#北海道日本ハムファイターズ

nanasaki

 ガチの野球マニアで、日本ハムのファンクラブ会員にも。足繁く球場に通う花咲楓香はサッカーも大好きで、コンサドーレ札幌を激烈応援する。そして名前の由来は、あの球場がある場所だった!

――初めまして。なんて呼ばれることが多い?

楓香 ふつうに「楓香ちゃん」「花咲さん」が多いですね。あとは「ふうちゃん」とか、事務所の先輩の斎藤恭代さんからは「ふうたん」と。

――楓香ちゃんが今の事務所に入ったのは、恭代ちゃんの紹介?

楓香 いえ。もともとフリーで活動していて撮影会に出るようになって、そこで今の事務所のスタッフさんにお誘いいただきました。

――そうなると、芸能界デビューはいつになるのかしら。

楓香 昨年8月の終わりに撮影会に出始めました。でも昨年は野球観戦をメインに考えていたので、本格的に活動をスタートさせたのは野球シーズンが終わった10月からです。

――あっ、そうだった! めっちゃ野球好きなんだってね。

楓香 年間70試合くらい観戦します。スコアブックもつけられますけど、それは毎回じゃなくて、あくまで応援がメインです。

――スゴっ! 今後、アイドル活動は野球のオフシーズンだけ?

楓香 いえいえ(笑)。

――よかった。開幕してもアイドルでいるのね。

楓香 苗字の花咲は旭川スタルヒン球場がある旭川市花咲町から取りました。

――そうなのっ!?

楓香 高校時代のサッカー部の仲間と一緒に考えました。

――ちょっと待って。なにゆえここサッカーが出てきた?

楓香 高校3年間は、男子サッカー部のマネージャーをやっていたんです。

――うそっ!?

楓香 スポーツ全般、好きなんです。その中でも野球は小学校の頃からファイターズキッズファンクラブ会員だったくらい好きで、でもサッカーコンサドーレを応援しつつ、それぞれのチームに好きな選手がいます。

――楓香ちゃん自身は何かスポーツをやってなかったの?

楓香 小・中学校8年間、バスケをやっていました。だから、Bリーグも時々、見に行きます。

――少々混乱してきたよ。それにしても、苗字が住所だとはね。北海道出身だから花咲ガニから名づけたのかと。

楓香 私の野球好きを知っている人には「花咲徳栄高校出身?」もよく言われますね。ちなみに私はカニが食べられません。カニだけではなく、魚介類はほぼ全部、苦手です。

――ええ~っ!?

楓香 食べられるのは鮭、ホッケサンマの「焼き」。生はダメです。イカ刺しは食べられないけど、スルメは大丈夫です。海草は食べられます。

――いろんな「トラップ」があるなぁ(笑)。そのうち、撮影で野球のシーンがあると思う。もうすぐ発売のファーストDVDではどう?

楓香 一瞬だけ野球のユニホームを着て撮りましたけど、カットされたみたいです。

――なんてこと! では、お気に入り衣装を教えて。

楓香 全部、気に入ってるんですよ~。えーと…メイド服は初めて着て、かわいいなぁって思いました(「週刊アサヒ芸能」2月29日号22ページ参照)。

――似合ってるよね。セリフは?

楓香 ほとんどなかったです。胸を揺らしてばかりで「これでいいのかな」って戸惑いました(笑)。

――どうやったら、そんなに大きくなるんだろう。

楓香 なんででしょう。魚介類を食べないで、お肉ばかりだったから?

――んなことある!?

楓香 遺伝というわけでもなくて、中学3年でEカップ、1年1カップずつ上がっていました。昔はコンプレックスでした。

――人の目が気になるよね。

楓香 スポーツ好きで走るのも好きなんですけど、走ると痛かったんですよ。

――大変だったね。今ではドレスを着ると深い谷がバッチリできてステキだけどね。そういえば、今日が初めての表紙撮影だって。

楓香 こんなに早くお話をいただけると思っていませんでした。

――北海道に多いコンビニ…セイコーマートだっけ。そこに楓香ちゃんの姿が並びます。

楓香 セイコーマート、すごく恋しいです。ザンギ食べたい~。

――じゃあ最後に、読者プレゼント用チェキにサインを。

楓香 はい! よいしょ。これでいいですか

――わっ、サインの中にも野球のボールが!(「週刊アサヒ芸能」2月29日号177ページ)

楓香 「野球好きフウカといえば花咲」と思っていただけるようにです。

――やるなぁ!

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【花咲楓香「年間70試合プロ野球観戦してスコアブックもつけます」】の続きを読む

kitune

 北海道日本ハムファイターズの公式チアリーダーファイターズガール」を卒業し、今年からタレント活動を開始した滝谷美夢が13日、CS放送「GAORA SPORTS」の同球団春季キャンプ中継にゲスト出演した。

【写真】沖縄でファイターズユニ姿の滝谷美夢 鶴岡慎也氏らも

 沖縄・名護のキャンプに初めて来たという滝谷は「(球場から)海がすぐそこにあるんですね。良いですね~」と興奮気味。出演者から野球の好きなポジションを聞かれると、「私がもし野球をやっていたら、ショートを守ってみたかった。私自身は運動音痴なんですけど、(選手が)あんなに機敏に動けるのが、カッコ良いなと思いますね」と話していた。

 そして、昨年まで6年間務めていたファイターズガールへ「たくさんの経験をさせていただいて、本当に充実した濃い6年間でした」と感謝。解説者鶴岡慎也氏は「ファイターズガールの価値というものを滝谷さんが一気にドーンと押し上げてくれたという感じがします。野球を観るだけが球場に来る楽しみでは無いんだよというのを、エンターテインメントとして示してくれましたよね」と感心していた。

 同チャンネルは、日ハムの春季キャンプを連日生中継。また、2024年プロ野球は、阪神タイガース日ハムの主催試合を、生中継中心に計133試合放送することも発表した。

 日ハム新庄剛志監督就任3シーズン目を迎え、「大航海」のスローガンのもと、飛躍を期すシーズンプレーボールからゲームセットまで一球たりとも見逃すことなく、大記録達成や勝利の瞬間を届ける。

GAORA SPORTSの北海道日本ハムファイターズ春季キャンプ中継に出演した滝谷美夢


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【元ファイターズガール「きつねダンス」の滝谷美夢さん、沖縄キャンプ登場】の続きを読む

shinjyou

日本ハムでいよいよ勝負の3年目を迎える新庄監督。その采配には大きな注目が集まっている。(C)CoCoKARAnext

「優勝しか目指さない」と宣言した2023年。結果は前年に続いて最下位。それでも、退任の噂も上がった日本ハム新庄剛志監督は、球団からの契約延長要請を受諾した。「選手の成長を促してくれた」というのが留任要請の理由だったという。だが、それは本当に監督の手腕によるものだったのだろうか。

【関連記事】日本ハムが大金星 FA左腕・山崎福也が日本ハム入り決断報道 競合した巨人、ソフトバンクが叶わなかった「要因」とは


 昨年の日本ハムにおいて、間違いなく成長したと誰もが認めるのは万波中正だろう。本塁打王にあと1本と迫る25本を放ち、打率(.203→.265)も向上してベストナインゴールデングラブに選出された。本人も監督からアドバイスを受けて打撃が良くなった、と感謝の言葉を述べていた。

 一方で、一塁から三塁へコンバートされた清宮幸太郎OPSは前年と同じ.734。守備負担が増えた点は考慮しなければならないが、本塁打数は18本から10本へ減少。結果的に三塁を追われた野村佑希OPSは.724から.692へ下がった。清宮の三塁手としての守備力を考えても、昨年に限ってはコンバートが成功したとは言い難い。

 野村に関しても、新庄監督は「四番で使い続ける」とキャンプの時点で明言していたが、5月末の交流戦以降はその座から外した。その理由は野村自身の不振によるところが大きく、判断自体が間違いだったとは言えない。だが、清宮とポジションを入れ替えただけでなく、外野や二塁で抜擢した試合もあった。ただでさえ打撃で悩んでいる選手に慣れないポジションを守らせたのでは、復調をさらに遅らせるだけではないのか。

 万波もオープン戦や開幕当初は一塁で起用。これは阪神から獲得した江越大賀ライトで使うという意向があったが、一塁では万波のセールスポイントである強肩を活かせない。こうした起用法を見ても疑問は残る。

 トレードで獲得した郡司裕也が活躍した際も、中日では出番が少なかったことから「新庄監督のおかげで覚醒」との声が上がった。しかし、郡司(と山本拓実)の代わりに放出した宇佐見真吾と齋藤綱記のほか、西村天裕ロッテ)、佐藤龍生(西武)は全員ファイターズ在籍時より成績は良くなり、西村と佐藤の代わりに加入した選手たちは振るわなかった。

 トレード自体は監督の権限ではない。しかし、戦力になれるはずの選手を活用できていなかった感はやはり否めない。投手では田中正義池田隆英の大学同期コンビ上原健太河野竜生福田俊の左腕トリオが成長したが、これも監督というより建山義紀コーチの手腕によるものだとも言える。


投手陣にはポジティブな材料が多い。それだけに……

 采配にも疑問はある。スクイズダブルスチールの多用に象徴される動きの多い作戦が、奏功しているようには思えない。

 昨年の464得点はリーグ5位で、得点力の少なさを補うために、足を絡めた戦術を使っていた面はある。だが75盗塁を決めた一方で失敗数はリーグワーストの49回を記録。成功率は60.5%にしかならなかった。積極的なベースランニングを奨励した結果、先の塁を目指してアウトになるケースも目についた。チーム出塁率は.297と低く、ただでさえ少なかった走者が出る機会を逸し、チャンスを潰す場面も目立った。

 バントや盗塁で走者を得点圏に進める作戦は、長打が少なくとも打率の高い打線であれば、効果的になり得る。しかし、23年の日本ハムチーム打率はリーグ最低の.231で、100本塁打は4位ながら1位のオリックスとの差はわずかに9本。二塁打も195本で3位だった。こうした数字を見ても、あまり動かず長打が出るのを待ったほうが、得点効率は高くなるのではないかと思える。ゆえに新庄監督が自軍の戦力を正確に把握して作戦を出していたとは言い難い。

 ただ、新庄監督が就任してから、チームの雰囲気は明らかに良くなった。その点は間違いなく功績として挙げられる。また、今オフにメジャー挑戦を選んだ上沢直之の離脱は大きな痛手ではあるものの、フリーエージェントオリックスから山﨑福也を獲得。さらにエース格だった加藤貴之も残留を選んだほか、11月アジアプロ野球チャンピオンシップでは根本悠楓が好投するなど、投手陣にはポジティブな材料が多い。

 リーグワーストの94失策だった守備力が、今春のキャンプで徹底的に改善されるなら、最下位からの浮上も見えてくる。さすがに現状戦力では、優勝とまでは行かないだろうが、最低限クライマックスシリーズに出場できたとしたら、新庄監督の25年以降の続投もあり得ない話ではない。

 そのために求められるのは「辛抱」だ。攻撃では盗塁やスクイズといった、リスクが大きい割に見返りの少ない作戦を控え、守備においても経験の乏しいポジションにつかせる機会を減らし、無闇な抜擢は避けるべきだろう。見切りが早い傾向があった新外国人選手にも、慣れる時間を与えて欲しい。

 就任3年目。ファンは「新庄ならではの面白い野球」を望む時期はすでに過ぎており、「勝つ野球」を求めている。それを実現するための近道は、あまり自分の色を出しすぎないことではないだろうか。


[文/出野哲也]


「面白い野球」を望まれる時期は過ぎた 新庄剛志監督に就任3年目で求められる成功への“近道”とは?


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【新庄日ハム「面白い野球」を望まれる時期は過ぎた ?】の続きを読む

kiyomiya


【日本ハム・清宮幸太郎、MLB挑戦に意欲】の続きを読む

shinjyou

新庄剛志・山﨑福也(山崎福也)

オリックス・バファローズから国内FA権を行使して北海道日本ハムファイターズに移籍した山﨑福也投手が6日、エスコンフィールド北海道で行われた入団会見に出席。新庄剛志監督がサプライズで明かした本拠地開幕戦のプランに、X(旧・ツイッター)ではファンから興奮や歓喜の声があがるなど反響を呼んでいる。

 

■ファイターズに「たくさんの縁」

山﨑投手の移籍先を巡っては6球団が争奪戦を繰り広げた。

山﨑投手は、ファイターズに決めた理由について、元プロ野球選手の父・山﨑章弘氏が在籍していたことや、元オリックス伏見寅威捕手、同じく元オリックスの投手で、来季からファーム投手コーチを務める金子千尋氏がいること、さらに中学時代に北海道の病院で脳腫瘍の手術を受けたことに触れ、「たくさんの縁があり、選ばせていただいた」と明かした。

 

関連記事:『ラヴィット』川島明、第3子出産のギャル曽根に掛けた“言葉”に称賛の嵐 「素敵すぎた」「最高の職場」

■本拠地開幕戦は山﨑&伏見で

会見に同席した新庄剛志監督は、「ここで言いますけど、エスコンの開幕戦、山﨑くんと伏見くんに任せたいなと思います」と、山﨑投手と伏見捕手が本拠地開幕戦でバッテリーを組むことをサプライズで発表。

山﨑投手は打撃も得意とあって、「伏見くんの(打席の)ときに山﨑くんに打ってもらう。そんなルールなかったでしたっけ? それができたら最高です」と笑わせた。

 

関連記事:博多大吉の“ひと言”で『ブギウギ』橘アオイ役・翼和希がテレビの前で大号泣 「なんてことを…」

■「昇天しそう」「激アツすぎる」歓喜

新庄監督のサプライズ発表を受け、Xでは「エスコン開幕戦」がトレンド入り。

オリックスでは主に山﨑投手の先発試合でマスクをかぶっていた伏見捕手とのコンビの“復活”に、「エスコンの開幕戦! タイトルも狙いたいって! もう胸いっぱいで待ちきれない」「ファイターズを選んだ理由に『寅威さんがいたこと』って言う最強ワード聞けただけでうれしいのに、エスコン開幕戦さちとらバッテリーとかもう昇天しそう」「エスコン開幕戦福也さんと伏見さんのバッテリー最高」「エスコン開幕戦のバッテリー激アツすぎるだろ」と歓喜の声が。

さらに、「これはエスコン開幕戦盛り上がるわ」「絶対現地応援しますよ!」「地を這ってでもエスコン開幕戦行かないと」と期待も寄せられた。

 

関連記事:博多華丸・大吉、「視聴者の皆さんはもう…」 『あさイチ』で鈴木奈穂子アナの人気ぶりにショック

■複雑なオリックスファンも…

一方、オリックスファンの中には、「本当に行っちまったんだなあ福也さん…そしてエスコン開幕戦さちとらバッテリーとはまた…」「さちとらの開幕バッテリーどんな気持ちで見ればいいの」「もうそこはエスコンじゃなく京セラやん…」と複雑な気持ちになる人も。

「また京セラでさちとら見られたらいいな」「福也さん寅威さんと頑張るんだよ。不死身バッテリーだね。エスコン開幕戦は無理だけど絶対見に行く」「どうか素晴らしいピッチングをして抑えてほしい…」とエールも送られている。

新庄剛志監督がエスコン開幕戦バッテリーをサプライズ発表 山﨑福也&伏見寅威のコンビ復活に「昇天しそう」の声


(出典 news.nicovideo.jp)

新庄 剛志(しんじょう つよし、1972年〈昭和47年〉1月28日 - )は、日本の元プロ野球選手(外野手、内野手、右投右打)、野球監督。長崎県対馬市生まれ、福岡県福岡市南区出身。2022年シーズンより北海道日本ハムファイターズの監督を務めるほか、タレント・実業家・クリエイター(商品プロデューサー…
313キロバイト (43,956 語) - 2023年12月3日 (日) 14:18



<このニュースへのネットの反応>

【新庄剛志監督がエスコン開幕戦バッテリーをサプライズ発表 】の続きを読む

このページのトップヘ