#佐藤輝明

satou

  • 好調を維持する佐藤のバッティングをラミレス氏は称えた(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

     この男の快音が“球春到来”を告げた。

     プロ野球2月23日よりオープン戦が開幕。昨季、38年振りの日本一に輝いた阪神が巨人と対戦し、今季も優勝争いを演じるであろう両球団により、熱戦が繰り広げられた。

     その中で一際、スタンドのファンを沸かせたのが、3回に飛び出した阪神・佐藤輝明本塁打だった。この日の第二打席の初球、内角の速球を完璧に捕らえ、豪快にライトスタンドへと運んだ。

    【動画】「この飛距離はヤバい」オープン戦で佐藤輝明が特大弾!ファンも驚愕した豪快2ランの映像


     プロ4シーズン目の今季は真の主砲としての飛躍へ大きな期待が寄せられている。昨年12月にはアメリカ・シアトルのトレーニング施設でバッティングフォームのチェックなどを行なったことが伝えられた。新たなシーズンへ懸ける並々ならぬ意欲はファンも感じ取っている。

     昨季はチームの日本一にも貢献したものの、途中に2軍降格も経験するなど好不調の波も大きかった。もちろん、今季はより安定したパフォーマンスで、チームを牽引する存在になることを阪神ファンや関係者は求めている。

     そして、はやくも佐藤のバッティングの変化を指摘し、さらなる飛躍を予想する大物OBの声も伝えられている。

    「今年は去年の成績を超えてくるだろう」

     そう語るのは、ヤクルト、巨人、DeNAで活躍し、球界随一の強打者として知られたアレックス・ラミレス氏だ。YouTubeチャンネル『ラミちゃんねる』を2月23日に更新し、今季の佐藤のバッティングについて見解を述べている。


     ラミレス氏は「オフのアメリカでのトレーニングや春季キャンプで自分のスイングを確立したようだ。とても向上したように見える」と評しており、昨季との違いに言及。「去年は、構えた時のバットの位置が身体から離れていて、それによりスイングが大回りになっていた」と振り返っており、その一方で、「今年はバットが身体に近い位置にあり、少し下げて構えており、コンパクトなスイングになっている」と分析している。

     その上で、「バットコントロールがしやすくなり、ボールをより捉えることができるので、おそらく三振は20~30個は減り、ヒットや本塁打は増えるだろう」と見込んでおり、「3割30本100打点、それ以上も夢ではない」と語っている。

     さらに、ラミレス氏は「長く4番を務めるだけのポテンシャルを持っている」と称えながら、「例えるなら金本知憲選手のようなタイプの打者になる素質がある」と球団レジェンドの名前を挙げ、佐藤のスキルの高さを強調した。

     ラミレス氏は他にも、「佐藤選手が素晴らしい数字を残せば、阪神の連覇もみえてくるだろう」として、「今年はリーグトップ3の打者へと成長を遂げるだろう」と新シーズンへ大きな期待を寄せた。

     佐藤の持ち味である長打力は多くのファンを惹き付け、阪神の“顔”として誰よりも高いスター性も持ち合わせている。球界内からも絶賛されるその素質はいよいよ今季、本格開花となるだろうか。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]

    【ラミちゃんねるの当該動画はこちら/https://www.youtube.com/watch?v=h0dGoy0IlBw


  • 阪神連覇のキーマン 佐藤輝明の”変貌ぶり”を大物OBが指摘!今季は「トップ3の打者へと成長を遂げるだろう」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    佐藤 輝明(さとう てるあき、1999年3月13日 - )は、兵庫県西宮市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投左打。阪神タイガース所属。 実父は柔道家・関西学院大学人間福祉学部准教授の佐藤博信。 NPBにおける、新人左打者最多本塁打記録保持者(24本)。また、NPB史上唯一の、左打者の新人から3年連続20本塁打達成者。…
    69キロバイト (9,261 語) - 2024年2月25日 (日) 03:43



    <このニュースへのネットの反応>

    【阪神連覇のキーマン 佐藤輝明の”変貌ぶり”を大物OBが指摘!】の続きを読む

    satou

    11打数7安打と好調を維持する佐藤輝。今季は意識が違うようだ(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

     阪神2月20日韓国プロ野球KBO)のサムスンとの練習試合に2-0で完勝した。2回に決勝の先制2ランを放った20歳の前川右京がスポットライトを浴びたが、それ以上に虎党をざわつかせているのが4年目を迎える佐藤輝明の変身ぶりだ。

    【動画】阪神、Vの使者! 18年ぶり優勝を決定づけた佐藤輝明の歴史的特大ホームランをチェック


     この試合では2回先頭で右前打し、唯一の得点シーンの起点となった。これで実戦5試合連続安打となり、その間は11打数7安打、打率.636というハイアベレージ。これだけでも成長を大きく期待させるが、何よりも際立つのが三振ゼロという数字にある。2四球を含めた計13打席で、未だに三振を喫していない。

     プロ3年間で24本塁打→20本塁打→24本塁打と、広い甲子園を本拠地としながら、コンスタントアーチを描いてきた。左打者の新人から3年連続20本塁打は、NPB史上唯一の記録。一方で2021年のルーキーイヤーにリーグワーストの173三振を喫して以降、137三振→139三振と毎年多くの三振も積み重ねてきた。

     3年間では1606打席に立ち、449三振。実に3.57打席に一度の割合で三振を喫してきた。それがここまで、一度もバットが空を切り、天を仰ぐシーンはない。

     打撃改造の成果が如実に表れている。昨年のハワイ優勝旅行中にチーム本隊を離れ、米国に渡った。足を運んだ先はシアトル近郊のトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」。大谷翔平トレバー・バウアーメジャーリーガーだけでなく、現在では多くの日本のプロ野球選手も通うようになった「虎の穴」へ、虎の主砲が赴いた。


     5日間の滞在期間中に、ハイスピードカメラなどの最先端機器で動作解析を行った。データも抽出し、いかに確率を上げていくかのフォームを求めた。帰国後にファンイベントに参加した際には手応えをファンの前で明かしていた。

     虎の本当の主砲として、求められる数字は30本塁打であり、その先の40本塁打以上であろう。ここまで3年間で、最もアーチを量産していたのは1年目の4~5月だった。そこから、悪く言えば打棒は現状維持が続き、なかなか殻を破ることができなかったのも事実だ。

     漂い始めた覚醒の予感に、ファンは真の主砲誕生を待ち望んでいる。昨年日本一に輝いた阪神打線は、1番・近本光司、2番・中野拓夢の1・2番コンビが高い出塁率を誇る。そこを返す中軸も確実性が増してくれば。佐藤自身が口にした「アレンパ」へ、カギは虎党が待ち焦がれてきた和製大砲が握る。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    【阪神】4年目の和製大砲に漂う覚醒の予感、今春は課題の三振が激減中よ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    佐藤 輝明(さとう てるあき、1999年3月13日 - )は、兵庫県西宮市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投左打。阪神タイガース所属。 実父は柔道家・関西学院大学人間福祉学部准教授の佐藤博信。 NPBにおける、新人左打者最多本塁打記録保持者(24本)。また、NPB史上唯一の、左打者の新人から3年連続20本塁打達成者。…
    69キロバイト (9,261 語) - 2024年1月13日 (土) 09:07



    <このニュースへのネットの反応>

    【阪神・佐藤輝明、4年目の和製大砲に漂う覚醒の予感】の続きを読む

    hamada

     ダウンタウン浜田雅功のもとにプロ野球選手たちが集結し、21日放送のフジテレビ系ジャンクSPORTS プロ野球スター大集結!(秘)話連発!トーク日本一決定SP』(後7:009:00)で白熱トークを繰り広げる。

    【写真】セ・パのスター選手がユニフォーム姿でずらり

     悲願の日本シリーズ優勝を果たした阪神タイガースからは佐藤輝明伊藤将司村上頌樹パ・リーグ3連覇を果たしたオリックス・バファローズからは阿部翔太をはじめ、セ・パのスター21人がずらり。

     トークテーマ「うちの球団、ここがすごい!」では、阪神の3人が38年間見守ってくれた厳しくもあたたかい阪神ファンへの思いを吐露。対して、惜しくも最下位となった中日ドラゴンズは、WBCで優勝した侍ジャパンに壮行試合で勝ったことを受け、中日こそ“世界一強い球団”とアピールする。

     さらに「うちの監督ここがすごい!」や「試合でもらえるすてきな景品」など気になる話題が盛りだくさん。他にも、Bクラスになった球団のちびっこファンインタビューする「子ども評論家による言いたい放題」コーナーでは、子どもたちの辛辣(しんらつ)な意見に選手たちもタジタジに。昨年11月に行われた阪神とオリックスの優勝パレードのエピソードや、ファン投票によるイケメンランキングでの不正発覚など、ここでしか聞けない裏話が連発となる。

    ■出演者
    MC浜田雅功
    進行:佐久間みなみフジテレビアナウンサー
    ゲスト秋広優人東克樹阿部翔太伊藤将司内山壮真大城卓三小笠原慎之介栗林良吏小深田大翔佐藤輝明、荘司康誠、高橋宏斗(※高=はしごだか)、田口麗斗玉井大翔益田直也宮西尚生村上頌樹森下暢仁、柳町達、山口航輝山本祐大 ※五十音

    『ジャンクSPORTS プロ野球スター大集結!(秘)話連発!トークの日本一決定SP』より(C)フジテレビ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【浜田雅功『ジャンクSPORTS』にプロ野球スター集結 日本一の阪神から佐藤輝明&伊藤将司&村上頌樹】の続きを読む

    satou

     ハワイへのV旅行に参加していた阪神・佐藤輝明アメリカ本土上陸に「足元を見つめた方がいい」と不安の声が漏れている。

     佐藤はドジャースに移籍した大谷翔平をはじめ、多くのメジャーリーガーや他のプロ野球選手が近年活用し、成果を残している「ドライブライン」などのトレーニング指導を受けるため、チームを離れたという。

    ドライブライン」は全身にセンサーを装着して、実際にプレーしながらデータを採取。そのデータを分析し、練習方法に取り入れてパフォーマンス向上をサポートするもので、現在は米ワシントン州アリゾナ州にその施設がある。

     オフの有効活用は決して悪いことではない。在阪スポーツ紙遊軍記者は、

    「今回はかねて体得を目指している、メジャー流スイングの参考にしたい意図があるようです」

     と話すが、球団OBは次のような不安を漏らす。

    「今回のことは自覚の表れかもしれないが、何か流行に感化されたような気がしてしかたがない。正しく学べばいいが、間違って理解する可能性もある。せっかくシーズンの終盤になっていい感じのスイングをしていたのに、ブチ壊しになっては困る」

     現在のメジャーリーグはゴロを打つのではなく、フライボールを打ち上げるようなスイングをする「フライボール革命」が主流を占めている。今季、日本人初の本塁打王に輝いた大谷のスイングがまさにそれだろう。

     確かに阪神入団以降、本塁打数やその飛距離にこだわり続けている佐藤にとっては理想的なスイングかもしれないが、危険と裏腹だ。前出の球団OBも、

    「昨年も今年も本塁打と飛距離にこだわりすぎるあまり、どんな球も全力で打ちにいってフォームを崩す時期があった。彼は当たれば飛ぶのだから、今は無理にメジャー流のスイングなど身につける必要はない」

     プロ3年目の今季は打率2割6分3厘、チームトップの24本塁打、92打点をマークし、覚醒を予感させた。それだけに、メジャーにかぶれるのは、百害あって一利なしかもしれないのだ。

    (阿部勝彦)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    佐藤 輝明(さとう てるあき、1999年3月13日 - )は、兵庫県西宮市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投左打。阪神タイガース所属。 実父は柔道家・関西学院大学人間福祉学部准教授の佐藤博信。 NPBにおける、新人左打者最多本塁打記録保持者(24本)。また、NPB史上唯一の、左打者の新人から3年連続20本塁打達成者。…
    69キロバイト (9,261 語) - 2023年12月17日 (日) 18:50



    <このニュースへのネットの反応>

    【「メジャースイング」を求めて阪神・佐藤輝明がアメリカへ…指導を受けて「ブチ壊し」の危険度】の続きを読む

    _sato6_ky

     阪神・佐藤輝明内野手の今季20号2ランが「DID 大同工業 presents 阪神タイガース DIDワード」の年間大賞に選ばれ、ABCテレビ公式YouTube「虎バンチャンネル」で授賞式の様子が公開された。

     そこでプレゼンターを務めた阪神OBの掛布雅之氏は佐藤に打順3番を強く推していた。

     9月14日の巨人戦(甲子園)、1点リードの6回、佐藤の20号2ランはバックスクリーンに吸い込まれた。1年目から3年連続となる20号に到達。左打者で新人年から3年連続20発はプロ野球史上初の快挙となった。

     佐藤は昨年、一昨年は夏場から調子を落としていたが、今季は8月から好調に。掛布氏から「自分で変わったことはある?」と問われると、「少しずつ体力も付いてきていると思いますし、夏場以降にフォームがハマって、8月、9月と状態が良くなりました」と回答。バットを変えた影響を聞かれると、「バットバランスをちょっと変えて、それがうまくハマったかなと思います」と答えた。

     そこで掛布氏は、一番打ちやすい打順を聞きつつ「3番がいいんじゃないかなと思う」と指摘。「足のスピードや打席の多さ、佐藤選手の野球のリズムを考えると3番を打つのが一番らしさが出るんじゃないかなと。攻撃的な走塁もあるし、1回の表裏に絶対回ってくるでしょう?」と力説したのだ。スポーツライターが語る。

    「佐藤が今季任されていた打順はほぼ5番。昨年に主に務めた4番では2割5分程度で、約10試で入った3番でも同様の成績でした。今季ようやくハマった5番ですが、成長ぶりを考えれば再びの3番も面白いかもしれません」

     掛布の3番の勧めに、まんざらでもない様子だった佐藤。目標として「3番で本塁打30本以上、打率2割8分以上」も提示されていたが、来季はどんな活躍を見せてくれるのか。

    (鈴木十朗)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    佐藤 輝明(さとう てるあき、1999年3月13日 - )は、兵庫県西宮市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投左打。阪神タイガース所属。 実父は柔道家・関西学院大学人間福祉学部准教授の佐藤博信。 NPBにおける、新人左打者最多本塁打記録保持者(24本)。また、NPB史上唯一の、左打者の新人から3年連続20本塁打達成者。…
    69キロバイト (9,250 語) - 2023年12月3日 (日) 10:26



    <このニュースへのネットの反応>

    【阪神OB、佐藤輝明に「5番より3番」】の続きを読む

    このページのトップヘ