#阪神タイガース

satou

  • 好調を維持する佐藤のバッティングをラミレス氏は称えた(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

     この男の快音が“球春到来”を告げた。

     プロ野球2月23日よりオープン戦が開幕。昨季、38年振りの日本一に輝いた阪神が巨人と対戦し、今季も優勝争いを演じるであろう両球団により、熱戦が繰り広げられた。

     その中で一際、スタンドのファンを沸かせたのが、3回に飛び出した阪神・佐藤輝明本塁打だった。この日の第二打席の初球、内角の速球を完璧に捕らえ、豪快にライトスタンドへと運んだ。

    【動画】「この飛距離はヤバい」オープン戦で佐藤輝明が特大弾!ファンも驚愕した豪快2ランの映像


     プロ4シーズン目の今季は真の主砲としての飛躍へ大きな期待が寄せられている。昨年12月にはアメリカ・シアトルのトレーニング施設でバッティングフォームのチェックなどを行なったことが伝えられた。新たなシーズンへ懸ける並々ならぬ意欲はファンも感じ取っている。

     昨季はチームの日本一にも貢献したものの、途中に2軍降格も経験するなど好不調の波も大きかった。もちろん、今季はより安定したパフォーマンスで、チームを牽引する存在になることを阪神ファンや関係者は求めている。

     そして、はやくも佐藤のバッティングの変化を指摘し、さらなる飛躍を予想する大物OBの声も伝えられている。

    「今年は去年の成績を超えてくるだろう」

     そう語るのは、ヤクルト、巨人、DeNAで活躍し、球界随一の強打者として知られたアレックス・ラミレス氏だ。YouTubeチャンネル『ラミちゃんねる』を2月23日に更新し、今季の佐藤のバッティングについて見解を述べている。


     ラミレス氏は「オフのアメリカでのトレーニングや春季キャンプで自分のスイングを確立したようだ。とても向上したように見える」と評しており、昨季との違いに言及。「去年は、構えた時のバットの位置が身体から離れていて、それによりスイングが大回りになっていた」と振り返っており、その一方で、「今年はバットが身体に近い位置にあり、少し下げて構えており、コンパクトなスイングになっている」と分析している。

     その上で、「バットコントロールがしやすくなり、ボールをより捉えることができるので、おそらく三振は20~30個は減り、ヒットや本塁打は増えるだろう」と見込んでおり、「3割30本100打点、それ以上も夢ではない」と語っている。

     さらに、ラミレス氏は「長く4番を務めるだけのポテンシャルを持っている」と称えながら、「例えるなら金本知憲選手のようなタイプの打者になる素質がある」と球団レジェンドの名前を挙げ、佐藤のスキルの高さを強調した。

     ラミレス氏は他にも、「佐藤選手が素晴らしい数字を残せば、阪神の連覇もみえてくるだろう」として、「今年はリーグトップ3の打者へと成長を遂げるだろう」と新シーズンへ大きな期待を寄せた。

     佐藤の持ち味である長打力は多くのファンを惹き付け、阪神の“顔”として誰よりも高いスター性も持ち合わせている。球界内からも絶賛されるその素質はいよいよ今季、本格開花となるだろうか。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]

    【ラミちゃんねるの当該動画はこちら/https://www.youtube.com/watch?v=h0dGoy0IlBw


  • 阪神連覇のキーマン 佐藤輝明の”変貌ぶり”を大物OBが指摘!今季は「トップ3の打者へと成長を遂げるだろう」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    佐藤 輝明(さとう てるあき、1999年3月13日 - )は、兵庫県西宮市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投左打。阪神タイガース所属。 実父は柔道家・関西学院大学人間福祉学部准教授の佐藤博信。 NPBにおける、新人左打者最多本塁打記録保持者(24本)。また、NPB史上唯一の、左打者の新人から3年連続20本塁打達成者。…
    69キロバイト (9,261 語) - 2024年2月25日 (日) 03:43



    <このニュースへのネットの反応>

    【阪神連覇のキーマン 佐藤輝明の”変貌ぶり”を大物OBが指摘!】の続きを読む

    abe

    阿部慎之助

    阪神タイガース掛布雅之氏が、2024年の阿部慎之助監督率いる読売ジャイアンツについて語った。

     

    ■掛布氏が阿部巨人を語る

    掛布氏は阿部監督について「阿部監督のお父さんと私は高校時代、同じ習志野の野球部で一緒に野球をやってきたという関係もありますので、 阿部監督はもう、子供のころから非常にかわいがっていた。僕の子供みたいなもの」と語る。

    そして「巨人の監督になりましたので、今年の巨人に対して僕はすごく気になっていた。阿部監督にも話を聞いてきたんですけども、今年の巨人は手ごわいと思います、 阪神にとって。 岡田監督も1番マークしなければいけないのは巨人だろうというようなこと言っておりました」と今年の巨人を評価した。

     

    関連記事:徳光和夫、侍ジャパンに勝利の阿部慎之助監督に期待 「意識が相当強いと…」

    ■巨人が阪神をデータ分析している

    さらに掛布氏は「巨人の今年の練習、 取り組む野球というようなものを阿部監督からいろいろ聞いてきたんですけども、まずびっくりしたのは、あの巨人がですよ、昨年阪神の1年間の戦ったいろいろな数字というものを含めたデータというものをすべて出してですね、 巨人と比べたらしいんですね」と明かす。

    続けて「阪神が勝ることばっかりのデータが出てきたらしいんですよ。 そういうものをコーチの人たちが分析をして、今年の阪神に対する戦い方はこういう形でしなければいけないというなミーティングを1軍だけではなくて、2軍でも同じミーティングをしたらしいんですよ」と語った。

     

    関連記事:松井秀喜氏、ドラフト会議の裏話を告白 掛布雅之氏が嘆き「阪神ファンで…」

    ■走塁への意識の変化を指摘

    巨人の阪神対策について掛布氏は「阪神に対して昨年18敗してるんですね、巨人は。阿部監督は『この18敗を五分に持っていければ、優勝争いまで持ち込めるんではないかなと思っているんです』と言っていた」と話す。

    さらに「去年の秋季キャンプのとき阿部監督に、僕は阪神と巨人の1番大きな差というのは、1塁への全力疾走、走る力というものが阪神のほうが勝っていたのではないかと話したんですが、今年は亀井コーチが1塁ベースコーチのなかでストップウォッチを持っていまして、 1塁への走るタイムをつねに計ってるんですね」とコメント。

    そのうえで「このあたりの1塁への走塁の意識というものをまず変えていこうと。そういう姿勢というものを、巨人のキャンプを見たときに感じました」と明かした。


    関連記事:岡田阪神の“アレ”は「90%間違いない」 ミスタータイガース・掛布雅之氏が太鼓判

    ■オープン戦初戦の戦いぶりも評価

    その後掛布氏は23日に行われたオープン戦読売ジャイアンツ阪神タイガースに言及。「阪神に対して『今年の巨人は変わったという形を必ず見せたいんです。一泡吹かせたいんです。変わった巨人を見せます』 ということで」と明かす。

    続けて「オープン戦、初回に伊藤将司から7点取ってるんですよね。今年の戦う巨人にとって、ただの1勝ではないオープン戦の1勝になったのではないかな」と評価する。

    掛布氏は「巨人ファンの方たちも、今年の阿部巨人を楽しみに1年間見ていけると思います。応援してください」と呼びかけていた。

     

    関連記事:岡田彰布監督は「失敗を受け入れる大きさがある」 掛布雅之氏が采配を称賛

    ■阪神への雪辱に燃える巨人

    読売ジャイアンツは昨年阪神タイガースに6勝18敗1引き分けと大きく負け越し、2年連続Bクラスの要因の1つになった。

    掛布氏によると阿部監督はかなり「対阪神」を意識している様子。シーズン開幕後の勝敗に注目が集まる。


    ■掛布氏が阿部巨人を評価

    阿部慎之助監督率いる巨人は阪神タイガースにとって「手強い」 掛布雅之氏が分析


    (出典 news.nicovideo.jp)

    掛布 雅之(かけふ まさゆき、1955年〈昭和30年〉5月9日 - )は、新潟県三条市生まれ、千葉県千葉市中央区出身の元プロ野球選手(内野手)、野球解説者・評論家、指導者、タレント、YouTuber。 大阪府豊中市在住。阪神タイガースでの現役時代から、阪神ファンやメディアの間で「4代目(あるいは3代目)ミスタータイガース」と称される。…
    93キロバイト (13,712 語) - 2024年2月8日 (木) 03:30



    <このニュースへのネットの反応>

    【掛布雅之氏分析、阿部巨人は阪神にとって「手強い」存在】の続きを読む

    itoi

     阪神タイガースなど活躍した元プロ野球選手の糸井嘉男が2024年2月24日に、自身のYouTubeチャンネルを更新。愛車である「フェラーリ488スパイダー」を売却する様子を公開した。

    参考:【写真】「すごいなぁ!」高額落札された糸井嘉男の“愛車フェラーリ”

     今回の動画は「愛車買取オークションセルカ」とのタイアップ企画で、愛車「フェラーリ488スパイダー」をオークションに出すといった内容。動画ではオークションに出すために、査定に影響する箇所を順番に見ていった。外装の損傷に関しては、「ないです! 絶対ないです! そんなに乗ってないです!」と糸井なりのユーモアを交えて、返答。また、エクステリアのオプション関係に関しては、「フロントもカーボンに(変えている)っていうね。これはプラス査定ですよね」と査定員にやや圧力をかけながら、プラス査定の判断を仰いだ。

     状態も良く、高いオプションも付けている糸井の「フェラーリ488スパイダー」。気になる落札額は、3446万5030円。この価格には糸井自身も「いやー、興奮しますね」とコメント。最低売却額である3400万円をギリギリで超えたことに安堵した様子だった。

     コメント欄では、「フェラーリすごいなぁ!」「フェラーリはやっぱりカッコええなあ」といった声が寄せられた。

    (文=向原康太)

    動画サムネイルより


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【糸井嘉男氏、愛車フェラーリをオークションで売却 】の続きを読む

    okada

    オープン戦ではあまり良いところが出ていない阪神。岡田監督はどのように修正していくのか(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

     今月23日からスタートしたプロ野球オープン戦で、昨年のセ・リーグ覇者であり日本一の座にも輝いた阪神がここまで3連敗と、予想外の結果となっている。

     23日には、巨人との「伝統の一戦」で華々しくオープン戦初日を迎えたものの、4-9で黒星発進。翌日はヤクルトに0-1で完封負けを喫し、その次の日の中日戦でも1-4で敗れている。

    【動画】「勝てない王者」2024年2月25日【 阪神 vs 中日 】 佐藤義則の眼


     もちろん開幕前ということもあり、結果を重視する必要は無いものの、それぞれの内容を振り返っても昨年の王者の面影が見えづらい負け方にも映る。特に、打撃陣に至ってはヤクルト戦ではわずか1安打で敗れるなど、ファンにとってはやや不安を残すゲームが展開されている。

     また、3試合での打撃陣のパフォーマンスには、バッターそれぞれの打席における意識を問う声が、球界OBからも上がっている。

     現役時は阪急やオリックスで活躍し、指導者として阪神のコーチも務めた佐藤義則氏が、自身のYouTubeチャンネル『佐藤義則チャンネル』を2月25日に更新。オープン戦3連敗の阪神について、自身の見解を語っている。

    オープン戦と言っても、連敗となれば監督もあまりいい気分はしないと思う」

     3連敗についてそう語る佐藤氏は、ここまでの阪神の試合内容において、先発、救援陣のピッチングを振り返るとともに、打者については見逃し三振があることに対して苦言を呈している。3試合でいずれも見逃しでの三振が記録(計8個)されており、相手にリードを許し、ランナーを置いた場面でもスイングせずにアウトとなるシーンが目立った。


     佐藤氏は「バッティングコーチは絶対に『積極的に振っていけ。甘いボールは見逃すな』と言っているはず」と述べている。また、昨年は四球を選ぶ姿勢が攻撃陣の大きな特徴となったことにも触れながら、「今はそういう時期ではないので。やっぱりバットを振るということを優先させないと」と主張。

     さらに、「バッティングコーチにしてみれば、振らないで帰って来るのが一番ショックなこと。何のために使ってもらっているのかという感じになっちゃう」と論じており、状況に応じたバッティングが重要であるとして「ファウルで逃げるとか、自分で考えて、追い込まれたら右打ちを狙うとか、そういうことをしていかないと何も起きない」と言葉を続けた。

    「『今年の阪神は強いな』と相手に思わせないといけない。やっぱり点数が取れないと勝てないので。いくらピッチャーが抑えても」

     現在までの内容を踏まえ、佐藤氏はチームに対し、もどかしそうな表情でそう語っている。阪神の次戦は来月2日、沖縄から北海道へと移り、札幌ドーム日本ハムと2連戦を戦う。仕切り直しとなる試合で、阪神打線の奮起に期待したい。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    オープン戦3連敗で浮かんだ懸念材料 見逃し三振が目立つ阪神打線に球界OBが苦言「何のために使ってもらっているのか」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【オープン戦3連敗で浮かんだ岡田阪神の懸念材料 】の続きを読む

    rohasu

    KTウィズでの再起を誓っているロハスJr.。この元二冠王が不遇をかこった阪神での経験を振り返っている。(C)Getty Images

     かつて日本でプレーした助っ人スラッガーの赤裸々な告白だ。2021年から2年間、阪神に在籍し、今季からKBO韓国プロ野球リーグのKTウィズに在籍しているメル・ロハスJr.が日韓プロ野球の違いを明かした。

    【動画】打った瞬間の圧巻弾! 元阪神ロハスJr.の今の打撃を見る


     日本では苦しい時期を過ごした。20年にKBOリーグで、打率.349、47本塁打135打点、OPS1.097というハイアベレージを残してMVPに二冠王とMVPに輝いたロハスJr.。同年オフにNPB複数球団による争奪戦の末に阪神と契約。いわば「救世主」として大きな期待を背負っての鳴り物入りでの入団だった。

     しかし、コロナ禍による合流の遅れなどもあり、結果は鳴かず飛ばず……。在籍2年間で通算成績は、打率.220、17本塁打、48打点、OPS.697と低迷。韓国球界二冠王の実力を発揮できずに、契約満了による退団を余儀なくされた。

     今季から古巣KTウィズに4年ぶりに復帰したロハスJr.は、開幕に向け調整を続けるなかで、日韓両球界の違いを率直に語っている。韓国メディア『OSEN』の取材に応じた33歳は、「日本と韓国は異なるスタイルの野球をしている。だから簡単に良い悪いを言うことはできない」と前置きしたうえで、こう続けた。


    「打者として何かを話さなければならないとすれば、日本は韓国より球速が速い投手が多いんだ。制球力の良い投手ももっと多かったね。韓国の投手たちは、真っ向勝負が必要になるシチュエーションで、自信を持って勝負に臨む。だけど、日本の投手たちは、国際的にも有名で、どんなに優れた投手であっても、こっちがその前の打席でヒットを打っていたら、絶対にストライクは投げない。ボールゾーンに球を散らして真っ向勝負をしないんだ」

     以前に日刊紙『朝鮮日報』の取材で「2020年以降で僕は本当に色々な経験をした。それが成長するための礎になると思う」と自信を漲らせていたロハスJr.。日本で「ダメ助っ人」のレッテルを貼られてしまった感のある33歳は、愛着のある韓国で再起を遂げられるだろうか。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    「日本は真っ向勝負をしない」元阪神助っ人ロハスJr.が告白した日韓球界の違い「どんなに優れた投手でも」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【元阪神助っ人ロハスJr.が告白した日韓球界の違い】の続きを読む

    このページのトップヘ