#落合博満

emoto

2024年プロ野球シーズン開幕が近づいている。2年連続リーグ最下位に沈んだ中日ドラゴンズの浮上はあるのか?

与田剛監督時代に3年間(2019~21年)ドラゴンズコーチを務めた伊東勤氏が、江本孟紀氏の公式YouTubeチャンネルに出演し、なぜ低迷期が続いているかに触れている。

「(ベンチが)バラバラだったですね」
伊東氏が当時をそう振り返ると、江本氏が言う。
「どっかから(中日は)おかしくなっているよね、大元には諸悪の根源がいた。それが、まだ尾を引いているよね」

「引いていますね、誰とは言わないですけど」と伊東氏が同意して続ける。
「でも残念ながら、その時は勝ってたんですよね」
「中日のOBを排除したでしょ、あれも何か違うよね。それでお客さんも減ってしまった。あの負の遺産をいまも引き摺ってしまっている」(江本氏)
「それはあります」(伊東氏)
「だから、いまの立浪(和義監督)も可哀想だと思う。沈んだチームを上げていくのは大変だよ」(江本氏)

実名こそ挙げていないが、諸悪の根源落合博満氏だと言っているのは明らか。
江本孟紀チャンネル 『中日、長期低迷の原因は?』では、伊東氏が中日のコーチになった経緯も含め赤裸々なトークが繰り広げられている。

▼中日、長期低迷の原因は?

MN ワーク&ライフ編集部 この著者の記事一覧はこちら
(MN ワーク&ライフ編集部)

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【中日ドラゴンズ下位低迷「諸悪の根源はあの人」江本孟紀、伊東勤両氏が指摘─。】の続きを読む

uehara

 巨人やメジャーで活躍した野球解説者上原浩治氏が情報番組「サンデーモーニング」(TBS系)を欠席した。

 11月5日の放送では、元中日監督の落合博満氏と元DeNA監督の中畑清氏が出演。日本シリーズの勝敗について問われると落合氏は「野球は楽しく見ればいい」と「オレ流」の持論を展開。中畑氏から「予想しろよ~。ファンは期待しているよ」というツッコミが入ると、「解説者はどっちを応援するとか、そういうのは俺の主義に合わない」とキッパリ。苦虫を噛み潰したような中畑氏のリアクションにスタジオからは笑いが巻き起こった。

 2人のやり取りに視聴者からは「2人の絡み面白すぎw」「いいコンビだな~」などといった声が上がっていたのだが、レギュラー扱いの上原氏は10月1日の放送から欠席が続いており、「ご意見番なのにどうして…」とヤキモキさせている。

 テレビライターが語る。

「上原氏はこれまで佐々木主浩氏や江川卓氏、掛布雅之氏らとコンビを組んで番組出演していましたが、視聴者のウケはイマイチのよう。ワールドシリーズ胴上げ投手になるなど実績は十分なのですが、高齢視聴者の多い『サンモニ』では今ひとつ大物感に欠けますからね。落合氏と中畑氏は2人とも監督経験者で、気の利いたコメントも多い。視聴者ウケを考えた結果、自ずと出演が減少しているのではないでしょうか」

 番組では当初、張本勲氏の後継として上原氏の「ご意見番」ぶりが期待されていたが、世間の批判を気にしてかどっちつかずのコメントが多く、大事な日本シリーズ時期も不在。「サンモニ」では司会の関口宏が来春に勇退するが、一緒に上原氏も消えるかもしれない。

(ケン高田)

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)

上原 浩治(うえはら こうじ、1975年4月3日 - )は、大阪府寝屋川市出身の元プロ野球選手(投手、右投右打)。現在は野球解説者、野球評論家、タレント、YouTuberとして活動している。 元メジャーリーガーで、2013年にはMLBで日本人初のリーグチャンピオンシップおよびワールドシリーズ胴上げ…
142キロバイト (19,216 語) - 2023年10月24日 (火) 19:53



<このニュースへのネットの反応>

【「サンモニ」上原浩治の「ご意見番」は不向き?】の続きを読む

nakahata

24日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、元中日ドラゴンズ監督・落合博満氏の発言に元横浜DeNAベイスターズ監督の中畑清氏が驚きの声を上げた。


■セ・リーグCS争いを解説

番組は佳境を迎えているプロ野球クライマックスシリーズ進出争いを特集する。

3位横浜DeNAベイスターズと4位読売ジャイアンツが争うセントラルリーグは、中畑氏が「直接対決が4戦残っているんですよ。巨人が3連勝ができれば。1敗したら終わり」「24日からの3連戦で決まる」などと分析する。

一方落合氏は「残りゲームがあるんでね。まだまだわからない」と話した。


関連記事:中畑清氏、『サンモニ』で大谷翔平の「なおエ」を解説 移籍の可能性にも言及

■パ・リーグも熾烈な争い

2位千葉ロッテマリーンズ、3位福岡ソフトバンクホークス、4位東北楽天ゴールデンイーグルスが争うパシフィック・リーグに落合氏は「楽天まで、目はあるでしょうね」と語る。

関口宏から「決め手はなんですか?」と質問されると「ここからクライマックスに出たいと思うところが強くなるんじゃないですか?」と分析。関口が「出たいでしょ?」と念押しすると、落合氏は「本当に出たいところがね」と苦笑いを浮かべた。


関連記事:中畑清氏、新庄剛志監督考案の特別ユニフォームに苦言 「選手が着るのは異常」

■落合氏がCSに独自解説

落合氏は「3位のチームというのはわからないんですよ。出銭ばっかりですから」と指摘。内容が理解できない関口は「え? 出銭ってどういうことですか?」と質問する。

すると落合氏は「ゲームに行くと出費だけが多くなって、実入りがないっていう。球団としては、3位だったら出なくてもいいというように、考える球団がなかにはある可能性がある」と、3位球団は地元開催ではないことから遠征費などの出費がかかることを指摘した。


関連記事:中畑清氏、『サンモニ』で日本プロ野球機構に喝 関口宏も「これはまずい」

■「前から言われている」

この発言に関口も「なるほど、商売上3位はあんまり、おいしくない」と理解し、中畑氏に「そういうものなの?」と質問する。

中畑氏は「初めて聞きましたよ」と目を丸くする。すると落合氏は「そう? 前から言われていることだよ。球団としてね。選手は出たいでしょうね」と持論を展開した。


関連記事:18年ぶり優勝の阪神「この2人が出てきたのは大きかった」 落合博満氏が分析

■中畑氏が驚き

球団経営者的な発想に中畑氏は「GMとかいろいろ経験しているから、そういう駆け引きみたいなものがね得意なタイプなんだよ」と落合氏の発想を称賛していた。

クライマックスシリーズファーストステージが2位チームファイナルステージが優勝チームの本拠地で行われる。3位の場合、日本シリーズまですべてビジターに。3位からの日本一進出はかなり難しいため、「出費だけがかさむ」という考え方がある。

・合わせて読みたい→中畑清氏、『サンモニ』で日本プロ野球機構に喝 関口宏も「これはまずい」

(文/Sirabee 編集部・佐藤 俊治

中畑清氏、プロ野球CSを巡る落合博満氏の発想に驚き 「初めて聞いた」


(出典 news.nicovideo.jp)

落合 博満(おちあい ひろみつ、1953年〈昭和28年〉12月9日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手、右投右打)・監督、野球解説者、タレント、YouTuber。 秋田県南秋田郡潟西村(現・男鹿市)出身。血液型はO型。 選手時代は1979年から1998年にかけてロッテオリオンズ・中日ドラゴンズ…
158キロバイト (23,414 語) - 2023年9月7日 (木) 16:43



<このニュースへのネットの反応>

【中畑清氏、プロ野球CSを巡る落合博満氏の発想に驚き 】の続きを読む

ochiai

阪神タイガース

野球解説者落合博満氏が19日、自身のYouTubeチャンネル落合博満のオレ流チャンネル』に出演。18年ぶりに優勝したプロ野球阪神タイガースについて語った。

【動画】CS&日本シリーズにも言及


■阪神優勝の要因

11連勝の快進撃で6度目の頂点に立った阪神。落合氏は「メンバーを固定して、守りの野球をやったこと」が優勝につながったと分析し、岡田彰布監督の野球は「昔の野球」と評す。

「今は、あれこれ選手を代えながら日替わりオーダーというのが主流になってきている。それを内野は大山、中野、佐藤(輝明)、木浪、外野は近本と。それをまず固定したというのが1番じゃないのかな。固定するということは、打順の流れも線でつながるんでね」と述べた。


関連記事:大谷翔平のスイーパーを投げていた選手は… 落合博満氏が現役時代を回想

■「この2人が出てきたのは大きかった」

「この2人が出てきたのは大きかった」と挙げたのは、2桁勝利をマークした村上頌樹投手と大竹耕太郎投手。「それと中継ぎ陣がよかった。湯浅が故障で、その穴を岩崎が埋めた」と投手陣を称える。

「普通の野球を普通にやった強さというのが1番なんだろうと思う。そういうふうに仕向けた監督の采配は素晴らしいと思うし、それに応えた選手は素晴らしいと思う」と、べた褒めした。


関連記事:落合博満氏、ヌートバーの貢献を称賛 WBC決勝は「あの2点目が大きかった」

■何が起こるか分からない短期決戦

次はクライマックスシリーズ(CS)、勝てば日本シリーズだが「これはまるっきり別物」と落合氏。

「CSは勝ち上がってきたところとやるんでね。1つアドバンテージがあるにしても、3つ勝つのは結構大変なこと。勝ったとしても日本シリーズの7戦というのは別の作用が動くんで。シーズン中とは違うものが出てくるんだろうと思う」と予想する。

落合氏も試合の流れは想像できないといい「絶対勝つだろうと思っていったけど負けて、今年危ないかなと思ったけど勝ったってことがあるんでね。1つのプレーでガラッと内容が変わって、流れがこっちにくるか向こうにいくかというのが短期決戦なんで。これだけはやってみなきゃわからない」と話した。

関連記事:大谷翔平は「見ていて楽しい」 落合博満氏が絶賛、グッズ購入も告白

■CS&日本シリーズにも言及


・合わせて読みたい→大谷翔平は「見ていて楽しい」 落合博満氏が絶賛、グッズ購入も告白

(文/Sirabee 編集部・荒井どんぐり

18年ぶり優勝の阪神「この2人が出てきたのは大きかった」 落合博満氏が分析


(出典 news.nicovideo.jp)

落合 博満(おちあい ひろみつ、1953年〈昭和28年〉12月9日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手、右投右打)・監督、野球解説者、タレント、YouTuber。 秋田県南秋田郡潟西村(現・男鹿市)出身。血液型はO型。 選手時代は1979年から1998年にかけてロッテオリオンズ・中日ドラゴンズ…
158キロバイト (23,414 語) - 2023年9月7日 (木) 16:43



<このニュースへのネットの反応>

【18年ぶり優勝の阪神「この2人が出てきたのは大きかった」 落合博満氏が分析】の続きを読む

ootani

大谷徹とバドミントン選手の母・加代子との間に二男として出生。兄はトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太。さらに姉が一人いる。 地元・奥州平泉にゆかりある源義経の八艘飛び(はっそうとび)のイメージから「」と平泉の「」を合わせて父・徹が「翔平」と命名。…
289キロバイト (40,109 語) - 2023年8月16日 (水) 02:22

【「大谷翔平のマネはするな」野球少年に警鐘 逆に打てなくなるよ】の続きを読む

このページのトップヘ