーブ大久保氏、読売ジャイアンツ・岡本和真に苦言 「チャンスで打てなかった」


(出典 news.nicovideo.jp)

岡本 和真(おかもと かずま、1996年6月30日 - )は、奈良県五條市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 第20代読売巨人軍キャプテン。プロ野球史上最年少となる22歳での「3割・30本塁打・100打点」を達成。2018年から2023年にかけて6年連続シーズン30本塁打も達成している。…
80キロバイト (9,998 語) - 2023年12月25日 (月) 23:04



<このニュースへのネットの反応>

【デーブ大久保氏、巨人・岡本和真に苦言 】の続きを読む

ohkubo

大久保 博元(おおくぼ ひろもと、1967年〈昭和42年〉2月1日 - )は、茨城県東茨城郡大洗町出身のプロ野球選手(捕手)・コーチ、野球解説者、YouTuber、プロゴルファー、実業家。愛称はデーブ、ブーちゃん。 現役引退後はデーブ大久保名義で活動しており、西武コーチ時代は登録名としても使用し…
46キロバイト (5,890 語) - 2023年12月14日 (木) 06:28

【大久保博元が巨人コーチ時代の不満ブチまけ「坂本勇人はガキ」】の続きを読む

ohkubo

大久保 博元(おおくぼ ひろもと、1967年〈昭和42年〉2月1日 - )は、茨城県東茨城郡大洗町出身のプロ野球選手(捕手)・コーチ、野球解説者、YouTuber、プロゴルファー、実業家。愛称はデーブ、ブーちゃん。 現役引退後はデーブ大久保名義で活動しており、西武コーチ時代は登録名としても使用し…
46キロバイト (5,890 語) - 2023年12月14日 (木) 06:28

【デーブ大久保さん「原監督のイエスマン」指摘に持論】の続きを読む

ohkubo

 移籍先は中日ドラゴンズだった。オプトアウトを行使して巨人を自由契約になる道を選んだ、中田翔のことである。出場機会を求めて勝負に出た中田は、2年総額6億円の契約を手にした。

 野球解説者大久保博元氏が、自身のYouTubeチャンネルデーブ大久保チャンネル〉で12月3日、中田が中日を選んだのは正解だったとして、次のような持論を展開した。

ナゴヤドームバンテリンドームナゴヤ)行って、ライトヒットセンターヒットってもので評価される。これでいいんだってことがあったのか。ホームランはもちろんガタって減りますけど、打率は上がっていく。中田翔が中日行って、ナゴヤドームはいいのかもしれないな。翔にとっては、いい球場に行くんだなって思いました」

 今季、中田の球場別成績を見ると、セ・リーグではバンテリンドームでの打率が最も高く、8試合で25打数8安打の3割2分、本塁打2、打点7。続いて甲子園球場では7試合16打数5安打の3割1分3厘だ。

 一方で、本拠地の東京ドームでは、43試合120打数32安打で2割6分7厘という結果に終わっている。

「今季、巨人の打撃チーフコーチとして間近で見てきた大久保氏が、納得の移籍と頷くのも理解できます。中田は日本ハム時代に3度の打点王に輝いていますが、本塁打2020年の31本がキャリアハイ。本塁打を狙いやすい東京ドームで色気を出すよりも、広いバンテリンドームヒット狙いに徹した方が、中田の個性は生かしやすいのかもしれません」(スポーツライター

 大久保氏の見立ては的中するのか。中田の来季の成績や、いかに。

(所ひで/ユーチューブライター

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)

大久保 博元(おおくぼ ひろもと、1967年〈昭和42年〉2月1日 - )は、茨城県東茨城郡大洗町出身の元プロ野球選手(捕手)・コーチ、野球解説者、YouTuber、プロゴルファー、実業家。愛称はデーブ、ブーちゃん。 現役引退後はデーブ大久保名義で活動しており、西武コーチ時代は登録名としても使用し…
46キロバイト (5,854 語) - 2023年11月27日 (月) 11:05



<このニュースへのネットの反応>

【デーブ大久保氏、中田翔「中日ドラゴンズ移籍」を「正解」と評価】の続きを読む

ohkubo

代替テキスト
(写真:時事通信

11月25日、野球解説者の“デーブ大久保”こと大久保博元氏(56)が自身のYouTubeチャンネルで、パワハラ疑惑が取り沙汰されている楽天・安楽智大投手(27)について言及。複数の後輩選手が安楽選手からのパワーハラスメントの被害を球団に訴えており、現在、自宅待機処分が下されている。

実際にどのようなハラスメントを行ったかは球団が調査中だが、後輩への暴言や罰金と称した金銭要求に加え、ロッカールームで倒立させた上で下半身を露出させるといったことが各メディアによって報じられている。

2012年から15年まで楽天に一軍打撃コーチや監督として携わってきた大久保氏。今回の動画で、安楽選手は監督就任直後の’14年ドラフト1位で獲得した選手であることから、「自分の息子とまではいかないまでも見守っていた」と思い入れがあると告白。

それ故か、安楽選手の人柄について「これじゃ安楽がもう悪い人間かというと、そんなことないんですね」と断言した上で、こう慮った。

「やっぱ兄貴分みたいなところがあって、後輩には活躍すれば何かを買ってプレゼントするとかって自腹を切ってね、身銭切って後輩たちをかわいがるっていうこともちゃんとしてた人間ですし」

続けて、「先輩としてね、本当は後輩に諭さなきゃいけない人間がそれを度を過ぎてしまったっていうことなんでね」とハラスメント疑惑について、指導の行き過ぎだったのではと推測。そして安楽選手に対し「やってしまったことは反省して、謝罪しかない。もう本当に大変申し訳ありませんでしたって。相手がそうとってしまったわけですから、もう謝るということで」「だからどんな判定がくだされようともね、それを全て受け入れてまたともに進んで行こうよ」とメッセージを送った。

思い入れのある“愛弟子”を擁護した大久保氏だが、自身もかつてハラスメントが報じられいた。

西武ライオンズの2軍打撃コーチを務めていた’10年に、当時ドラ1で入団した菊池雄星選手に対しての暴行行為を理由に解任されています。その後、大久保氏が球団側に起こした裁判で、自主練習に遅刻したペナルティとして罰金を私的に徴収しており、それを拒否した菊池選手へ嫌がらせをしていたことが明かされています。

また、コーチ時は厳しい指導方針で知られており、楽天の監督就任時には、選手たちの間で恐れられていました」(スポーツ紙記者)

今回の動画で大久保氏は、自身の経験も踏まえて「実際にもちろんやってないこともあるし、出てる話の9割9分ぐらいは全然違う話で言っちゃってるのでね」と言及。さらに、パワハラの認識について「自分が正しくつっても相手の取り方によって正しくないことがたくさんあると。俺は正しいと思っておせっかい焼いたのに相手からしたら大迷惑だったっていうね」と振り返り、「若い選手たちもぜひそれは分かって」と正しい認識をするよう促していた。

安楽選手の疑惑についてはまだ定かではないが、ハラスメント問題を“相手の受け取り方もある”とした上で、“擁護”するような姿勢を見せた大久保氏には批判の声が続出している。

パワハラ側に何を聞いても駄目なんですよね。人が良い悪いじゃない、被害者がどう思うか、人の気持ちを理解できるかってことてすから。それがわからない側の人間ですからね。でもデーブさんやっぱり色々あっても変わってないんですね》
大久保さん、出てくると思ってました。大久保さんは過去に似たような事をやらかした人だから「パワハラは悪い事ばかりじゃ無い。本人に悪気は全く無い。愛故なんだ!」って言いたいんだろうけど、残念ながらそんな意見で世間の同意を得るのは到底困難だという感性を身につけて欲しいと以前より思ってます》
大久保さんは菊池雄星へのハラスメントがあって西武を追われた人です。残念ながらパワハラ寄りの人間と言わざるを得ません。どんな弁明も安楽選手を助けるというよりもパワハラ加害者同士がかばい合ってると思われても仕方ないと思います》
《安楽のこと「悪い人間ではない」ってデーブ大久保が言うのお前が言うなオブザイヤー受賞ですよ》



(出典 news.nicovideo.jp)

大久保 博元(おおくぼ ひろもと、1967年〈昭和42年〉2月1日 - )は、茨城県東茨城郡大洗町出身のプロ野球選手(捕手)・コーチ、野球解説者、YouTuber、プロゴルファー、実業家。愛称はデーブ、ブーちゃん。 現役引退後はデーブ大久保名義で活動しており、西武コーチ時代は登録名としても使用し…
46キロバイト (5,888 語) - 2023年11月27日 (月) 08:55



<このニュースへのネットの反応>

【デーブ大久保 パワハラ疑惑の楽天・安楽を“擁護”も「お前が言うな」】の続きを読む

このページのトップヘ