#中田翔

nakata

中日の中田翔が23日、YouTubeチャンネル『SUGIYA no YouTube 【杉谷拳士 公式】』で公開された動画「【ここだけで語る移籍の真相】ファイターズから巨人、そして中日へ。中田翔が考える野球人生の終わり方とは?【感謝感激雨嵐完結編】」に登場。巨人・坂本勇人について語った。

坂本勇人はすべてがスーパースター

中田の巨人時代を振り返るなか、杉谷拳士氏が「大将から見て、坂本勇人選手はどんな選手ですか?」と尋ねたことで、中田が約3シーズンにわたってチームメイトとして過ごした坂本の話題に。

杉谷氏の問いかけに、中田は「もう、スーパースターでしょ。振る舞い方からすべてがスーパースターだと思うよ」とコメント。杉谷氏が「練習の準備だったり……」とさらに深掘りして尋ねると、中田は「もちろんもちろん!」と即答しながら、「その辺もしっかりやってるし、練習もやる時は本当に『もう、そろそろ終わってたほうがいいんじゃないですか?』って俺らが言うぐらいやるしね」「毎日ウェイト場に行ってウェイトしたり、もちろん体のチェックをしたり。すごくしっかりしてるんだなと思った」と絶賛した。

このエピソードを聞き、杉谷氏が「だからあそこまでできるんですもんね」と感心すると、中田は「それもあると思う」としみじみと語っていた。

【編集部MEMO】
打点王3回(2014年、2016年、2020年)、ベストナイン5回(2013年、2014年、2015年、2016年、2020年)、ゴールデングラブ賞5回(2015年、2016年、2018年、2020年、2022年)などの実績を持つ中田翔。昨年11月15日読売ジャイアンツとの3年契約に盛り込まれていたオプトアウト権を行使して契約を破棄し、自由契約選手となることを選択。翌月6日に中日ドラゴンズと正式に契約し、入団会見に臨んだ。

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

中田 (なかた しょう、1989年4月22日 - )は、広島県広島市中区出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。 広島市立竹屋小学校3年から広島鯉城リトルで捕手として野球を始める。6年時に投手に転向。広島鯉城シニア時代は連盟記録となる通算51本塁打。広島市立国泰寺中学校…
139キロバイト (19,039 語) - 2024年2月26日 (月) 07:52



<このニュースへのネットの反応>

【中田翔、坂本勇人の印象語る】の続きを読む

nakata

中日の中田翔が23日、YouTubeチャンネル『SUGIYA no YouTube 【杉谷拳士 公式】』で公開された動画「【ここだけで語る移籍の真相】ファイターズから巨人、そして中日へ。中田翔が考える野球人生の終わり方とは?【感謝感激雨嵐完結編】」に登場。昨シーズンまで所属した巨人に対する思いを語った。

○巨人のファンについても語る

杉谷拳士氏が「改めてジャイアンツってどんなチームでした?」と尋ねると、中田は「まったく違う野球をしてるように感じたから、俺は。配球ひとつ、組み立てからすべてね」と前置きしながら、「でも俺は、ジャイアンツというチームはすごく好きよ」と回答。杉谷氏が「常に勝たなきゃいけないっていう……」と自身の印象を伝えると、中田は「そういうプレッシャーはみんなあっただろうね。ジャイアンツの選手は。俺も試合に出させてもらってる時はあったかもね」と振り返った。

また、杉谷氏の「ファイターズのファンの方々は温かい、人情深いという話がありましたが、ジャイアンツのファンはどうですか?」という問いには、「ジャイアンツのファンも一緒よ。すごく色々声かけてもらえた。『頑張れよ!』みたいな。それで俺はパワーを貰えたしね」としみじみ。

さらに、杉谷氏が「ファイターズの時は、一番注目される選手だった。ジャイアンツになった時に、坂本さんがいたり丸さんがいたり……」と続けると、中田は「俺はそれが良かったと思う。めちゃくちゃ楽だった」「試合出てても、『俺が打って試合決めなアカン』とか一切考えんでいいやんか」と明かしていた。

【編集部MEMO】
打点王3回(2014年、2016年、2020年)、ベストナイン5回(2013年、2014年、2015年、2016年、2020年)、ゴールデングラブ賞5回(2015年、2016年、2018年、2020年、2022年)などの実績を持つ中田翔。昨年11月15日読売ジャイアンツとの3年契約に盛り込まれていたオプトアウト権を行使して契約を破棄し、自由契約選手となることを選択。翌月6日に中日ドラゴンズと正式に契約し、入団会見に臨んだ。

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

中田 (なかた しょう、1989年4月22日 - )は、広島県広島市中区出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。 広島市立竹屋小学校3年から広島鯉城リトルで捕手として野球を始める。6年時に投手に転向。広島鯉城シニア時代は連盟記録となる通算51本塁打。広島市立国泰寺中学校…
139キロバイト (19,039 語) - 2024年2月12日 (月) 02:37



<このニュースへのネットの反応>

【中日・中田翔、巨人への思い語る】の続きを読む

nakata

 意外と詳らかにされていない一流プロ野球選手のお金の使い方。そんなニッチなニーズを満たす中田翔のYouTubeチャンネルが人気を集めている。

参考:【写真】後輩にプレゼントする太っ腹な一面も……価格が判明した中田翔の“代名詞”金のネックレス

 日ハム、巨人を経て、今シーズンから中日でプレーする中田の公式YouTubeチャンネルが始動したのは、2024年1月17日のことだ。自主トレーニングに密着するほか、1月31日に公開した動画では、巨人の秋広優人など複数の若手選手が帯同する自主トレの食費がすべて中田持ちで「100万円じゃきかんねん。200万円ぐらいちゃう?」と告白。知られざるプロ野球選手の自主トレにおける金銭事情を深堀した本動画の反響は大きく、2月27日時点で同チャンネルにおいて最大の再生回数となる44万再生をマークしている。

 そんな中田のチャンネルで今回、試合中に首元でキラリと輝きを放つ彼のトレードマークとも言えるあのアイテムの価格が明らかにされた。

 2月26日に公開した「中田翔 総額〇〇〇〇万円!?金の資産/撮影の裏側」と題した動画は、沖縄で実施されている中日の春季キャンプの最中に撮影されたものだ。YouTubeの撮影カメラが回る移動中の車内にて、中田の首元にはいつものように金色のネックレスが存在感を放っていた。このチャンネルの目的は、ファンに向けて普段なかなか見られない中田の素顔や情報を公開していくことにある。よって「今季の意気込みは?」などの定番の質問は、スポーツ新聞や野球雑誌の記者に任せておけばいいとばかりに、あえて避ける傾向にある。

 そんなわけで密着取材を行うYouTubeのカメラマンは「今首にぶら下がっているものの金額感を知りたい」と、他のインタビュアーが聞かないようなことを尋ねた。この日、中田が着用していたのは、2本の金のネックレス。1本は日ハム時代に愛用し、中日でも背負う背番号「6」を模った大きなヘッドが印象的なアイテムだ。このヘッドの値段について中田は「知り合いの紹介のところで作ったから、すごく安くしてもらって220万~30万くらい。本当だったら300万近くするんじゃないかな」と説く。さらに「チェーンだけで、こっちも安くしてもらって330万かな」というから、ヘッド+チェーンで一本550万円程度になることがわかった。もう一本のほうはヘッドが付いておらず、価格は150万円だという。つまりこの日は、2本で合計約700万円のネックレスを首に巻いていることになるわけだ。

 中田によると、所有するネックレスの本数は「30本、40本くらいあるんじゃない?」とのこと。さらにカメラマンが「金のネックレスも時計も財布とかも結構いっぱい私も見させてもらってきたんですけど、どんどん新しいのを購入されるじゃないですか? 古いやつはどうしてるんですか?」と聞くと、中田は「(家に)眠ってる」とする一方で、「たまに『ください』って言う後輩がいたらあげたりとか」と太っ腹な一面も垣間見せていた。

 こうして詳細が語られた中田翔が身に付けている金のネックレスの価格帯。次はどんなお金にまつわるトピックが紹介されるのか。今後も中田のYouTubeチャンネルから目が離せない。

(文=こじへい)

動画サムネイルより


(出典 news.nicovideo.jp)

中田 (なかた しょう、1989年4月22日 - )は、広島県広島市中区出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。 広島市立竹屋小学校3年から広島鯉城リトルで捕手として野球を始める。6年時に投手に転向。広島鯉城シニア時代は連盟記録となる通算51本塁打。広島市立国泰寺中学校…
139キロバイト (19,039 語) - 2024年2月26日 (月) 07:52



<このニュースへのネットの反応>

【中田翔、“代名詞”金のネックレスの価格が判明 】の続きを読む

nakata

中田 (なかた しょう、1989年4月22日 - )は、広島県広島市中区出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。 広島市立竹屋小学校3年から広島鯉城リトルで捕手として野球を始める。6年時に投手に転向。広島鯉城シニア時代は連盟記録となる通算51本塁打。広島市立国泰寺中学校…
139キロバイト (19,039 語) - 2024年2月12日 (月) 02:37

【中田翔は中日に何をもたらすのか 期待される「様々な効果」 】の続きを読む

bishiedo

立浪監督はどういった布陣を組むのか注目だ(C)Getty Images

 いよいよキャンプスタートしたプロ野球。2年連続リーグ最下位から浮上を目指すのが立浪和義監督率いる中日だ。打線が課題のチームは今オフ、巨人から中田翔中島宏之ソフトバンクから上林誠知を獲得するなど、積極的な補強の動きを見せた。

 新戦力の中でも特に期待が大きいのは中田だろう。昨年は92試合に出場して打率.255、15本塁打、37打点だった。新天地では打線の中軸を任されそうだ。

【関連記事】中日ドラ1・草加勝がTJ手術へ 「前例」「チーム事情」からポジティブに捉えられる理由


 一方、一塁手の中田が加入したことによって正念場に立たされているのが、来日9年目のダヤン・ビシエドだ。昨年に国内フリーエージェント(FA)権を取得し、今季から日本人枠となる同選手だが、同じ一塁のポジションに中田という強力なライバルが現れた。ビシエドは18年に打率.348を記録して首位打者最多安打タイトルに輝いたが、昨年は打率.244、6本塁打と成績を落とした。中田がチームに加入したことで、今季の起用法は白紙の状況だ。

 そんなビシエドの起用法について、球界OBはどのように考えているのだろうか。現役時代は大洋(現DeNA)で活躍、引退後は日本代表コーチも務め、現在は野球評論家として活躍する高木豊氏は1月31日に自身のYouTubeチャンネルに「【中日のビシエド起用】”相当打たなければ立場が厳しい…”中田翔の加入で大激戦の中日ファースト争いについて語ります!」と題した動画を更新。ビシエドについて言及している。

 高木氏は中田が加入したことで「ポジションがないよね」と指摘した。しかし、「昨年はあまり良くなかったけど、ビシエドの持っている力を考えると、安定的に使われるとあんなもんじゃないと思う。勝負強さが戻ってくれば、最初はビシエドをレフトで使って、守備固めを使うというのも十分あり得るよね」と、左翼起用の可能性を示唆した。


 メジャー時代には外野を本職としていたビシエドだが、来日してからは一塁で起用されることが多くなった。外野起用となればビシエドにとって久しぶりのポジションとなるが、「ドームだし、フライを捕ることは難しくないと思う。ビシエドはスローイングができるだろうし、野球の勘というのはいい。3打席の中で1本打って、レフトを普通に守ってくれれば、そんなに悪い話ではない」と、左翼守備は問題ないという見解を示した。

 代打での起用についてはベテランの大島や新加入の中島がいることから、「代打はないと思う」と指摘した。

 外野にもたくさんのライバルがいる中で、ビシエドは持ち前の打撃を披露し、自らのポジションを確立することができるだろうか。


[文/構成:ココカラネクスト編集部]


中田翔の加入で正念場に立たされた中日・ビシエド 高木豊氏は予想した今季の起用法とは?


(出典 news.nicovideo.jp)

高木 (たかぎ ゆたか、1958年〈昭和33年〉10月22日 - )は、山口県防府市出身(山口市生まれ)の元プロ野球選手(内野手、外野手)・コーチ、解説者・評論家、YouTuber、タレント。 山口県山口市で生まれる。父親の仕事の都合で転居が多く、福岡県→鹿児島県→愛媛県大洲市→福岡県→北海道帯広…
37キロバイト (4,478 語) - 2024年1月8日 (月) 05:41



<このニュースへのネットの反応>

【中田翔の加入で正念場に立たされた中日・ビシエドの今季の起用法とは?】の続きを読む

このページのトップヘ