#ラミレス

satou

  • 好調を維持する佐藤のバッティングをラミレス氏は称えた(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

     この男の快音が“球春到来”を告げた。

     プロ野球2月23日よりオープン戦が開幕。昨季、38年振りの日本一に輝いた阪神が巨人と対戦し、今季も優勝争いを演じるであろう両球団により、熱戦が繰り広げられた。

     その中で一際、スタンドのファンを沸かせたのが、3回に飛び出した阪神・佐藤輝明本塁打だった。この日の第二打席の初球、内角の速球を完璧に捕らえ、豪快にライトスタンドへと運んだ。

    【動画】「この飛距離はヤバい」オープン戦で佐藤輝明が特大弾!ファンも驚愕した豪快2ランの映像


     プロ4シーズン目の今季は真の主砲としての飛躍へ大きな期待が寄せられている。昨年12月にはアメリカ・シアトルのトレーニング施設でバッティングフォームのチェックなどを行なったことが伝えられた。新たなシーズンへ懸ける並々ならぬ意欲はファンも感じ取っている。

     昨季はチームの日本一にも貢献したものの、途中に2軍降格も経験するなど好不調の波も大きかった。もちろん、今季はより安定したパフォーマンスで、チームを牽引する存在になることを阪神ファンや関係者は求めている。

     そして、はやくも佐藤のバッティングの変化を指摘し、さらなる飛躍を予想する大物OBの声も伝えられている。

    「今年は去年の成績を超えてくるだろう」

     そう語るのは、ヤクルト、巨人、DeNAで活躍し、球界随一の強打者として知られたアレックス・ラミレス氏だ。YouTubeチャンネル『ラミちゃんねる』を2月23日に更新し、今季の佐藤のバッティングについて見解を述べている。


     ラミレス氏は「オフのアメリカでのトレーニングや春季キャンプで自分のスイングを確立したようだ。とても向上したように見える」と評しており、昨季との違いに言及。「去年は、構えた時のバットの位置が身体から離れていて、それによりスイングが大回りになっていた」と振り返っており、その一方で、「今年はバットが身体に近い位置にあり、少し下げて構えており、コンパクトなスイングになっている」と分析している。

     その上で、「バットコントロールがしやすくなり、ボールをより捉えることができるので、おそらく三振は20~30個は減り、ヒットや本塁打は増えるだろう」と見込んでおり、「3割30本100打点、それ以上も夢ではない」と語っている。

     さらに、ラミレス氏は「長く4番を務めるだけのポテンシャルを持っている」と称えながら、「例えるなら金本知憲選手のようなタイプの打者になる素質がある」と球団レジェンドの名前を挙げ、佐藤のスキルの高さを強調した。

     ラミレス氏は他にも、「佐藤選手が素晴らしい数字を残せば、阪神の連覇もみえてくるだろう」として、「今年はリーグトップ3の打者へと成長を遂げるだろう」と新シーズンへ大きな期待を寄せた。

     佐藤の持ち味である長打力は多くのファンを惹き付け、阪神の“顔”として誰よりも高いスター性も持ち合わせている。球界内からも絶賛されるその素質はいよいよ今季、本格開花となるだろうか。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]

    【ラミちゃんねるの当該動画はこちら/https://www.youtube.com/watch?v=h0dGoy0IlBw


  • 阪神連覇のキーマン 佐藤輝明の”変貌ぶり”を大物OBが指摘!今季は「トップ3の打者へと成長を遂げるだろう」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    佐藤 輝明(さとう てるあき、1999年3月13日 - )は、兵庫県西宮市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投左打。阪神タイガース所属。 実父は柔道家・関西学院大学人間福祉学部准教授の佐藤博信。 NPBにおける、新人左打者最多本塁打記録保持者(24本)。また、NPB史上唯一の、左打者の新人から3年連続20本塁打達成者。…
    69キロバイト (9,261 語) - 2024年2月25日 (日) 03:43



    <このニュースへのネットの反応>

    【阪神連覇のキーマン 佐藤輝明の”変貌ぶり”を大物OBが指摘!】の続きを読む

    imanaga

    プロ野球選手で野球解説者アレックス・ラミレス氏が13日、YouTubeチャンネル『[ラミレス公式]ラミちゃんねる』で公開された動画「【メジャー挑戦】今永が元監督ラミレスに打ち明けた今永らしい心配事とは? カブスでの成績も予想! ラミレスがドラ1指名した愛弟子今永の魅力を語り尽くす」に出演。メジャー移籍した今永昇太の成績を予想した。

    ○■おそらく10勝以上することも可能

    チャンネルでは今回、今月11日にシカゴ・カブスとの契約が正式に発表された今永について語る企画を実施。カブスについて、ラミレス氏は「メジャー屈指のチームだよね!」といい、「その証拠に、昨年のメジャー全体の平均防御率は4.33。カブスチーム防御率は4.08でとても良かった」「カブスは打線もよく、メジャー全体の平均打率は.248だが、カブスチーム打率は.254だった」と説明。続けて、「ということは、今永をサポートしてくれるだろう。今永はチームトップクラスの先発になり得るだろう」と持論を述べた。

    さらに、具体的な成績についても「おそらく10勝以上することも可能だ。僕は今永が12勝はできると思っているよ!」と予想。「たぶん12勝9敗くらいの数字であれば、1年目としては非常にいい数字だよね。防御率も3点台であればとても良い」と期待を寄せていた。

    【編集部MEMO
    アレックス・ラミレス氏は、東京ヤクルトスワローズ読売ジャイアンツ横浜DeNAベイスターズなどで活躍した元プロ野球選手DeNA時代に日本通算2000安打を達成し、外国人選手では史上初の名球会入り。引退後はDeNAの監督も務めた。そのラミレス氏のYouTubeチャンネルである『[ラミレス公式]ラミちゃんねる』では、高橋由伸氏、清原和博氏、山本昌氏をはじめとする球界のレジェンドとの対談動画のほか、日本シリーズワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の解説動画も人気を集めている。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ラミレス氏、メジャー移籍した今永昇太の成績を予想】の続きを読む

    nishidate

    巨人に1位指名された西舘の実力をラミレス氏は評価している(C)NorifumiNISHIO

     10月26日ドラフト会議ではドラマが待っていた。今年は有望な大学生投手が多く、豊作と言われていた通り、1位指名は再抽選を含めて史上最多となる7人が競合。12球団中8球団が1位に大学生投手を指名するという異例の事態となった。

    【関連記事】【ドラフト】巨人・阿部監督 大仕事!〝大谷二世〟を引き当て笑顔


     来シーズンは新人投手が躍動するシーンが頻繁に見られそうだが、実際に野球解説者の目には今年のドラフト会議はどのように映ったのだろうか。現役時代にヤクルトや巨人などで活躍したアレックス・ラミレス氏が自身のYouTubeチャンネルを更新。今年のドラフトで活躍必至の選手の名前を挙げた。

     ラミレス氏は「ダントツで西舘。彼は本当に良いピッチャーだと思います」と巨人が1位指名した中央大の西舘勇陽の名前を口にする。続けて、「来年15勝ぐらい、ローテーションを守れれば」「新人王を取るだけの能力が間違いなくある。彼は近い将来エースピッチャーになる」と絶賛。

     西舘は力強いストレートスライダーが武器で、長いイニングを投げられるスタミナも備えている。同氏は「彼の加入によってジャイアンツは、怪我さえなければガラッと変わるくらい、チームを変える能力を持っている」と称え、好成績をマークするだけではなく、チームの雰囲気にも影響を与えるほどの存在になると予想した。


     巨人は今シーズンリリーフ陣が精彩を欠くケースが目立っており、一時期は“魔の8回”と揶揄されていた。リリーフ陣が手薄なため、西舘を後ろに回す起用法も考えられるが、「クローザーとかリリーフじゃなくて先発でいくべき」と言い切っている。

     西舘の大学4年生のシーズンを振り返ると、春季リーグ戦はリーグ2位の57回3分の2、秋季リーグ戦でもリーグ2位の57回を投げている。粒ぞろいの東都1部リーグの投手の中でも、多くのイニングを投げているため、ラミレス氏が指摘する通りスタミナは十分だ。

     西舘が長いイニングを投げることで、リリーフ陣の負担を減らせる可能性は高い。西舘が先発として巨人を常勝軍団に導くかもしれない。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]

    【ラミちゃんねるの当該動画はこちら/https://www.youtube.com/watch?v=OmO1AxV6lcw&t=4s


    巨人ドラ1の西舘勇陽を球界OBが絶賛!「新人王を取るだけの能力がある」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【巨人ドラ1の西舘勇陽を球界OBが絶賛!】の続きを読む

    rami

     前DeNA監督のアレックス・ラミレス氏の野球殿堂入り(プレーヤー部門)を祝う会が11月7日横浜市内のホテルで開催された。「殿堂入りのラミちゃんです。こんばんは」と日本語で挨拶し、持ち前のサービス精神満載のパーティーだった。

     会場にはラミレス氏が「(2016年に)DeNAの監督になるにあたって、その采配を大いに参考にさせてもらった」という巨人の原辰徳前監督ら、300人超が集まる盛大なものに。その原氏は「堂々として常にフラットに試合に臨む姿は私も勉強になった」と挨拶した。

     ラミレス氏が日本球界(NPB)でここまで上り詰められたのは、自身が持つ「聞く力」にほからない。01年にヤクルトへ入団。「米国・フロリダに購入した家のローンが完済できる契約だったので1年だけ日本に行こう」と思い立ち来日したのは有名な話だが、いざ開幕すると三振ばかりで全く打てなくなった。ヤクルト担当記者が振り返る。

    「(当時のヤクルト)若松(勉)監督が、引っ張らず右(ライト)へ打てと指導。古田(敦也)氏から日本の野球は投手ではなく捕手が配球を組み立てることを聞いたとたん打ち始めて、その年のヤクルト日本一に貢献しました。ヤクルトは当時、西武で活躍したカブレラを獲るつもりでしたが、明るい性格だったラミレスの入団に差し替えたんです」

     19年に日本へ帰化、外国人選手唯一の名球会野球殿堂入りを果たしたラミレス氏は現在、母国ベネズエラからコーヒーカカオなどの輸入業を営む会社を経営。そして名球会からは「国際本部長」という肩書きをもらっている。ちなみに原前監督の去就が騒がれ始めていた頃、「次の巨人の監督は阿部慎之助にすべきだ」と話していた。阿部巨人の組閣の際にラミレス打撃コーチの可能性もあった。まだ49歳。この日のパーティーを取材した巨人担当記者は、

    「本人的には巨人のユニフォームをもう1回着たいと思いは十分ありますよ」

     としている。

    (小田龍司)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「阿部推し」のラミレスが巨人のユニフォームを着る現実味】の続きを読む

    abe

    ラミレス氏は野球殿堂入りも果たした(C)CoCoKARAnext

     巨人10月4日に行われたDeNA戦(東京ドーム)で今季の全日程が終了。今季限りの退任が決まった原辰徳監督が試合を見守る中、先発の山崎伊織が2安打完封で節目の10勝目を飾り、試合を締めくくった。

    【動画】今季限りの退任が決まった原監督はシーズン最終戦を勝利で飾り、パンと手をたたいた


     今シーズンは71勝70敗(2分け)、勝率・504で終了。目指すCS切符にもあと一歩のところで手が届かず、4位に沈んだ。最終戦のセレモニーでは巨人史上初の捕手出身となる、阿部慎之助新監督の就任が正式に発表されるなど、すでに新体制に向け動き出した。

     常勝軍団の巨人にとって2年連続Bクラスに沈んだ事実は重い。来季は球団創設90周年を迎えるとあって、2020年以来のペナント奪回を目指して様々な方面で改革も求められそうだ。

     一方、阿部新監督を支える新生コーチ陣の布陣にも注目が高まっている。5日付の「スポーツ報知」には現役時代、阿部新監督との黄金バッテリーで知られた、元左腕エース内海哲也氏の招へいの可能性が報じられるなど、にわかに騒がしくなってきた。

     また阿部新監督との絆の深さといえば、巨人のレジェンドOBであり、今季野球殿堂入りを果たしたアレックス・ラミレス氏もいる。

     ラミレス氏はヤクルトで7シーズン活躍した後に2008年から巨人に移籍、08年のリーグ優勝、09年のチーム日本一に貢献、2010年にはキャリアハイとなる49本塁打マークするなど巨人の勝利に多くの貢献を果たした。


     当時強打の捕手としてチームを支えた阿部新監督とは「盟友」として知られ、ともに打撃論などを語り合った仲。今シーズンラミレス氏のYouTubeチャンネルに出演するなど、変わらぬ信頼関係を示していた。

     またラミレス氏といえば、DeNAの監督時代に当時プロ3年目の佐野恵太をいきなり4番に抜擢し、ブレイクさせた過去を持つ。独自の理論で様々な角度から選手の能力を分析、的確に見極める「目利き」としても知られるだけに、今後一人でも多くヤングジャイアンツの覚醒を目指すチームとしては、うってつけの人材とも見られる。

     仮に入閣すれば、そのチャーミングな人柄で重責を担う阿部新監督のプレッシャーを和らげる相談役としてもしっかり機能しそうだ。

     いずれにせよ、チームにとっては3年連続Bクラスの悪夢は何としても避けたいところ。「育成と勝利」を両立させる新内閣の顔ぶれはいかに?シーズンは終わったが、オフの主役の座は譲りそうにない。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    【巨人】V奪回を目指す阿部新監督を支える顔ぶれは? 注目集めるレジェンドOBの存在とは


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【巨人】V奪回を目指す阿部新監督を支える顔ぶれは?】の続きを読む

    このページのトップヘ