#ドラフト1位

araki

1980年早稲田実業に入学し甲子園球場で「大ちゃんフィーバー」を巻き起こしプロで13年間、選手として活躍した荒木大輔氏が岡崎郁氏のYouTube公式チャンネルに出演。ドラフト1位指名を受けヤクルトスワローズに入団した経緯を赤裸々に語っている。

「あの時は早稲田大学に進みたい一心でした。プロでやれる自信はまったくなかったんです。僕の中では、たとえプロに行けなかったとしても好きな野球を長く続けることが理想でした」

荒木氏は、そう話して続ける。
ヤクルトと巨人から(1位で)指名して頂いたのですが、その直後の記者会見ではあたり障りのないことを言いながら『どうやって断ろうか』と考えていました」

プロ志望届制度もない時代、強行指名をされた荒木氏の心境はいかに?
その後にヤクルトの当時のオーナー、松園直己氏が自宅にまで訪れ説得されたという。その経緯が興味深い。

アスリートアカデミア岡崎郁 公式チャンネル】『【vol.5】ドラフト1位指名を受けて早大入りを断念 / 洗濯から晩酌の手伝いまで球団別の特殊な慣習に驚愕』では、荒木大輔氏のヤクルト入団経緯、さらに入団直後の知られざるエピソードも明かされている。

▼【vol.5】ドラフト1位指名を受けて早大入りを断念 / 洗濯から晩酌の手伝いまで球団別の特殊な慣習に驚愕

MN ワーク&ライフ編集部 この著者の記事一覧はこちら
(MN ワーク&ライフ編集部)

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

荒木 大輔(あらき だいすけ、1964年5月6日 - )は、東京都調布市出身の元プロ野球選手(投手、右投右打)、プロ野球コーチ、野球解説者、野球評論家、YouTuber。 妻は元女優・モデルの相田寿美緒。 甘いルックスから高校野球時代にアイドル的人気を誇り、空前の「大ちゃんフィーバー」を巻き起こした。…
26キロバイト (3,049 語) - 2024年2月4日 (日) 17:15



<このニュースへのネットの反応>

【甲子園の星・荒木大輔41年目の真実─。「本当はヤクルトに入団したくなかった」】の続きを読む

mizunokatsuhito

大勢

読売ジャイアンツ水野雄仁スカウト部長が槙原寛己氏のYouTubeに出演。大勢投手をドラフト1位指名した際のエピソードを語った。

 

■水野氏がゲスト出演

水野氏はスカウト業の苦労を語ったのち「昨年は浅野君をドラフト1位でとって、2位に萩尾、3位田中千春、4位門脇、5位船迫、育成1位が松井颯。この6人全員が1軍に行って、このたび11月の納会で社長からスカウト部表彰、金賞をいただきました」と胸を張る。

槙原氏が「しゃべりながら威張っているなと思った」とツッコミを入れると「威張りだすと、絶対失敗する年が来るんです」と水野氏は笑う。

そんな水野氏に槙原氏は「そのまえに大勢をとったじゃない。巨人ファンとしては『翁田って誰だ』ってシーンとなったもんね」と大勢投手の獲得に言及した。

 

関連記事:読売ジャイアンツが叩かれやすい理由は… 槙原寛己氏が持論「FAや逆指名で…」

■シーズンが始まるまでボロカスに

水野氏は「シーズンが始まるまでボロカスに言われてました、誰だという。槙さんもそう思っていたでしょ」と告白。

槙原氏が「開幕で見たときに、こんな球を投げるんだと思った」と話すと、水野氏は「西武に行った隅田を指名して外れて、翁田大勢に行こうと。 原監督に相談して『良いですか?』と。そうしたら『大丈夫か?』といわれて」と明かす 。

そして「阪神リーグで2勝しかしてないんですよ、4年間で。原監督に『お前大丈夫か?』と言われて、『球はえげつないです 』と。それでも『大丈夫か?』となるじゃないですか。原監督が納得してくれたというのが凄かったですよ」と原辰徳前監督の決断を称賛した。

 

関連記事:徳光和夫、阿部慎之助監督のドラフト抽選勝利に喜び 「新庄さんに勝った」

■門脇選手は柏田スカウトが発掘

その後、槙原氏が「やっぱりスカウトは自分が指名した選手が活躍すると嬉しいものなの?」と質問する。

水野氏は「担当のスカウトがやっぱり1番嬉しいですね。僕は全体を見ていくので、僕の担当はいないんですよ。全員が担当みたいな形になるんで 」とコメント

話を聞いた槙原氏が「じゃあ今回門脇は?」と質問すると「あれは柏田スカウトですよ。もっともっと柏田を評価してほしいですよね」と訴え、門脇誠選手を獲得した裏話を語っていた。

 

関連記事:高橋由伸氏、巨人が勝てない理由を独自分析 「ドラフト制度が変わって…」

■大勢投手は新人王を獲得

大勢投手はアマチュア時代、阪神大学野球連盟の関西国際大学でプレー。スカウトの間では実力を高く評価されていたが、水野氏によるとスカウト部は「ボロカス」に言われていたとのこと。

指名に批判があったという大勢投手だが1年目に37セーブをあげ新人王を獲得。今年はWBCに参加したこともありフルシーズンの活躍はできなかったものの、14セーブを記録した。


関連記事:大谷翔平か藤浪晋太郎か…“ドラフト裏話”を元阪神・伝説のスカウトが明かす 「野球ファンとしてはたまらない話」

■水野氏が大勢投手ドラフト指名の裏話を告白

大勢のドラフト1位指名で「ボロカスに言われた」 巨人・水野雄仁スカウト部長が裏話を告白


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【大勢のドラフト1位指名で「ボロカスに言われた」 巨人・水野雄仁スカウト部長が裏話を告白】の続きを読む

shimomura

 明治神宮野球大会・大学の部の決勝が11月20日神宮球場で行われ、大学4冠を狙った青学大(東都)は慶大(東京六大学)に0-2で敗れた。

 阪神からドラフト1位指名を受けた下村海翔投手は、6回から2番手で登板。2回1/3を投げ無安打ながら2四球2失点でチームは敗戦。大学最後のマウンドだっただけに、試合後は悔し涙を流していた。

 下村は「何年後かに、この経験があったからこそ、こういう選手になれたと言えるように、この悔しさを乗り越えていきたいです」とプロでの雪辱を誓っていたが、21日放送の「おはよう朝日です」(ABCテレビ)に出演した阪神OBの福留孝介氏は、下村が来季阪神の先発ローテに加わることに期待を寄せていた。

 下村といえば、阪神岡田彰布監督が「カットボールがエグい」と評価していた。しかし、この試合の映像のカットボールを見た福留氏は、

「ちょっと曲がりが早い。プロに行ったとき、外のボールを振ってくれずに(バットを)止められると、(アウト)カウントが増えなくなってくる」

 と問題点を指摘。ただ、プロで下半身が鍛えられ、粘ってボールリリースできようになれば変わってくると付け加えた。

「これだけの武器があって何でも器用にこなせるので、先発陣はしっかりしていますけどそこに十分に割って入れる」

 と来季の活躍に期待していた福留氏。すでに課題は見えているだけに、開幕1軍を目指して欲しいものだ。

(鈴木十朗)

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【阪神ドラ1・下村海翔「号泣敗戦投球」で露呈した「カットボール」の未熟度】の続きを読む

nishidate

巨人に1位指名された西舘の実力をラミレス氏は評価している(C)NorifumiNISHIO

 10月26日ドラフト会議ではドラマが待っていた。今年は有望な大学生投手が多く、豊作と言われていた通り、1位指名は再抽選を含めて史上最多となる7人が競合。12球団中8球団が1位に大学生投手を指名するという異例の事態となった。

【関連記事】【ドラフト】巨人・阿部監督 大仕事!〝大谷二世〟を引き当て笑顔


 来シーズンは新人投手が躍動するシーンが頻繁に見られそうだが、実際に野球解説者の目には今年のドラフト会議はどのように映ったのだろうか。現役時代にヤクルトや巨人などで活躍したアレックス・ラミレス氏が自身のYouTubeチャンネルを更新。今年のドラフトで活躍必至の選手の名前を挙げた。

 ラミレス氏は「ダントツで西舘。彼は本当に良いピッチャーだと思います」と巨人が1位指名した中央大の西舘勇陽の名前を口にする。続けて、「来年15勝ぐらい、ローテーションを守れれば」「新人王を取るだけの能力が間違いなくある。彼は近い将来エースピッチャーになる」と絶賛。

 西舘は力強いストレートスライダーが武器で、長いイニングを投げられるスタミナも備えている。同氏は「彼の加入によってジャイアンツは、怪我さえなければガラッと変わるくらい、チームを変える能力を持っている」と称え、好成績をマークするだけではなく、チームの雰囲気にも影響を与えるほどの存在になると予想した。


 巨人は今シーズンリリーフ陣が精彩を欠くケースが目立っており、一時期は“魔の8回”と揶揄されていた。リリーフ陣が手薄なため、西舘を後ろに回す起用法も考えられるが、「クローザーとかリリーフじゃなくて先発でいくべき」と言い切っている。

 西舘の大学4年生のシーズンを振り返ると、春季リーグ戦はリーグ2位の57回3分の2、秋季リーグ戦でもリーグ2位の57回を投げている。粒ぞろいの東都1部リーグの投手の中でも、多くのイニングを投げているため、ラミレス氏が指摘する通りスタミナは十分だ。

 西舘が長いイニングを投げることで、リリーフ陣の負担を減らせる可能性は高い。西舘が先発として巨人を常勝軍団に導くかもしれない。


[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【ラミちゃんねるの当該動画はこちら/https://www.youtube.com/watch?v=OmO1AxV6lcw&t=4s


巨人ドラ1の西舘勇陽を球界OBが絶賛!「新人王を取るだけの能力がある」


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【巨人ドラ1の西舘勇陽を球界OBが絶賛!】の続きを読む

20210812_takahashi_ay

プロ野球選手で野球解説者里崎智也氏が6月28日YouTubeチャンネルSatozaki Channel』に出演。動画「【巨人トレード候補】『使わないならトレードに出した方がいい!』ドラフト1位のあの選手を放出か!? 里崎が考える“リリーフを補強するために”トレードに出す選手とは?」内で、“トレードに出した方がいい”と思う巨人の選手を明かした。

チャンネルでは今回、里崎氏が“トレードに出してあげた方がいい”と思う選手について語る企画を実施。その初回となる巨人編の動画で、里崎氏が最初に名前を挙げたのが、2018年ドラフト1位・高橋優貴だった。

里崎氏は「俺はまだね、高橋優貴イケると思うんだよ。イケると思うけど、もう巨人ではチャンスないと思うの」と予想。その理由として、「だって菅野(智之)も復帰してきて、戸郷(翔征)がいて、横川(凱)、山崎伊織、(ヨアンダー・)メンデスいるし、赤星(優志)とかも投げるし、(フォスター・)グリフィンもいる。チャンスがないと思うの」と説明した。

また、高橋の課題についても言及。「チェンジアップの制球力が悪い。ここさえしっかりしたらいい形でイケると思うから環境変えよう」と持論を述べていた。

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

リーズ優勝に貢献。2006年のWBCでは正捕手として日本代表に貢献している。 戸籍上の本名は智也。自身は20歳になるまでこの事を知らなかった。ただし、「﨑」の字を使うと字画が一つ多くなるため、本人は「」の字を一生使い続けていく予定だという。 鳴門市大津西小学校2年生の時に野球を始め、鳴門市第…
51キロバイト (5,867 語) - 2023年6月5日 (月) 14:38



<このニュースへのネットの反応>

【里崎智也氏、ドラ1投手にトレードのススメ「もう巨人ではチャンスないと思う」】の続きを読む

このページのトップヘ