#トレード

yoshida


【電撃発表!日本ハム・吉田輝星とオリックス・黒木優太が交換トレード!】の続きを読む

walker_ky

プロ野球選手の“デーブ大久保”こと大久保博元氏が6日、YouTubeチャンネルデーブ大久保チャンネル』で公開された動画動画「【巨人】ウォーカーの1対2トレードについて解説します」に出演。巨人からソフトバンクにトレード移籍するアダム・ウォーカーの人柄を絶賛した。

2022年シーズンは、124試合に出場し、打率.271、23本塁打、52打点という好成績を残したウォーカー原辰徳前監督の発案で、外国人選手では異例となる秋キャンプ参加も話題になったが、当時コーチを務めていた大久保氏は「20何本も打った選手が行って、『グレないのかな……?』と思ってたら、本当に積極的にバッティングゲージに入って」「秋のキャンプで『打つか?』って聞いたら、『デーブが言う通りの時間を打たせてくれ』ってことで、7分・7分という外国人選手では考えられない数字(になった)」と、ウォーカーの謙虚な練習姿勢を明かすことに。

また、守備練習でも「本当に真面目な選手」だったといい、「外国人選手って今まで見た100人中100人は、練習はパッと上がります」「でも、ウォーカーは自分が打って走塁をやった後は、ずーっと外野の守備をやっている」と、苦手意識がある中で人一倍熱心に取り組んでいたと回想。「いやー、あれには敬意を払いましたね」「『ジャイアンツ、バッティング時間終了です』ってウグイス嬢の声が聞こえる寸前まで外野守備をやる。そんなの、見たことないです」と絶賛していた。

【編集部MEMO
デーブ大久保チャンネル』は、西武の一軍打撃コーチ、楽天の監督、巨人の一軍打撃チーフコーチなどを務めた、元プロ野球選手の“デーブ大久保”こと大久保博元氏によるYouTubeチャンネル清原和博氏や愛甲猛氏、広澤克実氏、槙原寛己氏をはじめとするレジェンド選手をゲストに迎えた動画が人気を博しているほか、野球界のニュースや自身の近況についてもトーク。巨人のコーチを退任する際には、原辰徳前監督からの招聘秘話、コーチ就任時の率直な心境を涙ながらに語った動画が注目を集めた(※動画「【報告】巨人軍を退団して、居酒屋の親父に戻ります。」にて)。

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

大久保 博元(おおくぼ ひろもと、1967年2月1日 - )は、茨城県東茨城郡大洗町出身の元プロ野球選手(捕手)・コーチ、野球解説者、YouTuber、プロゴルファー、実業家。愛称はデーブ、ブーちゃん。現役引退後はデーブ大久保名義で活動しており、西武コーチ時代は登録名としても使用した。第59代巨人…
46キロバイト (5,877 語) - 2023年10月31日 (火) 06:37



<このニュースへのネットの反応>

【デーブ大久保、ウォーカーを絶賛「本当に真面目な選手」】の続きを読む

walker_ky

 阪神の劇的日本一日本シリーズが幕を閉じ、プロ野球は本格的なストーブリーグに突入した。まず飛び込んできたのは、巨人のアダム・ウォーカー外野手ソフトバンク高橋礼泉圭輔両投手の、1対2の電撃トレードである。

 昨年、ウォーカー124試合に出場して28本塁打、52打点の活躍ながら、守備に難があることから、今年は57試合の出場にとどまり、6本塁打、20打点だった。DH制があるパ・リーグに移籍となれば、どうなるか。野球解説者里崎智也氏は11月6日に更新した自身のYouTubeチャンネルSatozaki Channel〉で、次のように評している。

「今年、マリーンズに移籍したポランコホームラン王になったけども、うまくいけば、来年はウォーカーホームラン王になる可能性が、かなりあります」

 もちろんこの交換トレードには、巨人にもメリットがある。里崎氏は高橋、泉の両投手にとって「環境を変えることに意義がある」とした上で、現役ドラフトソフトバンクから阪神に移籍し、大ブレイクした大竹耕太郎に着目。12勝2敗、貯金10の大活躍を見せたが、高橋には大竹に通じるひとつの目安があるという。

「2軍で防御率1点台の選手っていうのは、1軍で活躍する可能性が高いというデータがあります。第2の大竹選手にジャイアンツでなる可能性が…かなりの高確率でなるんじゃないかと思います」

 今季の高橋は2軍で21試合に登板し、7勝1敗1セーブ防御率1.24だった。巨人、ソフトバンク双方がホクホクとなるか。

(所ひで/ユーチューブライター

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【電撃トレードの巨人・ウォーカーは来季「本塁打王になる可能性大」の根拠】の続きを読む

walker_ky

高木豊

福岡ソフトバンクホークス高橋礼投手、泉圭輔投手と、読売ジャイアンツアダム・ウォーカー選手の2対1のトレードを両球団が合意したと6日、報じられた。これを受け、X(旧・ツイッター)では、来季よりソフトバンクの3軍ファーム投手コーチを務めることが発表された牧田和久氏の役割への疑問の声も。

プロ野球選手で野球解説者高木豊氏は、巨人・阿部慎之助監督の狙いについて解説している。

 

■牧田氏のコーチ就任で復活に期待も…

牧田氏は現役時代、地面すれすれの位置からの下手投げで多彩な球種を使い分け、先発、中継ぎ、抑えと幅広い役割をこなして通算55勝をマーク。近年ではトップクラスに活躍したアンダースロー投手として知られている。

高橋投手は2017年ドラフト2位でソフトバンクに入団し、2019年には12勝をマークして新人王を獲得するも、その後は目立った活躍がなかった。高橋投手は以前から自身の手本として牧田氏の名前を挙げていたこともあり、その牧田氏のコーチ就任に、ファンからは「来年復活してくれ」などと期待の声があがっていた。

 

関連記事:大谷翔平とダルビッシュがショートアームにした理由は… 元西武投手が独自分析

■「どうして」驚きの声

そんな中での突然のトレード報道に、Xでは「牧田コーチ」や「高橋礼と泉」などがトレンド入り。

ファンからは「高橋礼トレードって何のための牧田コーチなんや?」「髙橋礼1人だけのために牧田コーチを呼んだわけではなかろうけど、牧田コーチ就任で高橋礼が覚醒するのを期待していたんだよ」「牧田コーチにいろいろ聞くんじゃなかったのか。どうしてだ」と驚きや疑問の声があがった。

また、「せっかく牧田コーチ雇ったのに礼放出するの? 泉も移籍って、誰を現役ドラフトに出すの?」「高橋礼現役ドラフトで出るかと思ってた」「現役ドラフトで狙い目かと思いきや」といった意見もみられた。

 

関連記事:徳光和夫、巨人・阿部慎之助新監督のコーチ人事に期待 「はっきり物を言える人が…」

■阿部監督が「めちゃくちゃ速かった」

このトレードについて、高木氏がきょう6日あさに更新した公式YouTubeチャンネル高木豊 Takagi Yutaka』で言及。

巨人の阿部監督について、「速かったピッチャーは誰だとかいろいろ聞いたけど、『高橋礼っていうのが、日本シリーズで当たったときにめちゃくちゃ速かった』って言うんだよね。だからやっぱりそういう印象が残っているんだろうね」と明かし、「そういうことをもう1回再現させたいって思っているのかなというふうに感じる」と推測する。

 

関連記事:中日・片岡篤史ヘッドは「立浪和義監督を孤立させない」 高木豊氏が期待

■監督同士の“よしみ”も?

さらに、「(阿部監督は)高橋礼って、先発もできれば中継ぎもできるって考えてると思う。1人、2人変則がいることによって“1人1殺”でいけるというか、右、左でポンポン変えていけるとか、そういう狙いがあるのかな」と述べる。

また、「ウォーカー1人で2人を取れたっていうのはすごく大きなこと」と話し、阿部監督と、ソフトバンク小久保裕紀監督がともに巨人でプレーしていたことから、「監督同士が昔のよしみっていうのは必ずあるし、そういう意味では(トレードを)やりやすかったのかな」とも語っていた。


関連記事:原辰徳監督の巨人がFAで獲得するべき3人の左腕は…高橋尚成氏が独自分析

■阿部監督の狙いとは

ソフトバンク高橋礼&泉圭輔、巨人ウォーカーとトレードで抱く“疑問” 高木豊氏は狙いを解説


(出典 news.nicovideo.jp)

高木 (たかぎ ゆたか、1958年〈昭和33年〉10月22日 - )は、山口県防府市出身(山口市生まれ)の元プロ野球選手(内野手、外野手)・コーチ、解説者・評論家、YouTuber、タレント。 山口県山口市で生まれる。父親の仕事の都合で転居が多く、福岡県→鹿児島県→愛媛県大洲市→福岡県→北海道帯広…
37キロバイト (4,448 語) - 2023年10月15日 (日) 13:52



<このニュースへのネットの反応>

【ソフトバンク高橋礼&泉圭輔、巨人ウォーカーとトレードで抱く“疑問” 】の続きを読む

https3A2F2Fimgix-proxy.n8s.jp2FDSXZQO3556497005072023000000-1
藤浪 晋太郎(ふじなみ しんたろう、1994年4月12日 - )は、大阪府堺市南区出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLBのボルチモア・オリオールズ所属。少年野球時代から頭角を現し、高校野球時代にその才能が開花。プロ入り後も活躍を続けたが、四年目以降からは長いスランプに陥った。2023年にメジャー移籍。…
122キロバイト (17,360 語) - 2023年7月20日 (木) 05:26




【藤浪晋太郎、オリオールズへ電撃トレード!】の続きを読む

このページのトップヘ