#youtube

yamamoto

 史上最年長勝利(49歳25日)の投手記録を持つレジェンド、元中日ドラゴンズ山本昌氏。左腕に限れば世界最年長となる41歳でのノーヒットノーラン、また2008年には史上最年長での200勝を達成した。さらには2015年10月、日本プロ野球史上初となる50歳での登板も果たしており、「中年の星」と呼ばれた。

 そんな山本氏の実績と経験を振り返ったのが、野球解説者槙原寛己氏のYouTubeチャンネル〈ミスターパーフェクト槙原〉でのことだ。そこで2人のこんなやり取りがあった。

槙原「俺、人生もう1回やり直したい」

山本「僕、もう人生やり直したくないです」

槙原「もうヤダ?」

山本「こんないい人生を送れるワケがないです。だって、小(学校)中(学校)、補欠ですよ。中学3年生の時の担任の先生との進路指導の時、野球は中学で辞めます、って言ってるんですから。なのに最後の大会でエースがケガして僕が投げたら、チームが強かったんでそこそこ勝ち上がって、そうしたら高校から声がかかって、上(高校)でやれることになっただけで。エースがケガしてなかったら、中学で辞めてるんです」

 山本氏は1983年ドラフト5位で中日に入団。1軍初登板は1986年で、初勝利が1988年と歳月を費やしている。

 ところがそれ以降、最多勝3回、最優秀防御率1回、最多奪三振1回、1994年には沢村賞にも選出されるなど大活躍。中日の顔となった。

 運を味方につけるのも、実力者の要素だろう。

(所ひで/ユーチューブライター)

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)

画像提供依頼:現役引退後の山本昌氏 (2016-)の画像提供をお願いします。(2023年5月) 山本 (やまもと まさ、本名:山本 昌広(やまもと まさひろ)、1965年8月11日 - )は、東京都大田区生まれ、神奈川県茅ヶ崎市出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者・野球評論家・スポーツコメン…
144キロバイト (21,177 語) - 2024年2月18日 (日) 06:50



<このニュースへのネットの反応>

【元中日・山本昌氏が明かす「運がよすぎた野球生活」】の続きを読む

abe

阿部慎之助

プロ野球選手で野球解説者高木豊氏が、公式YouTubeチャンネル高木豊 Takagi Yutaka』にて、読売ジャイアンツ阿部慎之助監督の投手起用の方針をめぐる発言について、その“真意”を解説した。

 

■「2軍で無双していても…」

阿部監督は来季のチーム方針について聞かれた際、「2軍で無双していても、1軍では先発させません。まずは敗戦処理という順序があると思うので、そこで抑えてチャンスをつかんでもらいたい」と発言。

中央大学から今年のドラフト1位で入団した西舘勇陽投手についても、「最初は先ほど言ったルールに従って、2軍にいれば敗戦処理から行かせます。本当はいいところでという思いはあるんですけど」と語っていた。

 

関連記事:チバユウスケさんと甲本ヒロトの伝説の夜 マキシマムザ亮君が明かす「初めて言うけど…」

■「1軍のマウンドに慣れろ」

この発言について、高木氏は「(阿部監督は)競争してそのポジションを勝ち取ってほしい。(ポジションを)『お前のために空けておいたから、はいどうぞ』というのは嫌うんだろう」と言及。

その真意を、「先発がまだ足りているのに、良かったからって先発に回さないよ、と。良かったら中継ぎ、少し楽なところでしっかりした経験をして、ということなんじゃないの。だから、逆に取れば俺は愛情を感じる」と推し量る。

「いきなりプレッシャーがあるポジションで使うのではなくて、2軍から上げた選手はまずアイドリングから始めろと。敗戦処理という言葉を使っているかも分からないけど、少し楽な場面で1軍のマウンドに慣れろと。(主力の投手に対してではなく)これはルーキーとかそういうことに限りだよ」と解説。

 

関連記事:橋本マナミ、元交際相手男性の特殊性癖を告白 「行為になるときに…」

■長い目で見守る

さらに、「結構慎重にことを進めようとしている。選手に余計な負荷をかけないで、1軍でせっかく上がってきたんだから、ちょっと楽なポジションで投げてもらって、これはいけるなと思ったら先発に回すとか。そういう順序をしっかり守りたいということなんじゃないの」と語る。

いきなり先発起用をして、結果が出ずに再び2軍へ行かせるというよりも、「ある程度の期間を見てあげたい、というようなことなのかな」と理解を示した。


関連記事:博多大吉の“ひと言”で『ブギウギ』橘アオイ役・翼和希がテレビの前で大号泣 「なんてことを…」

■「誤解がないように」アドバイスも

改めて阿部監督について、「野球に関しては厳しいと思う」とし、「人は話し方で全然変わるからね。同じことを言っても。そこらへんの話術は磨いてほしいなとは思う。慎之助ってストレートだから、場合によっては『え? 何言ってんの』と思われることもある。その誤解がないように会話をしていってほしいなとは思う」とアドバイスも。

阿部監督が、これまでの経験を踏まえて「『こうしたほうがいい』というのを打ち出しているのかなという気はする。それが成功するかしないかは、これはやってみなきゃ分からないし、まだもうちょっと時間があるから見守っていきたいなと思う」と話していた。

 

関連記事:『ラヴィット』川島明、第3子出産のギャル曽根に掛けた“言葉”に称賛の嵐 「素敵すぎた」「最高の職場」

■ファンも「当たり前のこと」

高木氏の解説に、ファンも「いずれ先発の投手でも中継ぎを経験して、リリーフの気持ちを知るのは大事!」「阿部監督は当たり前のことを言っていると思います。自然な成長過程ですね」「ある程度の階段を上らせて育てるほうが選手もやりやすくなると思う」と納得。

また、「何にしても、原前監督とは違う、新しい野球観や方針を示してくれるということは、チーム内に新しい可能性を生み出す原動力にもなり得るから、阿部野球が楽しみではあるな」と期待の声も寄せられている。


■阿部監督の真意について解説

阿部慎之助監督の「まずは敗戦処理」発言 投手起用方針の真意を高木豊氏が解説「愛情を感じる」


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【巨人・阿部慎之助監督「まずは敗戦処理」発言の真意】の続きを読む

emoto

阿部慎之助

野球解説者江本孟紀氏が自身のYouTubeチャンネル読売ジャイアンツ阿部慎之助監督にエール。来季の阪神タイガースについては「連覇は厳しい」という見方を示した。

 

■江本氏が巨人の復権を要望

江本氏は2年連続Bクラス読売ジャイアンツに「巨人が復権しないとさ、日本の球界はダメだよ。妙にえこひいきをしているみたいに言うけど、柱は柱だから」と指摘する。

読売ジャイアンツ選手・コーチ篠塚和典氏も「だと思いますよね。やっぱり巨人・阪神、阪神・巨人。今、阪神は良くなっていますから、ジャイアンツはくっついていって、いつも2球団が争うというね、そういうデットヒートをやってくれると野球ファンは」と同調。

そして「ほかのチームファンもいますけど、全体的にはそのほうが活気が出ると思いますね」と語った。

 

関連記事:Googleアプリに大規模な不具合発生か? 「繰り返し停止」で使えないとの報告相次ぐ

■阪神の連覇は「厳しい」

さらに江本氏は「構図がないとダメよ。強いチームは強いチームじゃないといかんよ。メジャーだってそうだもんな。ヤンキースだとかさ、やっぱり強いよね。強くないと叩かれるしさ」と持論を展開。

そして「いずれにせよ、阿部にはそういう意味で期待をしてさ。来年は阪神と争ってほしいよ」と阿部監督にエールを送る。

続けて「阪神はね、今年優勝してワーっとおだてられまくるから、絶対スキが出るんだよ、来年。連覇は厳しいよ」と指摘。阪神OBでもある江本氏の予想に元ニッポン放送の松本秀夫アナウンサーが「おお、ここで早くも」と驚いた。

 

関連記事:仲里依紗、9歳差の妹を初顔出し「レベチで美人」「仲家の遺伝子が凄い…」「モデルさんみたい」

■巨人は優勝できないと…

江本氏は「ヤクルトなんかはさ、おだてられないじゃない、優勝しても。『ああ、そう優勝したの』みたいな感じで終わっちゃってるから、連覇をしたのよ」と解説。毒舌にテロップで「そういう見方もありますか」という断りが入る。

さらに「ほかのチームと違って巨人は優勝できなければね、風当たりが強いしさ」とコメントしていた。

 

関連記事:小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

■黄金時代到来の声もある阪神

阪神と巨人が所属するセントラル・リーグはここ数年「連覇」を達成するチームが多くなっている。

2016~18までは緒方孝市監督率いる広島東洋カープが3連覇を達成。19~20年は原辰徳監督の読売ジャイアンツが、21~22年は東京ヤクルトスワローズが連覇した。また、パシフィック・リーグオリックス・バファローズが3連覇をしている状況だ。

一部解説者からは「黄金時代が来た」という声も出ている阪神。江本氏は「おだてられる」ことを理由に「連覇は厳しい」と感じているようだ。


関連記事:佐々木希いよいよ離婚か…“無職”の夫・渡部建を公開批判!?

■江本氏が阿部監督にエール

阿部慎之助監督に江本孟紀氏が優勝を期待 「阪神の連覇は厳しい」と独自見解も


(出典 news.nicovideo.jp)

江本 孟紀(えもと たけのり、1947年7月22日 - )は、高知県香美郡土佐山田町(現:香美市)出身、高知県高知市育ちの元プロ野球選手(投手)、元政治家、野球解説者、タレント、俳優、実業家、YouTuber。 愛称は「エモやん」。株式会社江本エンタープライズ代表取締役、政治団体「エモヤンサポーター…
97キロバイト (13,994 語) - 2023年11月29日 (水) 04:16



<このニュースへのネットの反応>

【江本孟紀氏「阪神の連覇は厳しい」と独自見解】の続きを読む

matui

プロ野球選手で野球解説者仁志敏久氏が19日、YouTubeチャンネルデーブ大久保チャンネル』で公開された動画「第八話 『あれだけ天才が集まることはもうない』」に出演。松井秀喜氏が見せた涙について語った。

18日に同チャンネルで公開された動画「第七話 仁志敏久が明かす『松井秀喜』と『長嶋茂雄』の関係」にて、“デーブ大久保”こと大久保博元氏とともに、松井氏についてトークした仁志氏。「練習が終わってから食事の時間くらいの時って、松井と長嶋(茂雄)さんの2人だけの時間があるんですよ」と切り出し、「トレーナー室の隣(の部屋)でミーティングをやってたんですけど、そこを閉め切って。鍵は閉めてないと思うんですけど、松井が素振りをして、それを長嶋さんが見る。それを毎日、毎試合やってました」と振り返った。

さらに、19日に公開された「第八話」の動画で、仁志氏が「あの松井が、長嶋さんが監督を辞められる時に、最後の素振りが終わった時に泣いてました」と告白すると、大久保氏も「ずーっとやってたからね、(話を)聞くと。寮生の頃も毎日、中畑(清)さんと監督の家に行って」「素振りは毎日やったらしいよ」と証言。そして、「それがあの部屋だったんだ? 球場で?」と聞くと、仁志氏は「そうですそうです。でも、僕らは見たことないです。どういうふうにやってるのかも知らない」と回答。大久保氏は「初めて聞いた」と驚いている様子だった。

【編集部MEMO
デーブ大久保チャンネル』は、西武の一軍打撃コーチ、楽天の監督、巨人の一軍打撃チーフコーチなどを務めた、元プロ野球選手の“デーブ大久保”こと大久保博元氏によるYouTubeチャンネル清原和博氏や愛甲猛氏、広澤克実氏、槙原寛己氏をはじめとするレジェンド選手をゲストに迎えた動画が人気を博しているほか、野球界のニュースや自身の近況についてもトーク。巨人のコーチを退任する際には、原辰徳前監督からの招聘秘話、コーチ就任時の率直な心境を涙ながらに語った動画が注目を集めた(※動画「【報告】巨人軍を退団して、居酒屋の親父に戻ります。」にて)。

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

松井 秀喜(まつい ひでき、1974年6月12日 - )は、石川県能美郡根上町(現:能美市)出身の元プロ野球選手(外野手、右投左打)。 現役引退後はMLBのニューヨーク・ヤンキースでGM特別アドバイザーを務める。愛称は「GODZILLA」または「ゴジラ松井」。…
319キロバイト (45,541 語) - 2023年11月20日 (月) 09:43



<このニュースへのネットの反応>

【松井秀喜、長嶋茂雄との“最後の素振り”で涙 】の続きを読む

miseri

プロ野球選手で野球解説者上原浩治氏が17日、YouTubeチャンネル上原浩治の雑談魂』で公開された動画「【爆笑】11年で6回最下位…たけし軍団より弱いとヤジられ…阪神・桧山進次郎さんが今だから語れる地獄のダメ虎暗黒時代【新庄さんの凄さと知られざる私生活…清原さんとの慰め合い】【(3)/5】」に出演。元巨人のダン・ミセリ氏について語った。

チャンネルでは今回、桧山進次郎氏をゲストに迎えたトーク企画を実施。マイク・グリーンウェル氏について話す中、上原氏が「(グリーンウェルは)1カ月おったやろ? 俺が知ってるジャイアンツの選手、(開幕から)2週間ぐらいで帰ったで」「浅草観光して帰った」とポツリ。桧山氏が「誰?」と尋ねると、上原氏は「ミセリっていう選手。クローザーで、ジャイアンツもまあまあの額で獲った」と、開幕から1カ月も経たない4月に球団史上最速で解雇となったミセリ氏のことだと明かしたのち、「僕の開幕、黒田(博樹)さんとの投げ合いを潰してくれました」と振り返る。

桧山氏が「あ、勝ってて渡したら……?」と聞くと、上原氏は「はい。2対1で9回渡したら、いきなりホームランを打たれて同点になって、その後ホームラン打たれて逆転されて負けました」と回想。さらに、「『リトルリーグみたいな球場でやってられるか』って言って。浅草観光して『俺はミセリじゃねえ!』って言って帰ってました」「『なんなん?』って感じです」とこぼした。

また、桧山氏が「やっぱり、外国人選手からしたら日本の野球は……」と話すと、「ナメられてる時です」と続ける上原氏。そして、「(今は)日本野球をナメてくる人はいないですね、もう」とも語っていた。

【編集部MEMO
メジャーリーガーの上原浩治氏が、アシスタントの上田まりえとともに、さまざまなゲストと“雑談”を繰り広げるYouTubeチャンネル上原浩治の雑談魂』。チャンネル登録者数は74万人を超え、プロ野球OBが出演するYouTubeチャンネルの中でも屈指の人気を誇る。これまで、松井秀喜氏、高橋由伸氏、藤川球児氏、宮本慎也氏など数々のレジェンドOBがゲストとして登場。松井氏がゲスト出演した動画内では、チャンネル登録者数100万人到達の記念企画として、2002年の巨人メンバーたちによる座談会東京ドームで開くことが計画された。

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

上原 浩治(うえはら こうじ、1975年4月3日 - )は、大阪府寝屋川市出身の元プロ野球選手(投手、右投右打)。現在は野球解説者、野球評論家、タレント、YouTuberとして活動している。 元メジャーリーガーで、2013年にはMLBで日本人初のリーグチャンピオンシップおよびワールドシリーズ胴上げ…
143キロバイト (19,216 語) - 2023年11月11日 (土) 10:29



<このニュースへのネットの反応>

【上原浩治氏、巨人を“球団史上最速”で解雇になったミセリを語る】の続きを読む

このページのトップヘ