#千葉ロッテマリーンズ

murata

ロッテ村田修一打撃コーチ、元プロ野球選手で野球解説者石川雄洋氏が13日、BSJapanextの野球トークバラエティ番組『ダグアウト!!!』(毎週火曜22:00〜)にゲスト出演する。

○■横浜と巨人の違いとは

横浜から巨人へ移籍した経験を持つ村田氏。番組オープニングで、MCの岡田圭右(ますだおかだ)から「ジャイアンツと横浜で違いを感じたことはありますか?」と聞かれると、「巨人へ行くと、(試合に)負けて、自分の失敗で名前が一面に載る。横浜は『失敗は知らないよ』って感じで、成功してもちっちゃく載るくらい(笑)」だったといい、「(巨人時代に)球場に行ったら、みんなが失敗を知ってるんで、『村田、今、20打席ノーヒットらしいよ』って空気感も出てるんですよ。打席に入ってても、追い込まれたときに『今日もお前、ゲッツー打つの?』みたいな感じになるんで、飲み込まれそうになるんですよね」と当時を振り返って、苦笑いを浮かべる。しかし、岡田が改めて「横浜の時は?」と聞くと、「全然知らないです! ゲッツー打って問題あるんですか? みたいな」とあっけらかんとした調子で即答し、笑いを誘っていた。

○■村田修一氏、ライバルとの秘話を告白

今回の番組企画は、球界の気になる話をアレコレ聞きまくる「球界アレコレ話」、ガチャガチャトークテーマを決定する「ガチャガチャ ダグアウト!!!」、子どもたちからの野球に関するさまざまな質問にゲストが直球で答えていく「教えて! 野Q塾」の3本。

「球界アレコレ話」では、村田氏と石川氏が、“負けたくないライバル”、“対戦していてワクワクした投手”、“今年覚醒しそうな選手”、“野球人生を変えた恩師”を発表し、「球界相関図」を作成する。村田氏は“負けたくないライバル”として、同学年のスーパースターの名前を挙げ、「◯◯と同級生じゃなくて、対戦していなかったら、まだ自分はピッチャーとしてイケると思って、プロに行けてなかったかもしれない」という秘話を告白。また、石川氏も“負けたくないライバル”として、同学年のスーパースターの名前を挙げ、その選手との思い出を明かすのだが、村田氏の秘話とはテイストが異なる内容に、岡田が思わず「ごめんなさい……なんの話やそれ!」とツッコミを入れる展開に。

【編集部MEMO
『ダグアウト!!!』(BSJapanext 毎週火曜22:00〜)は、プロ野球選手・OBたちが「ダグアウト」(試合中に監督や選手が待機するベンチ)で話すような球界のアレコレを語る野球トークバラエティ番組。自分が一緒にプレーしたい選手を選ぶ「俺のベスト9」、子どもたちからの野球に関するさまざまな質問にゲストが直球で答えていくコーナー「教えて! 野Q塾」など、野球好きにはたまらない企画が見どころ。番組MCを上田まりえ、スピードワゴン・小沢一敬、ビビる大木らが務め、初回ゲストには上田がアシスタントとして出演するYouTubeチャンネル上原浩治の雑談魂 』も注目を集めている球界のレジェンド上原浩治氏が登場した。

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

村田 修一(むらた しゅういち、1980年12月28日 - )は、福岡県糟屋郡篠栗町出身の元プロ野球選手(内野手)。右投右打。所属事務所はライツ。 小学校時代は軟式野球チーム「勢門ベアーズ」に所属し、中学校時代は粕屋町のボーイズリーグ「粕屋フェニックス」に所属。中学時代からエースで3番か4番を打っ…
90キロバイト (11,327 語) - 2024年1月25日 (木) 22:26



<このニュースへのネットの反応>

【村田修一氏、横浜と巨人の“違い”語る】の続きを読む

ibata

井端 弘和(いばた ひろかず、1975年5月12日 - )は、神奈川県川崎市川崎区出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、野球解説者、野球評論家。現在は野球日本代表の監督を務めている。 中日ドラゴンズ時代は同僚の荒木雅博と共に「アライバコンビ」の愛称で親しまれ、ファンを魅了した。妻は元テレビ朝日アナウンサーの河野明子。…
62キロバイト (6,892 語) - 2024年2月4日 (日) 17:10

【「侍ジャパン」井端監督、ロッテ・佐々木朗希に11月のプレミアム12にはエース格でよろしく】の続きを読む

sasaki

 米メジャーリーグへのポスティング移籍を訴えるなどして、キャンプ直前に契約更改を終えたロッテ佐々木朗希2月1日の春季キャンプ初日後に取材に応じたが、今年も「徹底ガード」されるようだ。

 プロ野球界にとって「お正月」のこの日はキャッチボール、長距離走などで体を動かした。吉井監督は2月後半、もしくは3月に実戦登板させる方針を固めている。佐々木本人も、

「今年はいろいろ考えながら調整できる」

 と納得顔だ。渡米実現のため指揮官が大人扱いする一方で、取材対応はまだまだ「温室育ち」から抜け切れていない。テレビ局スポーツ担当プロデューサーが言う。

「今年も広報責任者立ち会いのもとでしか、佐々木の取材はできないです。勝負がかかっておらず和やかな空気があるキャンプでも同じで、勝手に取材して報道しようものなら、出入り禁止措置を取られかねない。特に今年はメジャーの一件で、球団も本人も緊張感を高めている。朗希サマのお言葉をそのまま報じるのが精いっぱいですよ」

 そんな調子で称賛とバッシングの落差が激しく、百戦錬磨で乗り越えなければいけないメジャーリーグへの準備ができるのか、はなはだ疑問だが…。

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)

^ 「ロッテ・佐々木朗希 お立ち台で「朗希の方が呼び慣れてます」ファンへ“佐々木コール”から変更お願い」」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2023年4月6日。2023年4月7日閲覧。 ^ a b “ロッテが佐々木朗希と契約合意 近日中に更改会見…球団発表、いまだ1人だけ未更改”…
93キロバイト (12,068 語) - 2024年1月31日 (水) 12:41



<このニュースへのネットの反応>

【ロッテ・佐々木朗希は今年も「温室育ち」勝手に取材したら出入り禁止になる】の続きを読む

sasaki

選手会を脱退している佐々木の行動には、様々な意見が飛び交っている(C)Getty Images

 なぜわざわざ、そんなことをするのか--。

 球界関係者の間では戸惑いの声が広がっています。

【動画】日本人最速の165キロを記録!凄みを増した佐々木朗希の広島戦のピッチングの映像


 ロッテの剛腕・佐々木朗希です。このほど、日本プロ野球選手会を脱退していたことが判明。確かに加入について強制力はなく、任意であるとはいえ、入団5年目の若手選手が脱退するというのは極めて異例の事態です。

 この件が公になると、森事務局長が報道各社の取材に応じ、無念の思いをコメント。選手たちが一致団結して、待遇改善を実現していった過去に思いを致せば、影響力の大きいビッグネームの脱退は寂しいものがあります。

 スポーツ紙のデスクは言います。

「第一報を聞いた時、ただただ驚きました。脱退する前に知ってほしいのは、12球団が現在、それぞれ地域に根ざして発展しているのも、選手会の奮闘があったからという歴史です。佐々木投手は2001年生まれですから、2004年の球界再編騒動のことは記憶にないと思います。ならば若い選手たちがプロ野球に入る際、球界再編の時に何があったかを伝えなければならない。もし知っていれば『選手会を脱退します』なんて絶対に言えないでしょうから」


 あの年、選手会はペナントレースを戦いながらも「12球団維持」に向けて団結。その結果、オーナー側の「1リーグ10球団」構想を阻止しました。仙台に新球団・楽天が誕生し、各球団とも「自ら稼ぐ」ビジネスモデルを徐々に整えて努力を重ねた結果、現在のプロ野球の繁栄があります。

 前述のデスクは語気を強めます。

佐々木投手がメジャー志望なのは分かりますし、球団も基本的には夢を後押ししたいと考えているでしょう。しかし、物事にはタイミングがある。過去4年間、首脳陣は佐々木投手のフィジカル面を最重要視し、大事に大事に起用してきたという経緯があります。メジャー挑戦はロッテファンに恩返ししてからでも遅くはない。一刻も早く行きたいと言うなら、そもそも日本プロ野球に入らず、高校卒業後、直接メジャーに行けば良かったというだけの話です」

 野球はチームスポーツ。そして普段は覇を競う12球団の選手たちも、言うなれば運命共同体です。プロ野球選手会という旗の下、どうすれば選手がプレーしやすい環境を生み出せるか、汗と涙を流して「勝ち取ってきた」経緯があります。

 その「果実」だけを享受して、奮闘を重ねてきた選手会から脱退するというのは、悪手という評価となっても決して不思議ではないのです。


[文/構成:ココカラネクスト編集部]


選手会脱退はなぜ悪手なのか 佐々木朗希にも知ってほしい「先人の努力」


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【選手会脱退はなぜ悪手なのか 佐々木朗希にも知ってほしい「先人の努力」】の続きを読む

sasalo


【佐々木朗希のメジャー移籍強行を球界関係者が疑問視 「短命で終わる可能性」】の続きを読む

このページのトップヘ