#西武ライオンズ

tuji

 野球解説者槙原寛己氏のYouTubeチャンネルミスターパーフェクト槙原〉に、前西武監督の辻発彦氏が出演。現役時代、西武の主力として王貞治監督率いる巨人と戦った1987年日本シリーズを振り返った。西武黄金期を築いた森祇晶監督をして、自らが経験した8回のシリーズの中で「最高傑作と言っていいかもしれない」と語ったほど、西武の強さが際立ったのである。

 西武が王手をかけて迎えた第6戦。2回、二塁走者の清原和博が巨人の緩慢な守備の隙をつき、センターフライ一気にホームに生還。すると8回、今度は一塁走者の辻氏が、センター前の単打ながら、クロマティの緩慢な送球により、またもやホームを踏んだ。

「それ(清原のホーム生還)が1回あったにもかかわらずですよ、また俺が同じことを。そこは巨人のヌルさだったと思うよ。これはダメだよね」

 辻氏はにこやかながらも、厳しく指摘したのだった。

 ところでこの日本シリーズMVPは広島を相手にした前年に続き、西武・工藤公康が2年連続で獲得。第2戦(9回完封)、第5戦(9回にリリーフ)、第6戦(9回完投)と見事なピッチングを見せ、唯一の失点は第6戦の7回表、原辰徳のソロ本塁打のみだった。

 2年連続Bクラスが濃厚になってきた巨人に「工藤監督」誕生を望む声が出ることに、何か因縁めいたものを感じざるをえない。

(所ひで/ユーチューブライター

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【日本シリーズ最高傑作「西武VS巨人1987」のダメダメ巨人に辻発彦が喝!】の続きを読む

tabuchi

5月30日ベルーナドームで行われたセ・パ交流戦埼玉西武ライオンズ阪神タイガースの試合前、かつて西武・阪神でプレーし、通算474本塁打を放った球界屈指のスラッガー・田淵幸一氏の野球殿堂入りを祝うセレモニーが行われた。

【映像】落合博満氏が唯一認めた“天性のホームランアーチスト”

田淵氏といえば、デビューイヤーとなった1969年から、阪神で強肩・強打の捕手として大活躍。打率.226ながらも、22本塁打を放って注目を集めると、その後もホームランを量産。滞空時間の長く、美しい放物線を描きながらスタンドインする打球に、多くのファンはもとより、選手たちもが魅了されるという、なんとも華々しい選手であった。

6月2日放送のABEMA『バズ!パ・リーグ』では、今回行われた田淵氏の堂入りを祝うセレモニーの模様について紹介することとなったが、その際、番組に出演していた野球解説者G.G.佐藤氏も「田淵さんは素晴らしい実績を挙げられて、ライオンズの大先輩で。しかも法政大学の大先輩でもあるんですよ。」と、自身が田淵氏の後輩であることを、嬉しそうに語っていた。

そんな田淵氏といえば、前述の通り、「天性のホームランアーチスト」と呼ばれるほどの長打力で知られるが、そんな田淵氏について、3度の三冠王に輝き、田淵氏を超える510本塁打を放っている野球解説者落合博満氏は、4月11日付でYouTubeチャンネル『【公式】落合博満のオレ流チャンネル』に投稿した動画の中で、田淵氏と対談。
その際、落合氏は、「俺の中ではね、プロ野球、何百人、何千人っていう中で、ただ1人なんですよ?ホームランバッターって認めてるのは。田淵さんだけなんだよ?これ(“ゴマスリ”のポーズをしながら)じゃなくてね?天性のホームランバッター。」と、田淵氏を唯一自身が認める“天性のホームランバッター”であるとコメント。それを聞きに、思わず照れる田淵氏に対して落合氏は、「あの打球の角度といい、放物線といいね、あれは、人には真似できないものだから。」と、自身の見解を語っていた。つまり、1人の打者として見た場合、田淵氏はあの落合氏でさえも「真似できない」と言わしめるほどの存在であるというわけだ。

さて、開幕からここまで、セ・パ両リーグでは、各チームの主軸を中心に、既に多くのホームランが飛び出し、ファンを沸かせているが、そうした打球を放った選手たちの中に、今後、田淵氏を越えるようなホームランアーチストが出ることに、我々も期待したいところだ。

ABEMA『バズ!パ・リーグ』)

三冠王3度の落合博満氏も「真似できない」と断言! 滞空時間が長く、美しい放物線… 唯一認めた“天性のホームランアーチスト” 田淵幸一氏が野球殿堂入り


(出典 news.nicovideo.jp)

田淵 幸一(たぶち こういち、1946年9月24日 - )は、東京都豊島区出身の元プロ野球選手(捕手、内野手)・指導者(監督、コーチ)、野球解説者、野球評論家、タレント。阪神タイガースOB会会長(第6代)。 株式会社タブチエンタープライズ所属(生島企画室にも業務提携で在籍)。ニックネームは「ブチ」…
76キロバイト (10,261 語) - 2023年5月20日 (土) 23:27



<このニュースへのネットの反応>

【美しい放物線… “天性のホームランアーチスト” 田淵幸一氏が野球殿堂入り】の続きを読む

kiyo

清原和博

プロ野球選手清原和博氏が5日、自身の公式ツイッターを更新。現役時代に大乱闘を繰り広げた相手との2ショットを公開した。

【画像】大乱闘したのはこの2人


■中日のキャンプ地訪問

きのう清原氏は、中日ドラゴンズキャンプが行われている沖縄・Agreスタジアム北谷へ。PL学園の後輩である立浪和義監督と会ったといい、さらに「平沼さんに再会できてうれしかった」と笑顔で撮影した1枚を投稿した。

「平沼さん」とは、中日などで投手として活躍し現在は用具係を担当している平沼定晴さんのことなのだが、過去に2人は大乱闘を繰り広げている。


関連記事:「池袋サンシャイン乱闘」があの男を呼び覚ます… ノリノリすぎる絶叫が話題に

■死球受けヒップアタック

それは1989年9月23日の試合。当時西武ライオンズだった清原氏は、千葉ロッテマリーンズの平沼さんとの対決で死球を受ける。

激怒した清原氏は平沼さんに向かってバットを投げつけ、突進。強烈なヒップアタックお見舞いし、両軍入り乱れての大乱闘に。この事件はプロ野球名シーンとして今も語り継れている。


■「笑顔のお2人が見られるなんて」

そんな因縁の相手だった平沼さんとは、1年前に清原氏のYouTubeで共演。そして今回の笑顔の再会と、現在は良好な関係を築いているようだ。

ファンからは「お2人の仲の良さが伝わってきます」「平沼さんの笑顔がなんとも言えない。2人の笑顔が最高!」「すごいツーショットですねー。あの事件を知っている人も少なくなったと思いますが、懐かしい」「再会してツーショットで笑顔のお2人が見られるなんて思いもよりませんでした」と反響が集まっている。

■大乱闘したのはこの2人


・合わせて読みたい→見取り図リリー、“仲良くなる相手”の共通点が発覚? 相方と幼なじみが…

(文/Sirabee 編集部・RT

清原和博氏、伝説の大乱闘を繰り広げた相手と再会 笑顔の2ショット披露


(出典 news.nicovideo.jp)

清原 和博(きよはら かずひろ、1967年8月18日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、野球評論家、タレント、YouTuber。大阪府岸和田市出身。愛称はお祭り男、(球界の)番長。2019年よりワールドトライアウトの監督を務める。 高校野球の甲子園大会での通算本塁打数の最多記録保持者(13本)。日本プロ野球…
184キロバイト (28,451 語) - 2023年2月2日 (木) 13:55


懐かしい

<このニュースへのネットの反応>

【清原和博氏、伝説の大乱闘を繰り広げた相手と再会 】の続きを読む

ggsato_main

G.G.佐藤

野球解説者のG.G.佐藤こと佐藤隆彦氏が7日、公式ツイッターを更新。12球団合同トライアウトの開催を前に、チャレンジすることの重要性を訴えた。

【ツイート】挑戦することを訴えた佐藤氏


■戦力外通告を経験

佐藤氏は大学卒業後、米マイナーリーグフィラデルフィア・フィリーズを経て、西武ライオンズの入団テストを受け、2003年ドラフト会議で7巡目指名されて入団。一塁手外野手として活躍するも、2011年戦力外通告を受けた。

その後、イタリアのプロチームを経て、2012年千葉ロッテマリーンズの入団テストに合格してNPBに復帰。2014年戦力外通告を受けた。


関連記事:オリックス戦力外のドラ1ルーキー・椋木投手 高木氏が福良GMに話を聞くと…

■「後悔するのが一番格好悪い」

あす8日に宮城・楽天生命パーク宮城プロ野球12球団合同トライアウトが行われるのを前に、佐藤氏はこの日の朝「戦力外になるってかっこよくはないけど、何度も挑戦することは素晴らしいと思っている、4度の戦力外を経験したGG佐藤です!」とツイート

今年もさまざまな選手が戦力外通告を受け、トライアウトへの参加が取りざたされているが、佐藤氏はその後の更新で「まだやれる俺はできると思っているのなら、トライアウトは受けてほしい。受けなくて後悔するのが一番格好悪いから。その姿を見て、評価してくれる人がいるかもしれない。どんな結果であれ、受けなくて後悔するよりは受けるべき」と訴えている。


■ファンからも賛同の声

佐藤氏の訴えに、ファンからは「人生一度きり、あっという間なのでチャレンジあるのみ! ですよね」「這い上がるのは素晴らしいです!」と賛同の声が寄せられた。

また、2020年広島東洋カープ戦力外通告を受けて同年のトライアウトを受験し、1年後に福岡ソフトバンクホークスに入団した藤井晧哉投手を引き合いに、「1浪もした藤井晧哉投手は、今季ホークスで(かつて活躍した投手の)ファルケンボーグ並の働きをしましたから!」とのコメントも届いている。


■挑戦することを訴えた佐藤氏


・合わせて読みたい→GG佐藤、引退する杉谷拳士選手にエール 「どんなことも乗り越えていける」

(文/Sirabee 編集部・けろこ

GG佐藤、合同トライアウトを前に訴え「どんな結果であれ…」 賛同集まる


(出典 news.nicovideo.jp)

Eighty-Four(所属事務所) G.G.佐藤 - オフィシャルブログ『野球も、人生も、キモティー!』(2012年9月17日 - 2017年8月6日) GG佐藤 ブログ - トラバース(2019年5月1日 - ) G.G.佐藤のプロフィール - 有限会社オンリーユー(業務提携) GG佐藤 (@ggsato_travers)…
44キロバイト (5,708 語) - 2022年11月1日 (火) 16:31


11/8運命の日

<このニュースへのネットの反応>

【GG佐藤、合同トライアウトの「心構え」に賛同集まる】の続きを読む

9

 逆転の4連勝で、オリックスが劇的な勝利を飾った、今年の日本シリーズ。26年ぶりの歓喜を次のように分析したのは、野球解説者の宮本慎也氏である。

「普通、3対0で勝ってて、9回の1イニングで追いつかれたら負けるよ、オリックスは」

 11月1日に更新したYouTubeチャンネル〈野球いっかん!〉に出演した宮本氏がターニングポイントに挙げたのは、18年のソフトバンクVS広島以来、4年ぶりの引き分けとなった第2戦。

 オリックスが3対0とリードして迎えた9回裏。ヤクルトは無死一、二塁のチャンスで、代打・内山壮真の劇的な3ランで同点に追いついた。それを評したのが、冒頭のコメントだったのだが、さらに、

オリックスは勝ちゲームピッチャーを全部、つぎ込んできたわけよね。で、追いつかれた時点で、勝ちゲームじゃないピッチャーが投げ出すわけ。ヤクルトの場合は、負けゲームだから、勝ちゲームピッチャーが投げてないわけよ。で、追いついた時点で、いいピッチャーがきてる。だから、オリックスが得点する確率は低くなる。ヤクルトが得点する確率が上がっていくわけ」

 ところが結果は、宮本氏の予想通りにはならず。宮本氏は、オリックス投手陣の層の厚さに感服した様子だった。

 ちなみに、日本シリーズ引き分け試合は今年を含め、過去8回。そのうち、9回に追いついたケースは86年、日本シリーズ唯一の第8戦までもつれた、西武VS広島の第1戦だった。2対0のビハインドで迎えた広島が、小早川毅彦山本浩二のソロホームランで追いつくも、勝ちきれずにドローとなったのである。4勝3敗1分けで日本一に輝いたのは、西武。

 そして今年も、9回に追いついたものの、引き分けに終わったヤクルトが、結果的に日本一を逃すことに。奇しくも36年前の「再現」のような結果だったといえよう。

(所ひで/ユーチューブライター

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)

宮本 慎也(みやもと しんや、1970年11月5日 - )は、大阪府吹田市出身の元プロ野球選手(内野手)、プロ野球コーチ。元日本プロ野球選手会会長。 現役時代は一貫して、ヤクルトスワローズ→東京ヤクルトスワローズに在籍。アテネオリンピック野球日本代表(2004年)・北京オリンピック野球日本代表(2…
50キロバイト (5,633 語) - 2022年11月5日 (土) 08:05


どの試合も接戦で素晴らしいシリーズ

<このニュースへのネットの反応>

【今年の日本シリーズは36年前の「再現」だった?】の続きを読む

このページのトップヘ