#里崎智也

adam

【写真・画像】「ホントに移籍して良かった…」 大ブレイクした日本ハムの新守護神 “ジャスティス”田中正義の“笑いながら剛速球”がエグすぎる ソフトバンク時代の“元同僚”五十嵐亮太氏も大喜び 1枚目

今オフ、早くも各球団の入退団に関するニュースが様々な形で報じられているが、そんな今オフの去就のうち、高橋礼泉圭輔との2対1トレードで、セ・リーグ読売ジャイアンツから、福岡ソフトバンクホークスに移籍したアダム・ウォーカーについて、野球解説者里崎智也氏が言及した。

【映像】里崎氏がパ・リーグをぶった斬る瞬間

この日、番組では、パ・リーグを振り返るとともに、オフの動向などについても改めて紹介することとなったが、その際、ソフトバンクにトレードで加入したウォーカーについて里崎氏は「ウォーカーは、今年、ポランコロッテ入ってホームラン王ですけど、ウォーカーがDHで打つのに専念して、PayPayドームテラスあるんで狭いじゃないですか。ウォーカーホームラン王チャンスある。」と、巨人からロッテへと移籍し、今季、その豪快なアーチでいきなり本塁打王に輝いたポランコを引き合いにする形で、“ウォーカーの可能性”について指摘。続けて、「守備に難があるというところですが、(DHなら)守備がなくなるんで。ウォーカーはひょっとしたらひょっとする可能性ありますよね。」と、DH制があり、ウォーカーがやや苦手とする守備も回避できるパ・リーグでは、打撃に専念する形で大化けする可能性もあると語った。

なお、巨人からソフトバンク入りを果たしたウォーカーについて、ネット上の野球ファンからは「ウォーカーはDHのほうが間違いなく活きる」「高橋礼と泉はきっかけさえあればまだまだやれる。各選手にとっても良いトレードだと思う。」「ウォーカー好きだったのに悲しい…でもDHあるところで活躍してくれた方が良いに決まってる」「G党だけどウォーカーは30打てるポテンシャルは持ってると思う、あとは使い続けて結果が出るのを待つだけ」「ホークスファンだけど、ウォーカーはマジでありがたい!」「ウォーカー悲しいよ。助っ人で二軍に落ちても腐らずやって、本当に応援していた選手だった。」といった様々な反響が寄せられている。

ABEMA「バズ!パ・リーグ」)

巨人からトレード移籍で「ひょっとしたらひょっとする」 ソフトバンクの新助っ人・ウォーカーにホームラン王のチャンスあり? 里崎智也氏が言及


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【巨人からトレード移籍, ソフトバンクのウォーカーにホームラン王のチャンスあり?】の続きを読む

sasaki

【写真・画像】最初は恥ずかしかった? “幕張の仁王立ち男”ロッテ・澤村が「ドヤ顔&腕組みポーズ」が進化した瞬間 本家・アロザレーナを完全に超えてカッコ良すぎる 1枚目

12月30日ABEMAで放送された『ABEMAバズ!パ・リーグ2023年末SP』に、野球解説者里崎智也氏が出演。今季も“奪三振ショー”を披露し続けた“令和の怪物”こと佐々木朗希の課題について言及した。

【映像】佐々木朗希、日本人最速タイ165キロを叩き出した瞬間

この日、番組では、今季のパ・リーグ振り返りつつ、パ・リーグを良く知る野球解説者里崎智也氏、G.G.佐藤氏、五十嵐亮太氏の三氏がそれぞれの見解を語る形となったが、そうした中で紹介された『パ・リーグTV年間再生回数 PLAYER RANKING』のコーナーでは、春先に行われたWBCでも見事な投球で勝利し、レギュラーシーズンでも15試合に登板し、15試合で7勝4敗、防御率1.75、135奪三振と、前年よりも少ない登板ながらも“怪物”ぶりを発揮した佐々木が、528万以上の再生数で6位にランキングしたことが発表されることに。

“投げれば奪三振ショー”の様相を呈していた今季の佐々木に、まずG.G.佐藤氏が「誰もが観たいと思うピッチャーですよね。今日、何個三振とるのか?っていうところからスタートしますからね。求めているものが高いというか。レベルが高いピッチャーで間違いないですよね。」と絶賛。すると、投手出身の五十嵐氏も「ロッテが大事に大事に育ててきているので、今年も最後の方、ちょっと怪我してしまったり、心配だったんですけど、来年はいい形で開幕を迎えてくると思うので、目が離せない選手だと思います。」と、その成長ぶりを称賛しつつ、来季の活躍に早くも太鼓判を押す形となった。

一方、ロッテOBの里崎氏は、番組司会の辻アナウンサーから「球界を代表するピッチャーになってるとは思うんですけども、たとえば今後、メジャーを目指すというと、どういったところをどんどんレベルアップしていくべきでしょうか?」との問いに、「まずは1年、多少中休みあったとしても、1年間、怪我なく過ごさなきゃいけないですよね。」と、怪我や病気などによる離脱がなく、シーズンを通して1軍のマウンドに立ち続けることが第一であるとした上で、「まだ10勝してないんで。だから規定投球回があったりとか、2ケタ勝って、1年間何もなく過ごすというところが、まずプロ野球選手としての、“レギュラーとしてのスタートライン”なんですよ。1年間過ごすのは。だから、そこがどこまでクリアできるのかが、今後、朗希に試されるところじゃないですか。」と、まずは“レギュラーとしてのスタートライン”に立つことが求められると、佐々木に対する自身の見解を語ることとなった。

また里崎氏は、「一発の爆発力は、誰から見てもわかるので。」と、完全試合の達成や“奪三振ショー”的な好投をはじめ、佐々木ポテンシャルの高さは火を見るよりも明らかであるとしつつ、「それを継続できるか。それが(実現)しないと、ロッテの優勝もないですから。」と、佐々木が通年で活躍し続けることこそが、ロッテにとって、優勝を目指すという意味でも、大きな鍵となっていることを強調する形でコメントした。

ABEMA「バズ!パ・リーグ」)

「まず、プロ野球選手として…」メジャーを目指す“令和の怪物” 佐々木朗希が抱える課題とは? ロッテOBの野球解説者・里崎智也氏「それが実現しないとロッテの優勝もない」


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【メジャーを目指す“令和の怪物” 佐々木朗希が抱える課題とは? 】の続きを読む

-tomoya-satozaki

 パワハラ不祥事により、安楽智大楽天イーグルスから自由契約になったまさにそのタイミングで、野球解説者里崎智也氏が「球界あるある話」を暴露し、パワハラまがいの行為を告発した。

 自身のYouTubeチャンネルSatozaki Channel〉で〈「これだけは許せない」実際にあった野球界のヤバい先輩話〉と題して体験談を明かしたのだが、まずは、

「挨拶しても無反応なやつ、あるある。挨拶してもスーッて、こいつ聞こえてないんかって。で、そういうやつに限って『アイツ、挨拶せぇへん』とか言い出すのよ」

 他にも、家族旅行先なのに偶然出会った時にも挨拶を強要するやつ、握手する時に力いっぱいなやつ、などが登場。

「相手が痛いってわかってるのに、強く握るってもうアホやろ。それで何を示したいの? 何をマウント取りたいのか知らんけど『痛ぇんだよ、ボケ!』って心の中で思ってる」

 対する安楽は「アホ」「バカ」など、後輩選手への日常的な暴言に加え、飲みの誘いを断る選手には深夜に執拗に電話をかけたり、翌日の挨拶を無視したり。罰金と称して金銭を要求するなど、あるまじき行為が明るみに出た。

「里崎氏は安楽の名前こそ口にしていませんが、言っていることは全て遠回しな安楽批判。もっといろんな球界エピソードを知っていそうですが…」(ネットライター

 第2弾があれば、さらなる「ヤバい先輩」の話が飛び出すことだろう。

(所ひで/ユーチューブライター

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)優勝に貢献。同大会では正捕手として大会優勝に貢献した。 戸籍上の本名は「智也」だが、自身は20歳になるまでこのことを知らなかった。ただし「﨑」の字を使うと字画が一つ多くなるため、本人は「」の字を一生使い続けていくという。 鳴門市大津西小学校2年生の時に野球を始め、鳴門市第一…
53キロバイト (6,075 語) - 2023年11月3日 (金) 12:46



<このニュースへのネットの反応>

【里崎智也氏がバラした安楽智大よりも許せない「球界迷惑事件」】の続きを読む

nakajima

トライアウトが終わり、プロ野球12球団の戦力補強が年末にかけて活発化する。2年連続リーグ最下位の中日ドラゴンズは、4選手の獲得を早々に発表した。

中島宏之(元巨人)、上林誠知(元ソフトバンク)、山本泰寛(元阪神)、そして育成枠で板山祐太郎(元阪神)。いずれも野手だ。特に中島にはチームウィークポイントである打撃力強化への期待がかかる。

ところで、なぜ中島は巨人から戦力外を通告されたのか?
人気野球解説者里崎智也氏は自身のYouTubeチャンネルで次のように話している。
「戦力外になるのは、実力不足だけじゃない。今回のナカジ(中島)の場合は『キャラかぶり』ですよ。今年の巨人は右の代打が豊富。中島、長野(久義)、中田(翔)、松田(宣浩)…多過ぎますよね」

そして続ける。
「松田は引退し、中田もチームを出ましたけど成長株の秋広(優人)もいる。中島と長野のどちらを残すかと考えた場合、やっぱり長野でしょ。外野も守れるしストーリー性もあるから」
加えて年俸の高さもあると指摘していた。

里崎智也チャンネル『【戦力外通告プロ野球選手は引退後8割は自己破産する⁉︎なぜトライアウト参加しない選手がいるの⁉︎戦力外になる選手の4つの理由とは⁉︎』では、ファンが「なぜ?」と思うシーズン後の事象にスポットを当て深く掘り下げている。

▼【戦力外通告プロ野球選手は引退後8割は自己破産する⁉︎なぜトライアウト参加しない選手がいるの⁉︎戦力外になる選手の4つの理由とは⁉︎野球界の疑問を里崎が答える‼︎

MN ワーク&ライフ編集部 この著者の記事一覧はこちら
(MN ワーク&ライフ編集部)

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)優勝に貢献。同大会では正捕手として大会優勝に貢献した。 戸籍上の本名は「智也」だが、自身は20歳になるまでこのことを知らなかった。ただし「﨑」の字を使うと字画が一つ多くなるため、本人は「」の字を一生使い続けていくという。 鳴門市大津西小学校2年生の時に野球を始め、鳴門市第一…
53キロバイト (6,075 語) - 2023年11月3日 (金) 12:46



<このニュースへのネットの反応>

【中島宏之は、なぜ巨人を出されたのか?】の続きを読む

walker_ky

 阪神の劇的日本一日本シリーズが幕を閉じ、プロ野球は本格的なストーブリーグに突入した。まず飛び込んできたのは、巨人のアダム・ウォーカー外野手ソフトバンク高橋礼泉圭輔両投手の、1対2の電撃トレードである。

 昨年、ウォーカー124試合に出場して28本塁打、52打点の活躍ながら、守備に難があることから、今年は57試合の出場にとどまり、6本塁打、20打点だった。DH制があるパ・リーグに移籍となれば、どうなるか。野球解説者里崎智也氏は11月6日に更新した自身のYouTubeチャンネルSatozaki Channel〉で、次のように評している。

「今年、マリーンズに移籍したポランコホームラン王になったけども、うまくいけば、来年はウォーカーホームラン王になる可能性が、かなりあります」

 もちろんこの交換トレードには、巨人にもメリットがある。里崎氏は高橋、泉の両投手にとって「環境を変えることに意義がある」とした上で、現役ドラフトソフトバンクから阪神に移籍し、大ブレイクした大竹耕太郎に着目。12勝2敗、貯金10の大活躍を見せたが、高橋には大竹に通じるひとつの目安があるという。

「2軍で防御率1点台の選手っていうのは、1軍で活躍する可能性が高いというデータがあります。第2の大竹選手にジャイアンツでなる可能性が…かなりの高確率でなるんじゃないかと思います」

 今季の高橋は2軍で21試合に登板し、7勝1敗1セーブ防御率1.24だった。巨人、ソフトバンク双方がホクホクとなるか。

(所ひで/ユーチューブライター

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【電撃トレードの巨人・ウォーカーは来季「本塁打王になる可能性大」の根拠】の続きを読む

このページのトップヘ