#サンデーモーニング

nakahata

24日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、元中日ドラゴンズ監督・落合博満氏の発言に元横浜DeNAベイスターズ監督の中畑清氏が驚きの声を上げた。


■セ・リーグCS争いを解説

番組は佳境を迎えているプロ野球クライマックスシリーズ進出争いを特集する。

3位横浜DeNAベイスターズと4位読売ジャイアンツが争うセントラルリーグは、中畑氏が「直接対決が4戦残っているんですよ。巨人が3連勝ができれば。1敗したら終わり」「24日からの3連戦で決まる」などと分析する。

一方落合氏は「残りゲームがあるんでね。まだまだわからない」と話した。


関連記事:中畑清氏、『サンモニ』で大谷翔平の「なおエ」を解説 移籍の可能性にも言及

■パ・リーグも熾烈な争い

2位千葉ロッテマリーンズ、3位福岡ソフトバンクホークス、4位東北楽天ゴールデンイーグルスが争うパシフィック・リーグに落合氏は「楽天まで、目はあるでしょうね」と語る。

関口宏から「決め手はなんですか?」と質問されると「ここからクライマックスに出たいと思うところが強くなるんじゃないですか?」と分析。関口が「出たいでしょ?」と念押しすると、落合氏は「本当に出たいところがね」と苦笑いを浮かべた。


関連記事:中畑清氏、新庄剛志監督考案の特別ユニフォームに苦言 「選手が着るのは異常」

■落合氏がCSに独自解説

落合氏は「3位のチームというのはわからないんですよ。出銭ばっかりですから」と指摘。内容が理解できない関口は「え? 出銭ってどういうことですか?」と質問する。

すると落合氏は「ゲームに行くと出費だけが多くなって、実入りがないっていう。球団としては、3位だったら出なくてもいいというように、考える球団がなかにはある可能性がある」と、3位球団は地元開催ではないことから遠征費などの出費がかかることを指摘した。


関連記事:中畑清氏、『サンモニ』で日本プロ野球機構に喝 関口宏も「これはまずい」

■「前から言われている」

この発言に関口も「なるほど、商売上3位はあんまり、おいしくない」と理解し、中畑氏に「そういうものなの?」と質問する。

中畑氏は「初めて聞きましたよ」と目を丸くする。すると落合氏は「そう? 前から言われていることだよ。球団としてね。選手は出たいでしょうね」と持論を展開した。


関連記事:18年ぶり優勝の阪神「この2人が出てきたのは大きかった」 落合博満氏が分析

■中畑氏が驚き

球団経営者的な発想に中畑氏は「GMとかいろいろ経験しているから、そういう駆け引きみたいなものがね得意なタイプなんだよ」と落合氏の発想を称賛していた。

クライマックスシリーズファーストステージが2位チームファイナルステージが優勝チームの本拠地で行われる。3位の場合、日本シリーズまですべてビジターに。3位からの日本一進出はかなり難しいため、「出費だけがかさむ」という考え方がある。

・合わせて読みたい→中畑清氏、『サンモニ』で日本プロ野球機構に喝 関口宏も「これはまずい」

(文/Sirabee 編集部・佐藤 俊治

中畑清氏、プロ野球CSを巡る落合博満氏の発想に驚き 「初めて聞いた」


(出典 news.nicovideo.jp)

落合 博満(おちあい ひろみつ、1953年〈昭和28年〉12月9日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手、右投右打)・監督、野球解説者、タレント、YouTuber。 秋田県南秋田郡潟西村(現・男鹿市)出身。血液型はO型。 選手時代は1979年から1998年にかけてロッテオリオンズ・中日ドラゴンズ…
158キロバイト (23,414 語) - 2023年9月7日 (木) 16:43



<このニュースへのネットの反応>

【中畑清氏、プロ野球CSを巡る落合博満氏の発想に驚き 】の続きを読む

okada

上原浩治・関口宏

28日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、関口宏上原浩治氏が阪神タイガースについて意見を交換する一幕があった。


■阪神が7連勝

冒頭から1週間のプロ野球を振り返ったこの日の放送。

セントラル・リーグ首位の阪神は巨人と対戦し、福岡ソフトバンクホークスから現役ドラフトで移籍した大竹耕太郎投手が好投、7回裏に近本光司選手がタイムリーを放ち勝利する。

これで阪神は7連勝。貯金は16に。一方昨年までリーグ2連覇を果たしている東京ヤクルトスワローズ広島東洋カープに敗れ、4年ぶりの9連敗。早くも自力優勝が消滅した。


関連記事:上原浩治氏、WBCのルールとMLB球団の対応に苦言 「バラバラすぎ…」

■ヤクルト不調の原因は…

関口は「ヤクルトが自力優勝、なくなっちゃった。おかしいね。なんですか?」と質問する。

これに上原氏は「調子が悪いですね。怪我人が多かったのもありますね。『用意ドン』で塩見(泰隆)選手がスタメンに入らなかったですし。村上(宗隆)選手がなかなか上がってこない」と話した。


■WBCの影響も?

この日のゲストで元卓球選手の平野早矢香氏は「WBCがあったんで、ちょっとシーズンの入りみたいなところが今年はどの選手も難しかったのかなって、素人ながらに思います」とコメント

すると関口は「WBCはみんな関係していたんですけど。ヤクルトだけじゃないよ」とツッコミを入れる。

平野氏は「まあそうですね」と笑ったあと、「阪神がすごいじゃないですか。岡田監督になって戦略とか強化のしかたとか、変わったところはあるんですか?」と上原氏に質問した。


■阪神の強さは本物?

上原氏は「とくに変わってないと思うんですけども。 守備で元々ショートだった中野(拓夢)選手がセカンドに入ってショートに木浪( 聖也)選手が固定された」と守備力の安定を要因に挙げる。

さらに「あとは怪我人がいない。3連敗以上していないのが阪神だけなんですよね。連敗しないというのは大きいですよね」と分析する。

解説に納得していた阪神の強さに懐疑的なのか関口は「強いよね、本物?」とポツリ。すると上原氏は「本物だと思います」と断言していた。

・合わせて読みたい→上原浩治氏、WBCのルールとMLB球団の対応に苦言 「バラバラすぎ…」

(文/Sirabee 編集部・佐藤 俊治

関口宏、首位独走の阪神に「本物?」と懐疑的 上原浩治氏強さに太鼓判


(出典 news.nicovideo.jp)

関口 (せきぐち ひろし、1943年〈昭和18年〉7月13日 - )は、日本の俳優、タレント、司会者、ニュースキャスター、作詞家、芸能プロモーター、経営者。 芸能事務所・三桂代表。身長170cm、体重68kg、血液型A型。東京都港区在住。二人兄弟の長男。 父は俳優の佐野周二、弟は元俳優の佐野守。妻…
34キロバイト (4,718 語) - 2023年1月16日 (月) 08:20



<このニュースへのネットの反応>

【サンモ二関口宏氏、首位独走の阪神に「本物?」と懐疑的 】の続きを読む

sekiguchi

 5日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、司会の関口宏WBCに出場する日本人選手について、細かいルールを設けるMLB(メジャーリーグベースボール)に不満を露わにした。

 関口はWBCに出場する日本人メジャーリーガーが、大会の規定で3月5日まで壮行試合に出場できないルールについて、「これ、なんなんですか。上原さん」と不満の声を上げる。「スポーツ御意見番」の上原浩治氏が「怪我とかをされると、チームとしては損失となりますから、怪我をさせないということを大前提としたルール」と説明すると、「怪我をさせないということは、なるべく出すなってことだね」とつぶやいた。

 ​>>『サンモニ』関口宏に「話にならない」呆れ声 スケートのルール理解できず岡崎朋美氏も苦笑い<<​​​

 上原氏は「出すなということではない」と前置きした上で、「アメリカドミニカチームはこちらでオープン戦に出続けていますから、本当は出ても僕はかまわないと思う」とコメント。そして、「その辺はルールがあるというところで。ちょっと日本人の立場からしたら、ちょっとイライラしますよね」と関口の心情に理解を見せる。すると、関口は「はい、します」と話した。

 ダルビッシュ有が早めに宮崎キャンプに合流した件でも、上原氏が「大谷(翔平)選手や鈴木誠也選手も行きたかったはず。アメリカチーム事情がある。ダルビッシュ選手は認めてくれたけど、ほかは認めてくれなかった」と説明すると、「なんか、うるさいね」と不満を漏らしていた。

 関口は2月19日の放送でも、ヤクルトMLBで活躍した岩村明憲氏が大谷選手の二刀流について、所属するエンゼルスとの絡みで「DHになるかもしれない」と話したことに、「本当にメジャーリーグチームってうるさいね。自由にやらせてよって感じ」と不満を漏らしていた。

 MLBの各球団は選手に高額年俸を支払っているだけに、「シーズン前の体調管理や故障に過敏になるのは致し方ない」と理解を示す野球ファンも多いが、関口は「うっとうしい」と感じているようだ。

画像はイメージです


(出典 news.nicovideo.jp)

関口 (せきぐち ひろし、1943年〈昭和18年〉7月13日 - )は、日本の俳優、タレント、司会者、ニュースキャスター、作詞家、芸能プロモーター、経営者。 芸能事務所・三桂代表。身長170cm、体重68kg、血液型A型。東京都港区在住。二人兄弟の長男。 父は俳優の佐野周二、弟は元俳優の佐野守。妻…
34キロバイト (4,718 語) - 2023年1月16日 (月) 08:20



<このニュースへのネットの反応>

【『サンモニ』関口宏氏、MLBのWBC介入に不満を表す】の続きを読む

daru

 ワールド・ベースボール・クラシックWBC)に出場するパドレスダルビッシュ有2月16日に宮崎入りし、その一挙手一投足が注目されている。ダルビッシュは先ごろ、パドレスと6年総額1億800万ドル(141億5000万円)の延長契約を結んだことが、大きく報じられた。

 35歳以上で新契約期間6年以上は、メジャー史上初の快挙。異例の42歳までの大型契約について、元中日監督で野球解説者落合博満氏は12日に出演した「サンデーモーニング」(TBS系)で、「アリでしょうね」と言い切っている。

 その理由については、落合氏をして、

「それだけの実績を持っているんでね。それと、野球に対する考え方がしっかりしている。42と言わず45、6まで投げられるんだろうとは思う」

 野球へのストイックな姿勢はよく知られるが、その背景には「ある設定」が存在するとされる。スポーツデスクが語る。

ダルビッシュが20歳の頃、試合で打たれた後、自分が40歳で落ちぶれている姿を想像したそうです。その際、神様が現れ、1回だけ20歳に戻してやると言われた。今の自分は神様のお陰で20歳に戻ってきた、という設定にしたのです。その時にできることは全てやりきるという心持ちで、それまで以上にトレーニングに真剣に取り組むようになったといいます」

 20歳から理論的な食事管理や筋トレを積み重ねるようになったダルビッシュ。その結果が、今回の大型契約につながっているのだろう。

(鈴木十朗)

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)

ダルビッシュ (だるびっしゅ ゆう、英語: Yu Darvish、1986年8月16日 - )は、大阪府羽曳野市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLBのサンディエゴ・パドレス所属。 本名はダルビッシュ・セファット・ファリード・(だるびっしゅ・せふぁっと・ふぁりーど・ゆう、英語: Sefat…
183キロバイト (24,360 語) - 2023年2月16日 (木) 05:58



<このニュースへのネットの反応>

【ダルビッシュ有が「40歳の落ちぶれた自分」を想像】の続きを読む

01kiyoshinakahata

新庄剛志・清宮幸太郎

12日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、北海道日本ハムファイターズ新庄剛志監督の清宮幸太郎選手に対する指示に中畑清氏が注文をつけた。


■清宮選手が本塁打を打つも…

プロ野球の春季キャンプを特集したこの日の放送。北海道日本ハムファイターズは韓国チームとの練習試合を行い、清宮幸太郎選手が2塁に走者を置いてライトホームランを放つ。

ところがベースを回る際、清宮選手に笑顔は見られなかった。番組によると新庄監督は進塁打のサインを出していたとのことだった。


関連記事:新庄監督、初ドラフト終え心境報告 ファンから「最高のドラフト」の声も

■新庄監督は「進塁打を打つ気持ちで」

試合後のインタビューで新庄監督が進塁打のサインを出していたことを明かす様子が流れ、「普通ならゴロを打たなければいけない打席でのホームラン」と紹介する。

同監督は「進塁打を打つ気持ちで、今日みたいな感覚でカーンっと打ったら、角度さえつけばホームランになるというコツ、感覚をつかんでもらえたらいい」と怒った様子は見せていなかった。


■落合氏が解説

司会の関口宏は「進塁打というのはゴロを打つようにするんですか?」と元中日ドラゴンズ監督の落合博満氏に質問する。

落合氏は「ゴロだけじゃないんです。ライトフライでもいいんです。要はランナーを進めるっていう意図で出すサインなんでね。そういうバッティングをしようと思って打ったら、それはたまたホームランだった。普段からああいうバッティングをすれば、ホームランの量が増えると思います」と解説。

すると関口は「最高の進塁打はホームランじゃないですか?」と指摘した。


■中畑氏が采配に注文

中畑氏は「決定。それでいいんですよ。本人(清宮は)ね、すいませんみたいな表情をしたらしいんですよ。でも内心は『やった』ってガッツポーズをしていますよ。演技が身についてきましたね、あいつは」と持論を展開。

そして「もともと彼に期待するのはクリーンナップだと思うんですよ。クリーンナップを打つ選手だったら、進塁打よりも自分で決めに行くんだというぐらいの、バッティングをさせたほうが、私はいいと思いますよ」と新庄監督の采配に注文をつけていた。

・合わせて読みたい→ヤクルトは村上宗隆選手次第 落合博満氏が日本シリーズの行方を予想

(文/Sirabee 編集部・佐藤 俊治

新庄剛志監督から清宮幸太郎への指示に中畑清氏が注文 「彼に期待するのは…」


(出典 news.nicovideo.jp)

中畑 (なかはた きよし、1954年〈昭和29年〉1月6日 - )は、福島県西白河郡矢吹町出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)・監督・コーチ。愛称は絶好調男、大将。 1980年代の読売ジャイアンツの中心打者として活躍し、労働組合日本プロ野球選手会初代会長を務めた。…
57キロバイト (7,669 語) - 2023年2月1日 (水) 02:32



<このニュースへのネットの反応>

【【サンモ二】中畑清氏、新庄監督の指示に注文】の続きを読む

このページのトップヘ