#ベストナイン

matuzaka

松坂大輔

プロ野球選手で野球解説者松坂大輔氏が15日、自身のYouTubeチャンネル松坂大輔 Official YouTube』を更新。“松坂少年”の目線で選んだ読売ジャイアンツベストナインを発表した。

【動画】“松坂少年”が選んだ巨人ベストナイン


■少年時代に憧れた三塁手

少年時代は、大のジャイアンツファンだった松坂氏。今回は、野球を始めた1989年からプロ入りするまでの10年間で活躍していた巨人の選手の中からベストナインを選ぶことに。

代打は大久保博元氏で、捕手は村田真一氏、一塁手駒田徳広氏、二塁手篠塚利夫(和典)氏、遊撃手川相昌弘氏。三塁手は「原辰徳」と即答する。

本塁打後の豪快なバット投げをまねするほど憧れていて「1番最初に買ったのは原モデルバット」と明かした。


関連記事:松坂大輔氏、WBC日本の対戦相手を心配 「右側で守ってる選手ですよね」

■1年目から強烈な印象「打ち方も格好よかった」

続いて外野手部門。まず名前が挙がったのはゴジラこと松井秀喜氏。ここからウォーレン・クロマティ氏、清水隆行氏、高橋由伸氏、緒方耕一氏と候補を並べていく。

悩みに悩んだ末、「球場に行って応援歌も歌ってました。下敷きも持ってました」「足速い=かっこいいみたいなところもあった」と緒方氏を、「強烈なイメージを残したルーキーシーズン。打ち方も格好よかった。憧れていた部分は守備。投げ方とかまねした」と高橋氏を選出した。


■「ジャイアンツっぽくない」先発投手は…

そして、注目の投手部門。斎藤雅樹氏と桑田真澄氏、「ザ外国人。荒々しい感じがジャイアンツっぽくない」とバルビーノ・ガルベス氏を先発投手3人として選ぶ。

中継ぎは橋本清氏、抑えは先発として活躍しながら通算59セーブを記録した槙原寛己氏をチョイスし、これで完成。ベストナインを振り返った松坂氏は「実際にこれでチームが組めたら素晴らしいんじゃないですか」と満足げだった。

■“松坂少年”が選んだ巨人ベストナイン


・合わせて読みたい→松坂大輔氏、始球式でマウンドに上がらなかった理由とは ファンは「さすが」

(文/Sirabee 編集部・RT

松坂大輔氏が選ぶ巨人ベストナイン 「ジャイアンツっぽくない」先発投手は…


(出典 news.nicovideo.jp)

松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年9月13日 - )は、東京都江東区出身(出生地は青森県青森市)の元プロ野球選手(投手)。右投右打。野球解説者・野球評論家・YouTuber。愛称は「平成の怪物」。 横浜高校時代はエースとして1998年春・夏の甲子園連覇を達成し、同年のドラフト会議で西武ライ…
160キロバイト (21,219 語) - 2023年7月1日 (土) 17:30



<このニュースへのネットの反応>

【松坂大輔氏が選ぶ巨人ベストナイン 】の続きを読む

55_mastui-hideki

松井秀喜

プロ野球大リーグで活躍した“ゴジラ”こと松井秀喜氏が23日、上原浩治氏の公式YouTubeチャンネル上原浩治の雑談魂』に出演。プロ野球ベストナインを発表した。

【動画】友情枠から2人選出


■企画内容急きょ変更

一塁手王貞治氏、三塁手長嶋茂雄氏、投手・金田正一氏、などと迷うことなく挙げていった松井氏。しかし、プロ野球の歴史を考えると選手数も多く、他のポジションは1人に絞り切れず。

そこで急きょ変更。松井氏が巨人に在籍していた1993年2002年までの10年間で現役だった選手から選ぶことに。


関連記事:松井秀喜氏、敵わないと思った強打者を告白 「あの2人は抜けてるなと」

■悩みに悩んだ外野手は…

外野手では、まずイチロー氏の名前を口に。そこから悩みに悩んだ末、前田智徳氏と「巨人つながりで」高橋由伸氏を選んだ。

遊撃手松井稼頭央氏、二塁手ロバート・ローズ氏、三塁手中村紀洋氏と、内野陣も攻守揃った名プレイヤーが目立つ。一塁手ロベルト・ペタジーニ氏、清原和博氏、落合博満氏の3人で迷い、最終的に落合氏を選出。

捕手は古田敦也氏で「強いヤクルトの象徴だった。打てるキャッチャーだったし、肩も強かった」と評した。


■「打った記憶がない」抑え投手

投手は先発、中継ぎ、抑えから1人ずつチョイスする。

エースと思った。安心感。試合を壊さない」と先発は斎藤雅樹氏、抑えは「打てなかった。打った記憶がない」と完全に封じ込められた佐々木主浩氏。そして中継ぎは、同チャンネル開設者の元巨人・上原氏だった。

最後にベストナインメンバーを振り返った松井氏は「友情枠が2人」と、高橋氏と上原氏の選出を笑いを交えながら語った。

■友情枠から2人選出


・合わせて読みたい→上原浩治氏、敗戦ヤクルト・マクガフ投手の心理を分析 「同点になったとき…」

(文/Sirabee 編集部・RT

松井秀喜氏、プロ野球最強のベストナイン選ぶ 悩みに悩んだ外野手3人は…


(出典 news.nicovideo.jp)

松井 秀喜(まつい ひでき、1974年6月12日 - )は、石川県能美郡根上町(現在の能美市)出身の元プロ野球選手(外野手)。右投左打。現役引退後はMLBのニューヨーク・ヤンキースでGM特別アドバイザーを務める。愛称は「GODZILLA」または「ゴジラ松井」。…
316キロバイト (45,220 語) - 2023年1月23日 (月) 23:13


条件付き

<このニュースへのネットの反応>

【松井秀喜氏が選ぶプロ野球最強のベストナインがコチラ!】の続きを読む

news_20220914124210-thumb-645xauto-232953

 セ、パ両リーグは24日、ベストナインを発表した。

 全国の新聞、通信、放送各社に所属し、プロ野球取材経験5年以上の記者投票により選出されるベストナインセ・リーグを見ると、球団別では、2年連続でリーグ制覇したヤクルトから村上、中村、オスナの3人が選ばれる一方で、4位に終わった巨人からは選出ゼロとなった。巨人のベストナイン選出ゼロは2015年以来、7年ぶり。


【関連記事】「チームメートみんなが認める4番が必要」 阪神・岡田監督が新4番に求める条件とは


 さらに今回のベストナイン選出で注目を集めたのは「ベストナイン常連メンバーである坂本が外れたことです。今季は故障離脱を繰り返すなど苦しいシーズンとなったが、確実に球界にも世代交代の波が押し寄せてきています」(放送関係者)

 今年のベストナイン遊撃手部門は、阪神の中野拓夢内野手(26)が初受賞した。昨年まで同部門で4年連続7度目の受賞を果たしていた坂本勇人内野手(33)、球界屈指のショートストップも今季は苦しんだ。開幕前に脇腹を痛めたことを加えれば、シーズン3度の故障離脱、特に4月にはプレー中の動きで故障したことで本人もショックを受けたという。今季は83試合に出場し、打率・286、5本塁打、33打点。遊撃としてレギュラー定着して以来、最少の試合出場にとどまった。

 34歳でシーズンを迎える来季に関しては、今オフも自主的に秋季キャンプに参加するなど、巻返しを誓っている。

 一方、今回の選出では巨人の選手で100票以上を獲得したのは外野手のみ(101票)と寂しさを感じさせる結果となった。

 この結果にはこういった声も上がる。

 「巨人が今季4位と低迷したことが1番、今回の結果には響いている。また来季、V奪回となれば、ベストナインに選ばれる選手も多くなるでしょう」(同)


 2年連続V逸、世代交代の必要性もいわれる中、再度のチーム構築に励んでいる巨人。来季はフレッシュな顔ぶれがベストナインに並ぶか。注目のシーズンとなりそうだ。

ベストナイン
セ・リーグ

(投手)
青柳晃洋(神)初受賞

(捕手)
中村悠平(ヤ)2年連続3度目

一塁手
ホセ・オスナ(ヤ)初受賞

二塁手
牧秀悟(De)初受賞

三塁手
村上宗隆(ヤ)2年連続2度目(一塁手で1度受賞)

遊撃手
中野拓夢(神)初受賞

外野手
近本光司(神)2年連続2度目
佐野恵太(De)2年ぶり2度目
岡林勇希(中)初受賞


パ・リーグ
(投手)
山本由伸(オ)2年連続2度目

(捕手)
甲斐拓也(ソ)2年ぶり3度目

一塁手
山川穂高(西)3年ぶり3度目

二塁手
浅村栄斗(楽)2年ぶり6度目

三塁手
宗佑磨(オ)2年連続2度目

遊撃手
今宮健太(ソ)5年ぶり3度目

外野手
松本剛(日)初受賞
柳田悠岐(ソ)3年連続7度目
島内宏明(楽)初受賞

指名打者
吉田正尚(オ)初受賞
外野手で4度獲得)

[文/構成:ココカラネクスト編集部]


プロ野球ベストナイン 7年ぶり「巨人選出ゼロ」で浮き彫りになる「地盤沈下」の深刻ぶり


(出典 news.nicovideo.jp)

坂本 勇人(さかもと はやと、1988年12月14日 - )は、兵庫県伊丹市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 2021年開催の2020年東京五輪野球競技金メダリスト。 2016年にセントラル・リーグの遊撃手としては史上初となる首位打者を獲得。2020年には右打者として…
96キロバイト (11,820 語) - 2022年11月6日 (日) 08:58


さすがに0は寂しい・・・

<このニュースへのネットの反応>

【プロ野球ベストナイン 7年ぶり「巨人選出ゼロ」で浮き彫りになる「地盤沈下」の深刻ぶり】の続きを読む

Shuhei_Fukuda_Chiba_Lotte_Marines_20220514

 これまでソフトバンク(2007-2019)、ロッテ(2020-)でプレーし、今季までに「782試合・.228・29本・145打点」といった通算成績を残しているプロ16年目・33歳の福田秀平日本プロ野球機構(NPB)が24日に発表したベストナインで1票を獲得していたことがネット上で物議を醸している。

 ベストナインは全国の新聞、通信、放送各社に所属し、5年以上プロ野球を担当している記者投票により受賞者が選ばれる。今年の投票結果は24日にNPB公式サイト上で発表されたが、福田はパ・リーグ外野手部門で1票を獲得していた。

 ただ、今季の福田は8月下旬に左肩関節前方脱臼を負い今季絶望となった影響もあり一軍出場はわずか20試合。成績も「.171・0本・4打点・7安打」と打率1割台にとどまるなど、ベストとは到底言えないような数字に終わっている。

 >>ロッテ・福田に「何度やれば気が済むのか」呆れ声も 来季に早くも黄信号? 右肩手術発表が物議<<

 福田のベストナイン票獲得を受け、ネット上には「福田に票を入れた奴はふざけてるのか」、「出場試合も成績も全く伴ってない福田に投票は馬鹿にしてるだろ」、「誰が誰に票入れようが自由とはいえ、今回の福田に関しては本当に謎すぎる」、「訳わからん票を入れられた福田にとっても迷惑な話だ」、「こういうおふざけ票があると賞自体の価値も下がりかねないから本当にやめてほしい」といった呆れ声が寄せられた。

 多くのファンからひんしゅくを買っている福田の得票だが、一部からは「決死のダイビングが相当なインパクトだったのでは」という指摘も上がっている。福田は8月24日・西武戦7回表無死一塁の場面で、右翼後方に上がった大飛球をフェンスに激突・転倒しながらキャッチ。さらに、カバーに入った中堅・高部瑛斗に転倒した状態で返球し、結果二塁タッチアップを狙った一塁走者もアウトとした。福田はこのプレーで今季絶望の左肩脱臼を負ったが、投票者は故障と引き換えにチームピンチを救ったインパクトから1票を投じたのではという見方も少なからずあるようだ。

 ベストナイン投票では1票だけ票を獲得する選手は毎年少なからず出ており、今年はセ・パ合わせて29名の選手に1票だけが入っている。福田は右肩甲骨の亀裂骨折(2020-2021)、右恥骨筋損傷(2020)、左肩関節脱臼(2022)と故障が続く影響もあり、ここ3年は「86試合・.202・5本・25打点」とほとんど稼働できていないことから他選手以上に物議を醸した面もあるが、来季は自他共に認める活躍を見せることはできるだろうか。

文 / 柴田雅人

記事内の引用について
NPB公式サイトより
https://npb.jp/

画像はイメージです


(出典 news.nicovideo.jp)

福田 秀平(ふくだ しゅうへい、1989年2月10日 - )は、神奈川県横浜市緑区(現:青葉区)出身のプロ野球選手(外野手、内野手)。右投左打。千葉ロッテマリーンズ所属。 1989年2月10日に神奈川県横浜市で生まれた。3歳から水泳を始め、10歳の時に背泳ぎ部門でジュニアオリンピック代表候補になる…
71キロバイト (9,454 語) - 2022年11月12日 (土) 17:22


真面目に投票してください

<このニュースへのネットの反応>

【ベストナイン、ロッテ・福田に1票で「馬鹿にしてるのか」ファン激怒 !】の続きを読む

20220720-37201460-nksports-000-4-view

Gから0は寂しい・・・

【ベストナイン発表 最多得票はヤクルト村上宗隆の298票、巨人からは選出されず】の続きを読む

このページのトップヘ