#荒木大輔

araki

1980年早稲田実業に入学し甲子園球場で「大ちゃんフィーバー」を巻き起こしプロで13年間、選手として活躍した荒木大輔氏が岡崎郁氏のYouTube公式チャンネルに出演。ドラフト1位指名を受けヤクルトスワローズに入団した経緯を赤裸々に語っている。

「あの時は早稲田大学に進みたい一心でした。プロでやれる自信はまったくなかったんです。僕の中では、たとえプロに行けなかったとしても好きな野球を長く続けることが理想でした」

荒木氏は、そう話して続ける。
ヤクルトと巨人から(1位で)指名して頂いたのですが、その直後の記者会見ではあたり障りのないことを言いながら『どうやって断ろうか』と考えていました」

プロ志望届制度もない時代、強行指名をされた荒木氏の心境はいかに?
その後にヤクルトの当時のオーナー、松園直己氏が自宅にまで訪れ説得されたという。その経緯が興味深い。

アスリートアカデミア岡崎郁 公式チャンネル】『【vol.5】ドラフト1位指名を受けて早大入りを断念 / 洗濯から晩酌の手伝いまで球団別の特殊な慣習に驚愕』では、荒木大輔氏のヤクルト入団経緯、さらに入団直後の知られざるエピソードも明かされている。

▼【vol.5】ドラフト1位指名を受けて早大入りを断念 / 洗濯から晩酌の手伝いまで球団別の特殊な慣習に驚愕

MN ワーク&ライフ編集部 この著者の記事一覧はこちら
(MN ワーク&ライフ編集部)

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

荒木 大輔(あらき だいすけ、1964年5月6日 - )は、東京都調布市出身の元プロ野球選手(投手、右投右打)、プロ野球コーチ、野球解説者、野球評論家、YouTuber。 妻は元女優・モデルの相田寿美緒。 甘いルックスから高校野球時代にアイドル的人気を誇り、空前の「大ちゃんフィーバー」を巻き起こした。…
26キロバイト (3,049 語) - 2024年2月4日 (日) 17:15



<このニュースへのネットの反応>

【甲子園の星・荒木大輔41年目の真実─。「本当はヤクルトに入団したくなかった」】の続きを読む

makihara

金村義明

近鉄バファローズ選手の金村義明氏が、元東京ヤクルトスワローズ選手の荒木大輔氏のYouTubeに出演。投手から打者に専念するきっかけとなった投手を語った。


■荒木氏と金村氏でトーク

同世代で甲子園をわかせた荒木氏と金村氏が高校時代を振り返った今回の動画。

荒木氏から「当時、関西の高校野球はどんな感じでしたか?」と質問されると「僕らより4つ、5つ上の先輩らが越境入学が始まったぐらい。江の川に行く、鳥取の倉吉北に行く。 そのときの殺し文句が兵庫県だと甲子園に出られないぞと。島根なら2回で行けると」と金村氏は語る。

そして「僕の同世代はほとんどピッチャーはプロに行ったよ。興南の竹下(浩二)、倉吉北にもいたでしょ。秋田経法大の松本(豊)。だから僕の同期はすごいピッチャーばっかりだった」と話した。


関連記事:巨人・原辰徳監督は長嶋茂雄氏に似てきた? 金村義明氏が独自見解

■大府高校と対戦して…

金村氏はその後センバツ高校野球大会に出場し、大府高校と対戦した際の思い出に言及。

同氏は「超満員のOBたち、槙原(寛己)が投げたら静まり返ったんや、甲子園が。148キロマッキー旋風で、次の日、関西のスポーツ紙は1面マッキー。今のスピードガンなら158は出てると思いますね」と語る。

そして「僕は見たことがなかった、あんな速いの。プロに入っても槙原が1番速いと思う。そのときの初めてみたのが強烈だから。プロに入ったら野球ばかりしているから目が慣れるじゃん。ブルペンとか見ても槙原のほうが速いと思った」とコメントした。


関連記事:金村義明氏、3連敗で阪神優勝をアシストの巨人に苦言 「これは屈辱…」

■ピッチャーを諦めた

大府高校戦について金村氏は「俺が思いっきり投げて、138キロぐらいか。140でなかってん。それで前評判の低い大府打線に1、2回で5回取られてん。槙原に負けたくない一心で、変化球を投げずに、まっすぐだけ投げたら、金属バットで槙原にまでライト線に打たれた」と振り返る。

続けて「3回から、本当にピッチャー諦めてん。俺はもうピッチャーをやめようと思って。そこから変化球ばかり投げて、ゼロに抑えて。それでたまたま槙原からバットを短く持って振ったら、ホームラン、ツーベースシングルヒットを打って」と回想した。


関連記事:金村義明氏、中日・立浪和義監督の“令和の米騒動”に苦言 「選手がかわいそう」

■大会ナンバーワン打者に

さらに金村氏は「ピッチャーの練習ばかりして、バッティングの練習をしていないのに。それで1回戦で負けて号泣していたんだけど、甲子園大会の雑誌に『大会ナンバーワン打者』と書かれたんよ」と語る。

そして「あの槙原から3本打ったと。それで勘違いしたんだな。俺はもうバッターで行こうと」と笑っていた。


関連記事:清原和博氏、現役時代に”WBCに選出されたら”を語る 「僕らの時代って…」

■金村氏と荒木氏が高校時代を語る


・合わせて読みたい→金村義明氏、中日・立浪和義監督の“令和の米騒動”に苦言 「選手がかわいそう」

(文/Sirabee 編集部・佐藤 俊治

金村義明氏、野手転向の要因となった投手を告白 「投げたら甲子園が静まり…」


(出典 news.nicovideo.jp)

金村 義明(かねむら よしあき、1963年8月27日 - )は、兵庫県宝塚市出身の元プロ野球選手(内野手)。右投右打。現在は野球解説者、野球評論家、タレント。2017年12月からは兵庫県高砂市観光交流ビューローからの委嘱によって「高砂応援大使」を務めている。 旧名は金 義明
84キロバイト (11,930 語) - 2023年8月15日 (火) 08:53



<このニュースへのネットの反応>

【金村義明氏、野手転向の要因となった投手を告白 】の続きを読む

araki

阪神甲子園球場

東京ヤクルトスワローズ荒木大輔氏が、自身のYouTubeで夏の全国高校野球甲子園大会の改革を訴えた。

【動画】荒木大輔氏と松本秀夫アナが甲子園大会をトーク


■荒木氏と松本アナがトーク

ニッポン放送の松本秀夫アナウンサーと荒木氏が屋外で高校野球についてトークをした今回の動画。

松本アナが「今、外で撮影をしているじゃないですか。まだお昼前なんですが、かなり暑い。高校野球がはたして炎天下でプレーボールすることの是非。やっぱり言われますよね?」と質問した。


関連記事:ヒロミ&中居正広MC『THEプラチナリスト』 世界に1つだけの伝説名簿が完成

■現在の甲子園は「かなり苦しい」

自身も早稲田実業エースとして活躍した荒木氏は「そうですね。第1試合、第2試合まではがんばってもらいたいというのはありますけども、お昼から夕方はかなりの熱で、本当に40℃近くのグラウンドのうえで、彼らはパフォーマンスを出さなければいけない」と指摘する。

続けて「かなりきついというより、苦しいと思う」と話す。松本アナが「荒木さんが経験されていたときと、地球の環境条件が変わっている」とコメントすると、荒木氏は「倍以上に暑さがあるので、考えなければいけない」と語った。


■昼の試合はなし?

松本アナは「政府をはじめ、天気予報メディアニュースでも『外での運動は控えましょう、不要不急の外出は控えて』と呼びかけているなかで、球児たちが暑いなかでやるのは大丈夫なんだろうかと」と指摘する。

すると荒木氏は「大丈夫か、大丈夫じゃないかと言われてしまうと、大丈夫じゃないということになりますよね。解決策って、ぱっと浮かぶのは、昼間はなしにするというぐらいですね」と話す。

話を聞いた松本アナが「ナイターだけにする?」と質問すると「ナイターだけだとスケジュールが難しいので、午前中はがんばってもらわなければいけない。朝を早めれば午前中に2試合できると思うので、2試合。真ん中を抜いて夕方以降、多少緩くなったときにもう2試合」と提案した。


■プロ野球にも協力要請を提案

荒木氏は「思い浮かんだ考えなので、そんな簡単に決められてもという意見もわかるんですけれど、それが一番思い浮かぶ策」とコメント。松本アナも「熱中症で倒れて死ぬ人が出てからでは遅い」と同調する。

続けて荒木氏は「極端な話、午前中1試合にして後半2試合にする。そうすると日程的に長引いてしまうので、甲子園球場を使うので阪神に負担がかかってしまう。そうなったときにはプロ野球全体で対応をして、協力していくような」と提案。

さらに「プロ野球でやっている人間はみんな高校野球でお世話になってきているし、そこがあってのプロ野球なので、協力してもいいのではないかと思う」とコメントした。


■「球児を守りたい」

松本アナは「プロ野球との兼ね合いということでいうと、表と裏でプロ野球高校野球が重なるということがでてきそうですね」と指摘する。

すると荒木氏は「それはもう仕方ないでしょう。仕事仕事のほうでいくよりも、球児を守りたい」とコメント。これには松本アナも「そこが一番。間違いないですね」と納得していた。

高野連は今大会から暑さ対策として5回終了後10分間休憩する「クーリングタイム」を導入するが、スケジュールは従来通りとなっている。


■荒木氏と松本アナが甲子園大会をトーク


・合わせて読みたい→ヒロミ&中居正広MC『THEプラチナリスト』 世界に1つだけの伝説名簿が完成

(文/Sirabee 編集部・佐藤 俊治

荒木大輔氏、甲子園大会の“暑さ対策”を独自提言 「球児を守りたい」


(出典 news.nicovideo.jp)

荒木 大輔(あらき だいすけ、1964年5月6日 - )は、東京都調布市出身の元プロ野球選手(投手、右投右打)、コーチ、野球解説者、野球評論家、YouTuber。妻は元女優・モデルの相田寿美緒。 甘いルックスから高校野球時代にアイドル的人気を誇り、空前の「大ちゃんフィーバー」を巻き起こした。…
26キロバイト (3,055 語) - 2023年7月26日 (水) 05:23



<このニュースへのネットの反応>

【荒木大輔氏、甲子園大会の“暑さ対策”を独自提言 】の続きを読む

このページのトップヘ